2016年12月 3日 (土)

永木の鹿島が浦和を下して優勝

 Jリーグ・チャンピオンシップの結果、年間勝ち点3位だった鹿島アントラーズが、浦和レッドダイアモンズを破って、優勝の栄冠に輝きました。1勝1敗で、総得点総失点も同じ。大会レギュレーションのアウェイゴール数の差で鹿島が勝者となるというギリギリの攻防でした。 勝ち点2位の川崎と3位鹿島の一発勝負の準決勝、そして浦和と鹿島のホーム&アウェイの決勝、これら3試合をTVで見ましたが、いやーサッカーって残酷でもあり素晴らしくもありですね(中村憲剛にタイトルを獲らせてあげたかったなあ)。

 特に浦和と鹿島の決勝は、新聞やネットでも書かれていたように、遠藤航と永木亮太という昨年までベルマーレの主力だった二人が移籍一年目で対決する大舞台ってことで、小生の興味の中心もそこでした。ここは現在日本代表の亮太くんに軍配が上がりましたね。(川崎との対戦も含め)本当に見事な働きで、地味なプレイなんだけどことごとく効いていました。ボール奪取能力の高さ、対人の強さ、ピンチのつぶし方が、ほぼ日本一って感じでした。今日のNHKの放送でも、ハーフタイムにハリルホジッチ監督が印象に残った選手を問われて、「永木はデュエルにすべてノーファウルで勝っている」と言ってましたが、確かにその通り。これは技術の高さを示すものでもあります(ただ後半にはイエローをもらっちゃいました。それとて、負けてはいけない局面をつぶしたからなのですが)。柏木にもほとんど仕事させませんでしたし。湘南時代よりも、更に成長しているのかも知れません。表MVPが金崎なら、裏MVPは永木でしょう。

 それにしても第1戦でアウェイゴールを奪われての0-1敗戦ってことで、かなり不利だったアントラーズですが、結局こうなってしまうとは・・・まあ、それがアントラーズっていうチームなんだよなあとしか言いようがありません。 石井監督がインタビューで「年間順位はどうあれ、このチャンピオンシップを獲った者がチャンピオン」と強調していましたが、そりゃそうですよね。(その是非はどうあれ)みんな、そのレギュレーションで戦ったわけですから。まあ、来年からはチャンピオンシップがなくなるので、スッキリしますけど。

 表彰式で小笠原が掲げる優勝シャーレの後ろで飛び跳ねながら大喜びしている永木を見て、「まあ、これなら湘南を出た意味があったよね。いまだに残念だけど、おめでとう亮太!」と思いました。そして(キャプテンとして)37歳の小笠原の後を継げるのはやっぱり永木なんだろうなあとも思ったのでありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

ポテチ・えびせん・ハッピーターン

1480686353524
恒例のポテチその他のご報告。

まず最初はカルビーの『かっぱえびせん めんたいマヨ味』です。あの明太子の「かねふく」さんとのコラボ商品。めんたいのピリ辛味とマヨネーズの軽い酸味が、なかなかにうまいのです。やめられないとまらないのです。

1480686354394

で、同じカルビーのポテトチップスに目を転じますと、こいつはなかなかいいです。『ポテトチップス 海苔たらこ味』。パッケージ裏に書いてあるのですが、公募された93,000案の中から選ばれた味なんだっそうです。その割には普通ですよね。海苔とたらことごま油、まあ想像通りの感じで、普通においしいです。

1480686357115
海苔つながりで、こちらはコイケヤの『ポテトチップス のり醤油』。「のり塩」は昔からずっと定番ですけど、こちらは醤油を合わせたところがミソですね←醤油かミソかはっきりしろ! まあ醤油と海苔は否定する者のいない相性の良ですから、問題なくうまいです。ただやっぱり「のり塩」の方がうまいかも・・・ってところ。

