2017年12月17日 (日)

「光」:意図した不快感

360290_003
映画『光』は、大森立嗣監督のパワフルな剛球。こんな時代に、ここまで口当たりの悪い映画を作るとは、肝が据わっております。まあ、大森監督がそういうのを作るのは、第1作の『ゲルマニウムの夜』から一貫しているということもできるんですけどね。昭和の映画の匂いが、いつも漂っているのです。

360290_005

それにしても今年は河瀨直美監督の『光』も公開されたでしょ。同年に二人の一流監督が同規模で同タイトルの映画を撮るってのは、珍しいことですよね。まあ、小生は正直言って河瀨作品の方が好きであります。こちらの作品は、劇薬に近いものがありまして、例えば『青春の殺人者』(長谷川和彦監督)みたいたなテイストなんですよねー。

360290_002ジェフ・ミルズによるノイジーなテクノを使用した音楽も、相当に面妖。それを森の風景にかぶせたりして、不快感をあおります。 もちろん役者たちもみな異様な演技をしていて(特に瑛太とか平田満とか・・・)、これまた不快感をどんどん上塗りしていきます。それはロケ地の選択から平田満のお尻へのズームインからぞっとする撲殺音まで、すべてにわたって意図された不快感なのでしょう。

360290_004

何事もソフト&マイルドなこの時代に、あえて確信犯的に不快感をぶちまけたこのような映画を作った大森監督を称賛する人もいるだろうとは思います。でもちょっと乱調過ぎるというか、映画が破綻していると思えてならないのです。まあ、むしろそこを狙ったのかも知れませんが、だとしたら大江戸はそういうのが好きではないってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年12月16日 (土)

「希望のかなた」:カウリスマキの描く難民

361573_006
映画『希望のかなた』は、まごう方なきアキ・カウリスマキ映画。社会の片隅の不遇な人々を、ユーモアで慈しみながら淡々と描写していきます。人情味たっぷりながら、社会へのメッセージをしっかりと打ち出しています。

今回もやはり色調がいいですね。寒色フィルターを通して、暖色系を描いたような独自のトーン。ちょっと画家ミヒャエル・ゾーヴァ作品のトーンにも似ています。

361573_001
サイレント映画を思わせる静けさと、オフビートな笑いはいつも通り。まあ一番笑えたのは、レストランをスシ屋に業態変更する素っ頓狂なエピソード。珍妙な日本趣味と、惨憺たるスシもどき(メガ盛りのワサビ)! 作品全体のバランスを崩してまでもあんな場面を入れちゃうところが、カウリスマキなんですよねえ。そういえば、カウリスマキは親交のあるクレイジーケンバンドのギタリスト小野瀬雅生(のっさん)に『もっとワサビ』という名の曲を作らせて、それを『過去のない男』で使っている人ですから。

361573_004

この『希望のかなた』にもミュージシャンの演奏シーンがあるのですが、いつかのっさんにもカウリスマキ映画内で演奏を見せてもらいたいものです。それにしても、このスシ・レストランの店員の衣装やら何やら、大昔の「国辱映画」かよって感じですが、日本通のカウリスマキですから、きっとわざとやってるんでしょうねえ。

361573_002

(以降ネタバレあり) 希望があるんだかないんだか、なかなかに辛口のラストを迎えるのですが、なぜハッピーエンドじゃないのかといえば、そこにカウリスマキの難民問題への怒りがあるからなのでしょう。

それにしても、出て来るフィンランド人がみんな武骨でダイハードな面構えですね。全てのフィンランド人がそうだってことはないのでしょうけれど、ついそうだと誤解してしまいそうになるのです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

E-1男女とも優勝できずの落胆

サッカーE-1選手権は男女とも最終戦で敗れ、準優勝というか「優勝できなかった」という結果に。久々の日本開催だったのに、チャンスを逃したわけです。

高倉麻子監督のもと新チーム建設途上の女子は、北朝鮮に0-2の敗戦。とにかく攻撃が機能せず、ほとんど歯が立たない印象でした。パスがつながらずに、寸断させてしまう。まあ北朝鮮も人数欠けてしっかり守っているから(人数かけずに攻められるチームなので)、なかなかこじ開けられるものではありません。 今大会はごひいきの宇津木選手がキャプテンマークを巻いて奮戦しておりましたが、なかなかメンバー間の連携がうまくいかず、歯がゆそうでした。