1480687484473_2

で、しょうゆつながりで亀田製菓『ハッピーターン しょうゆマヨ味』です。庄野真代じゃなくて、しょうゆマヨです。 これもまあ想像通りの味。これはこれでいい(スタンダードなハッピーターンも、それはそれでいい)って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

冬のビールとその仲間

1480599005224_2

この時期になるとぞろぞろ出て来る冬の限定ビールや発泡酒等。飲んでみたのをご紹介します。

まずはキリンの限定醸造『冬のどごし 華やぐコク』。華やいだ缶デザインですね。冬の限定品ってアルコール高めの6%が多いのですが、これもそう。「華やぐ」とか「コク」とか言われれば、確かにそうですねって味わい。これ、いわゆる「第3のビール」とか「新ジャンル」とかいうやつですけど、以前に較べると進歩しましたよね。ちゃんとおいしいですもん。

1480598968415_2
同じ赤系の缶で、こちらはサッポロの限定製品『麦とホップ 赤』。「フェストスタイル」と書いてありますが、ドイツのビール祭りで出される赤いビールをイメージしているようです。

1480598965099_2

確かに赤っぽいんですけど、そんなに極端ではありません。ハーフ&ハーフほど濃い色合いではありませんし、あまりクセがなくていわゆる「飲みやすい」感じ。これも新ジャンルですけど、本元の『麦とホップ』同様、かなりいい線いってます。

1480598967562

続いてアサヒの限定醸造『クリアアサヒ 吟醸』。大麦1.5倍・長期熟成製法ってことで、いやー、これは確かにうまいです。ある意味『クリアアサヒ』(発泡酒)の分際で・・・ってところです。材料の良さと、造りの良さが感じられちゃうんです。「上質なコクと華やかな香り」というキャッチフレーズも、なるほどなのです。これには参ったなあ。

1480598966001_5

同じくシリーズの『クリアアサヒ 初摘みの贅沢』。すみません。なぜか画像が横にしかなりません。 こちらは山形県産ホップ使用ってことで、なんだかさわやかな感じがします。こちらもちゃんとした味で、おいしいのです。 酒税改定を前に、ビール系飲料全体が底上げされている気がします。

1480599017270

でも最後ぐらいはちゃんとしたビールを。キリンの限定醸造『一番搾り とれたてホップ生ビール』です。岩手県遠野産の今夏収穫したばかりのホップ使用なんだそうです。普通の『一番搾り』はもったりしてコクがあるのが持ち味ですが、こちらはみずみずしくも華やかです。フルーティーな農作物感と言っていいかも知れません。 なかなか結構でございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

榮太樓×獺祭のかりんとう

1480514624786榮太樓總本鋪と獺祭(旭酒造)とのコラボ商品、『酒粕かりんとう 純米大吟醸獺祭酒粕使用』です。260円+税です。

うーん、何かいわくありげ。確かに「国産酒粕 山田錦100%使用」と書いてあります。食べると、ほのかに酒粕感、日本酒感がありますね。「すっきりとしながらも華やか」なのが獺祭の特徴なのだそうで、言われてみればそんな香りではありました。

いちおうアルコール分1%なのだそうで、「お酒に弱い方は気をつけてください」という注意書きもありました。でもまあ、それ以外は普通の細めの蜜かりんとうでしたけどね。

本当に獺祭の快進撃は留まることを知らぬ勢いですが、こういうコラボも攻めの姿勢と人気の現れなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

セブンイレブンのドーナツ近況

1480425209452
以前にも何度か紹介したセブンイレブンのドーナツ。ここ数か月のものをまたご覧いただきます。

まずは『ポムドーナツ マロン&ホイップ』。

1480425222575

ドーナツはもっちもちの生地で、中にマロンクリームとホイップクリームが入っています。思った以上においしかったですよ。やはりセブンのドーナツ、登場当初に較べて、どんどんレベルが上がっています。

1480425121172
次は(季節はずれ感たっぷりに)ハロウィンの頃に売っていた『ポムドーナツ 北海道えびすかぼちゃ』。

1480425100019

半分がオレンジ色にコーティングされていて、中にはオレンジ色のかぼちゃクリームとホイップクリーム。結局上のマロンをかぼちゃに変えたって感じですね。良くも悪くもあんまりかぼちゃ感は強くなくて、まあまあのお味でしょうか。

1480425069812

続いては『ポムドーナツ カフェモカ』。やっぱり好きです、このもっちり感。そして香ばしい大人の香り、カフェモカ。間違いのないおいしさです。

1480425057735

そしてこちらは、ちょっと見慣れないタイプ。新機軸の揚げない「焼きドーナツ」。その名も『ベイクドリング』です。これは見た目以上のおいしさ! 幸せなタマゴ感がある上に、上質なハチミツ味が最高です。

1480425046401

そして最後に異色の新製品『あげぽよ』。いやー、あげぽよですよ、あ・げ・ぽ・よ。あーげーぽーよ~。小ぶりなんです(その分カロリーも低め=140kcal)。でもお値段はそんなには安くなく、税込100円。中身のチョコクリームが甘過ぎず、結構なお味でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

「疾風ロンド」:なぜ今こんなコメディーを?

356755_006
映画『疾風ロンド』ですが、うーん、なぜ今の時代にこんなプログラム・ピクチャー的なのんびり企画? 2時間ドラマがせいぜいですよね、これ。しかも日本ではこの手のコメディーは難しいのに、見事なまでにハマっちゃってます。ヒット連発で無敵の東宝、チャレンジングな企画でまず質を向上させて興行も健闘し始めた松竹に較べると、東映の病は深いですねえ。

356755_002

設定とかはありがちで(犯人がすぐ死亡という変化はつけていますが)、ディテールは穴だらけ、ツッコミ所だらけの無理矢理な話。その上、監督が『サラリーマンNEO』(あの映画版もつまらなかったなあ)や『あまちゃん』の人って・・・適材適所には程遠いんじゃないでしょうか?

356755_004

この春には『エヴェレスト 神々の山嶺』で凍っていた阿部寛が、今回はゲレンデで転びまくっています(映画もスベっています)。今や高倉健に代わって、「日本一雪山の似合う男」なのかも知れません。本作のスキーウェアはダサダサですけど。

大島優子と大倉忠義は、明らかに精彩を欠いておりました。

それにしても柄本明さんにあんな学芸会的なオーバー・アクトをさせたのは誰? なぜ?356755_003

GoProを使ったクライマックスの雪上チェイス・シーン(スキー対スノボ)の迫力のみが評価できる点でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

PPAP

1480333023429ドライフルーツのパイナップルですけど、何か?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

wearer、渋谷Lushでのライヴ

1480255307020
 渋谷のライヴハウスLushにwearerの本年最後のライヴを見に行きました。

 今日のYKは久々にメガネなし。いつも(熱気で)曇っちゃってましたからねえ。髪を短くしたこともあり、眉毛がやけに整えられていたのがよく見えました。ただ彼がいつもツイッターで語っているように、残業の多さと食生活の乱れからか、ちょっと疲れが見えるような気も致しました。「良いパフォーマンスは、心身を整えることから」であります。ミック・ジャガーもそう思っていることでしょう。

 一方丸メガネの似合うベースのえいちゃんは、オレンジ系のお召し物もかわいかったけど、ベースのストラップがカラフルな色見本みたいでナイスでした。 リードギターの山本氏は、本日フライングVを弾いておりました。 そしてゲスト・ドラマーさん(5月と同じ人=ゲンさんですかね?)は、パワフルで華やかなタイコを叩いておりました。