男子は先発の内8名が、火曜の第2戦と同じメンバー。その疲れもあったのか、動きがよくありませんでした。伊東純也の突破からPKを奪い、小林悠が決めて前半3分に先制した時には、楽勝ムードさえ感じられたのですが・・・。 なぜだかみんながプレスや走ることを怠っているように見えました(除・小林悠)。ボールを奪う時に、複数名で連動して囲まずにいるし、苦しい時にサポートしてくれる選手がいない、動いてボールをもらう選手がいない・・・これでは日本的サッカーが機能するわけはありませんよね。更に言えば、相手にとって「危険なプレイ」をする選手が誰もいなかったのです。 それにしても、日韓戦での4失点は38年ぶりだとか。まあ、「国内組」の質は韓国の方が高かったということでしょう。韓国の選手たち、やはりシュートがうまく力強かったですよ。 北朝鮮戦でぐっと株を上げたGK中村航輔ですが、今日は(良いセーブもありましたが)辛い試合になりました。

男子の決勝は行ってみようかなあと思いつつ、寒いのが苦手なので行かなかったのですが、正解でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月14日 (木)

「ジャスティス・リーグ」:鷹の爪映画の方が断然面白い!

361068_006
映画『ジャスティス・リーグ』は、まさにDCコミック版アベンジャーズなので、期待は大きかったのですが、その割にしょぼかった印象。まあ娯楽なんだから楽しまなきゃと思っても、ほとんど楽しめないような、物語などあっても無きに等しいような作品。破壊に次ぐ破壊、爆破に次ぐ爆破、バトルに次ぐバトルといった趣きの、アクションとVFXが延々と続く作品。単調なアクションやドンパチの連続って、眠くなっちゃうものなんですねえ。

361068_001
この作品と較べたら、『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の方が、何十倍も面白くてよく出来てました。この作品のDVDやブルーレイが出る時に、あの作品もオマケでつけちゃえばいいのに。全世界で。

361068_004

あの作品の影響で、大江戸などはアクアマンを見るたびに「ああ、サバオだ」としか思えませんでした。水中を泳ぐシーンなんて、まさにサバオと呼ぶにふさわしい動きでした。

361068_008
しかもサバオってだけに止まらず、鉾(ほこ)を持った姿などは「あ、キングベルⅠ世(湘南ベルマーレのマスコット・キャラ)だ」でした。確かに二人とも「海の王様(キングベルの場合は、神様でもあります)」ですし、ヒゲも生えてますし。きっとアクアマンが年取ると、キングベルみたいになるのでしょう。そうに決まってます。

Kingbellあとワンダーウーマンがちょっと「お母さん感」出してる場面があっって、そこも鷹の爪映画を思い出させてくれちゃいました。笑えました(観た人にはわかる!)。

でも結局一番の収穫は、フラッシュくんのコメディリリーフ的な軽さでした。重くなりがちな作品の救いとなっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

「探偵はBARにいる3」:北川景子が良いですよ

360838_001
映画『探偵はBARにいる3』は、これまでのシリーズ最高作かもと思います。大泉洋、松田龍平の名コンビはそのままに、ヒロインの北川景子が良いのです。やはり小雪よりも、尾野真千子よりもいい女と言えるでしょうし、代表作が無かった彼女の代表作になりました。

360838_009

一方で前田敦子は、しっかりと「小物感」を漂わせて、現在の彼女の柄に合った役柄、合った芝居です。なんだかしょーもない感じで溢れています。面白い領域を制覇しつつあると言えるのかも知れません。

360838_002

北川さんの方は、クール・ビューティーっぽい柄に当てはめた役かと思いきや、結構人情噺に寄っていくのですが、そこが良いのです。終盤の芝居の良さはには、ちょっと泣かされます。愚かさと哀しさがぐっと迫り、これまでの彼女の演技の限界を超えるものだと思いました。

リリー・フランキーの悪役がこれまた良いのですが、彼がこれぐらいできるってのは、もはや当たり前になっちゃいましたね。

360838_006

当世珍しいウェルメイドのシリーズな仕上がりだからなんですよねー。東映セントラルフィルムの流れを汲むかのようなこのシリーズ、更に続いてほしいですし、続くことは確実でしょう。

_20171213_232711

ところで今年もTOHOシネマズのシネマイレージカードで6,000マイルで獲得できる「1ヵ月フリーパス」をゲットしました。年末・年始、しっかり活用したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2017年12月12日 (火)

E-1、日本が中国を破り連勝

サッカーE-1選手権、日本の2戦目はvs.中国。リッピが中国の監督やってるなんて、失礼ながらオーバー・スペックというか、チャイナマネーおそるべしです。

ハードな日程ってこともあり、先発メンバーは初戦から7人も入れ替わりました。おまけに、代表初先発が4人(三浦弦太、山本修斗、植田直通、土居聖真)と、ますますもってここまでフレッシュな(スターのいない)A代表は見たことが無いってメンバー。普段Jリーグを観ている人でないと、「誰?!」ってな11人になりました。

で、試合の方は84分まで0-0だったのに、終わってみれば2-1で日本勝利という展開。川又の粘りから小林悠が1点目をねじ込んだ時は、「ようやく」入ったかぁ!って感じでした。まさに堅い扉をこじ開けた感じ。そしたら88分に、昌子がまさかのロングシュート! センターサークル出たあたりからなので、40m以上あったと思います。あれはなかなか見たことのない代物です。笑っちゃうほどお見事。 最後にPKを与えちゃった山本修斗の守備はいただけないなあ。不用意過ぎます。

大島僚太はなかなか良かったのに、ハムストリングスをやっちまった感じで交代。これは悔しいでしょう。 伊東純也は初戦同様、縦への速さを見せて魅力的でしたが、今日は不完全燃焼でした。 一方、途中出場の川又堅碁は初戦に次いでちゃんと「仕事をした」印象。植田直通が右サイドバックで結構攻撃の良さを生かしていたのも、新たな可能性でした。

こうなると現時点首位の日本が優勝を争う土曜の韓国戦は、ちょっと味スタに行ってみたくなっちゃいますねえ。でも、この寒さではパスだろうなあ。それぐらい寒い中の観戦って、きついんすよ。日本で夏開幕で冬にみっちり試合するリーグ戦なんて、とんでもないのです。吹きさらしのスタジアムで観戦してない人の発想です! それよりもダゾーン・マネーで、スタジアムの冷暖房を整えてもらいない物でしょうかねえ(それ以前に、BMWスタジアムの改装費用を・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

「エンドレス・ポエトリー」:詩人の血は紫

360034_014
映画『エンドレス・ポエトリー』は、あのアレハンドル・ホドロフスキー監督による自伝的作品であり、前作『リアリティのダンス』の続編です。相変わらずというか、ますますパワフルかつ唯美主義的に「詩人の人生」をたどっていきます。撮影監督がクリストファー・ドイルに代わったということもあり、ますますもって魅惑の色彩で迫ります。特にあの紫はいったい何なんでしょう? かつて映画でめにしたことのないような紫がヴィヴィッドに輝いています。

360034_005

本当にこの作品の映像と色彩は美しく見事です。あの紫、あの赤、あの死者(ガイコツ)のパレード、こんなファンタジー・ワールドの映像を見せられたら、どうしたってフェリーニや寺山修司を思い出すってもんです。異形の者や道化師(サーカス)への愛着と芸術家への深い共感が共通していますから。そして自由過ぎる「詩人の血」が、作品のどこを切っても流れているのです。

360034_002
これで88歳(!)って言うんだから、まったくどうなっちゃてるんでしょうね、このホドロフスキーって人は! 若いです。枯れません。 人生のオブセッションの数々を、芸術の中で昇華させているのですね。まさに理想的な創作者です。今、こういうイメージを見せてくれる映像作家って、なかなかいませんもん。

 

360034_008

ホドロフスキーには5人の息子がいて、本作の父親役を長男が、そしてホドロフスキー役を5男が演じているんだそうです。そこらへん、もはや家族愛なんだか倒錯なんだかよくわかりません。でも「最強の88歳」ってことは確かでしょう。 この調子だと、マノエル・ド・オリヴェイラ監督(享年106)の最長不倒記録を破る最右翼かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年12月10日 (日)

「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした

361614_007
映画『パーティで女の子に話しかけるには』は、タイトルからも予告編からも想像できないような、いや、想像を絶する珍妙奇天烈なる作品でした。終映後に隣席のカップル男性が「いやー、ごめん。思ったのと全然違ってた。」と彼女に謝っていましたが、これをデート・ムービーに選んじゃうと、普通のカップルはそういうことになります。変なカップルは、ハマるかも知れませんけど。 この邦題じゃ勘違いするよねー、と思いつつ、原題(How to Talk to Girls at Parties)でも同じなんですけどね。

361614_002

さすがに『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督なだけに、この作品もまた最初っから「カルト」の様相を呈しております。ライブハウスでのパンク・ライヴ場面は、かなり良い出来ですし、彼と彼女(エル・ファニング)がラブラブにあっちこっち行く場面は、みずみずしく輝いてました。

361614_005
だけど、話はどんどん予想もしなかった異常な方向に進んでいきます。途中から「あ、こういう話だったのね。」と気づいた時にはもう遅いって寸法です。 (以降ネタバレあり) 宇宙人たちのヘンテコさには、かなり笑わせてもらいました。ま、それも'70-80年代のパフォーミング・アートのようでもありますけどね。

361614_009

本年絶好調のエル・ファニングは、この作品でも一応魅力を発揮しておりますが、『ネオン・デーモン』『夜に生きる』『20センチュリー・ウーマン』に較べると、こっちに迫る凄さが今一つでした。 パンク女王的なニコール・キッドマンも、えれー若い!けど、あまり迫っては来ませんでした。まあ、この監督が女子にはさほど興味ないからかも知れませんが・・・。