 『blue album』を出して以降のwearerは、割とバランスの良い音で、しっかりヴォーカルを聴かせながら安定した演奏でまとめていたのですが、今日の音は昔のようにかなり荒々しい感じで、音圧を上げていました。メロウな完成度よりも、ガツンとロックをやりたかったっていうYKの思いを感じたように思いました。あるいは、Lushという場がそうさせたのでしょうか。 曲としては、『ロックンロール・バンドの季節』がとても良かったなあ。心打つものがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」:真っ当な娯楽アクション

357157_001
映画『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』は、ジャック・リーチャー・シリーズ第2弾。監督がエドワード・ズウィックに代わったためか、作品やキャラクターのトーンもある程度変化しています。悪い変化ではありません。『フレンチ・コネクション』の1と2の違いに多少似ていると言いましょうか(あそこまで異なってはいませんが)。ズウィック監督って、「職人」と「名匠」の中間ぐらいに位置する人だけに、古典的な面白さを持つ真っ当な娯楽作に仕上げてくれました。

357157_005

こういうVFXや超人やロボットに頼らない真っ当なアクション映画って、たまに見るといいもんですね。最近はめっきり無くなりつつあるジャンルの一つですので・・・。ドンパチがあっても、荒唐無稽な弾丸の数やSF的な光線砲ではありませんし、最終的な決着は拳(こぶし)でつけますし。重い格闘をするためなのか、トム・クルーズの肉体もシャープさを捨てて、がっしり方面に寄せています。

357157_006
まあ54歳だから当たり前なのですが、トム・クルーズの永遠の若さもついにあるラインを踏み越えたって感じです。もちろんジャック・リーチャー仕様の、武骨なキャラに合わせた顔と肉体ってこともあるのでしょうけれど、前作『アウトロー』や、昨年の『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』と較べても、急にガクッと来ましたね(「劣化」などという言葉は嫌いなので、使いませんが)。それでも重量感のある生身のアクションで、十分に健闘しております。

357157_004_2
ジャックと行動を共にするスーザン・ターナー少佐(コビー・スマルダーズ)、日本版を作るとしたら絶対に吉田羊ですね! そうした場合、トムは誰かとなると、・・・いないんですよねー。岡田准一があと10年たったら、こういうことが出来そうな気もいたしますが。 女の子に関しては、日本でやった場合、こういう子じゃなくてもっと一般的にカワイイ子がキャスティングされるでしょうし、それでうまくいったりするんですよね。例えば、広瀬すずがやるとか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2016年11月25日 (金)

「ミュージアム」:「セブン」やら何やら

354843_002
映画『ミュージアム』は、いろいろと『セブン』です。まあ原作マンガがそうなんでしょうけど、猟奇殺人者と刑事夫妻の話であり、常に雨が降っています。死体描写も結構危険です(でもなぜか「G」指定です)。

354843_004

カエル男のビジュアル・インパクトは結構あります。でも、それを生かし切れていないというか、カエルだから何だってんだよーって感じ。ケロヨン君です(←古い)。 それと、カエル男といえば「フロッグマン」ですから、吉田君や総統にも出ていただきたかったところです。

354843_005_2
(以降ネタバレあり) 本作でカエル男に扮したのは妻夫木聡ですが、特殊メイクでスキンヘッドにして、かなりの怪演を見せております。そして伊武雅刀にしても松重豊にしても尾野真千子にしても市川実日子にしても、いつもとは違う顔なんですよ(主に髪型によるのですが)。市川さんなんて最初は「誰?」って思っちゃいましたし、尾野さんは妙にかわいい感じでした。

354843_003

これだけハードでダーティーでやさぐれた大人の小栗旬は初めてでしょう。そういった意味では、主役の務めは果たしています。そうは言っても儲け役の妻夫木には負けちゃいます。最後の方で妻夫木は『悪魔の毒々モンスター』のような、『アルタード・ステーツ』のラストの方の変身した姿のような感じでした。

残念ながら、映画全体の出来は今一つなんですよねー。何か過去にあったあれやこれやのツギハギ的ですし、終盤に失速してしまいますし・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

«「手紙は憶えている」:手紙じいさまの備忘録