ラストはちょっと良かったですよ。なんだか不思議な感銘を少しばかり与えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美

360709_002
映画『オリエント急行殺人事件』は、1974年のシドニー・ルメット監督作を43年ぶりにリメイク。風格を失わずに、映画のコクをしっかり打ち出したのはご立派。さすがはケネス・ブラナー監督ですね。彼自身が演じたポワロも、堂々とサマになっておりました。

ルメット版は127分あったのに、今回は114分ってことで、ちょっと駆け足な印象。ポワロが乗客たちに聞き込みをするあたりが、かなり省かれた印象です。というわけで、あまり謎解きには重きを置いていない作りとなっておりました。

360709_004

まあ、この「意外な犯人」のトリックがかなり世の中にネタバレしちゃっているわけなので、謎解きよりも「語り口」となるのも、むべなるかななのですが・・・。そんなわけでこの映画、特に終盤は上質な「人情噺」のようでありました。これ、落語にできるだろうなあと思っちゃいました(志らくさんがもうやってたりするのかしらん?)。

360709_003
1930年代を再現した美術がいいですよ。オリエント急行の内装とか。もちろん衣装も。ポワロのステッキや(寝る時の)ひげカバー(?)一つとってもさすがです。ここらへんはハリウッドの力を見せつけておりますね。 そしてイスタンブールの景色、雪山の景色など、風光明媚な映像も、素晴らしく高いクォリティでスケールの大きな美を見せてくれました。

序盤のポワロがオリエント急行に乗り込んだ時の、外から電車の窓を通して見せていく長い長い横移動の映画的素晴らしさ! そして終盤のポワロを、今度は社内の縦移動で追っていくキャメラ! この二つの見事な移動撮影の間で展開する物語を生き生きと動かしてくれるのも、もちろんポワロなのです。まるでケネス・ブラナーが自らのプロモーションビデオを撮っているかのようで・・・。

360709_001

ミシェル・ファイファーも、ペネロペ・クルスも、皆さん等しく年を取って行かれますねえ。一応オールスター・キャストではありますが、ルメット版に較べると小粒感は否めません。でもまあ、謎解きタイムの「最後の晩餐」的ショットで勢揃いしたりすると、やはり壮観です。

(以降少々ネタバレあり) びっくりしたのは、雪崩場面があったり、汽車が橋の上で(斜めに)立ち往生したり、ポワロがアクションを繰り広げたり、銃撃場面があったりしたこと。言葉だらけの密室劇にならないようにとの配慮なのでしょうが、この当世風変更はいかがなものでしょうかねえ。これらの部分には違和感が残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年12月 9日 (土)

E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進!

東アジア地区の王者を決めるサッカーE-1選手権が開幕、日本はまずは北朝鮮との対戦。めっちゃ寒そうな味の素スタジアムでの一戦をTVで観ました。今回は海外選手を招集できないので、国内組の戦い(おまけに浦和の選手は、クラブワールドカップ出場のため不在)。W杯メンバーに食い込むためのチャレンジです。

中村航輔、室屋成、伊東純也(途中出場)、阿部浩之(途中出場)とA代表デビューが4人。更には谷口彰吾、車屋紳太郎、高萩洋次郎、小林悠・・・と実にフレッシュな顔ぶれ。悪く言えば、とてもA代表とは思えぬ顔ぶれです。キャプテンマークは昌子源。

なので、やはりもたつきました。連係は悪く、技術的にも見劣りします。北朝鮮が引いて守っているので、ボールキープはめっちゃできているのですが、有効な攻め手を打ち出せずに、ボールを奪われている感じ。まあ北朝鮮も大したことなかったのと、カウンターに鋭さを欠いていたので助かりましたが、でも今日のMVPはGK中村航輔(柏)だっていうのが、衆目の一致するところではないでしょうか。いやー、よく防ぎました。決定機を3回ぐらい弾き出しました。そもそも中村に関しては、ハリル監督がなかなか使ってくれないことを遺憾に思っていたのです。川島よりも、東口よりも、いいと思うんですよねー。体も大きいし反応が速いし、押される展開のW杯では生きるはずなのです。

90分を過ぎ、アディショナルタイムもほとんど最後の劇的決勝弾が美しかったです。川又のクロスから今野の落とし、そして井手口のミドルシュート!! やはり井手口、やってくれました。

それはそうと、伊東純也(柏)良かったですね。とにかく速いし、DFをぶっちぎれるし、素晴らしい素質の片鱗を見せてくれました。要注目です。

初戦勝利で、優勝に大きく近づいたと言える日本。新戦力のテスト、選考を行いながら、東アジアNO.1という結果もちゃんと得てもらいたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«辛くないおつまみスナック