2019年6月17日 (月)

「町田くんの世界」:善意でゴー!   #町田くんの世界 #石井裕也 #細田佳央太

366853_001 映画『町田くんの世界』は、石井裕也監督が原作マンガをけっこうアレンジして作ったというコメディー&ファンタジー。善意に満ちた愛すべき作品に仕上がってました。

この人間離れした善意のモンスター「町田くん」の、とんでもない言行の数々が人々を巻き込んでいくさまが最高におかしいのです。やっぱり石井裕也はコメディーの人なんだと思います。とにかく笑えます。

366853_002

そしてオーディションで選ばれた新人の細田佳央太くんがまたピッタリで(長谷川博己を若くしたような顔)、説得力のある町田になっています。ピュアで一所懸命なところがナチュラルにハマってます。

でも、ヒロイン役の関水渚(こちらも新人)さんに華がなくてねえ…。ここはもっと、サムシングのある人に演じて欲しかったところです。

それにしてもなぜ前田敦子(27歳)、岩田剛典(30歳)、高畑充希(27歳)、太賀(26歳)が高校生っていうトウの立ったキャスティング?? 主人公二人のピュアネスを際立たせるため? ちょっと謎です。

366853_010 (以降ネタバレあり) 風船による飛行のクライマックスは映画オリジナルだそうですが、うーん、どうでしょう? 応援したい表現の冒険でありますし、そういうことはあってもいいと思うのですが、最終的にはあまり成功していないって感じ。ちょっと残念。

でも、それ以上にチャーミングな所が多い作品なので、オッケー。みんな観た人は町田くんを見習って、善行に励めばいいのにね。そしたら世の中良くなるのに。←ピュア 現代のフランク・キャプラなのかなあ。

それにしても、ズボンのわたり(幅)が広いぞ、町田くん! 

 

 

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

のんライブ@渋谷www x    #のん #のんシガレッツ #のんライブ

_20190616_171217600x907 渋谷のwww x (元シネマライズですね)で、「のん」のライブ。6月12日に発売されたニュー・ミニ・アルバム『ベビーフェイス』をフィーチャーした公演で、いつも通り「のんシガレッツ」としてバンド・サウンドを聴かせてくれます。

外階段で4階まで行き、そこから入場する館内はそこかしこにシネマライズの名残りが見られて懐かしかったです。こんな形で再会しようとは…ですね。

ワンドリンクはまずビアで景気づけの大江戸的ライブハウスの鉄則に従い、ハイネケンをグビリ。いつも思うんですけど、ライブハウスのビールって、なんでどこ行ってもマズイんでしょう? あれは不思議だなー。つまみがないからかなー。それだけじゃないよなー。

開演5分押しで登場したのんシガレッツは、オープニングの『やまないガール』から律義にアルバム『ベビーフェイス』の5曲を、曲順までアルバムのまんまに演奏してくれました。「やまない」はダブル・ミーニングで、「止まない」でもあり「病まない」でもあるのだとのんのMCで知って、「おお、そうだったのか」と軽く驚きました。

のんのヴォーカルとギターも、ライブのたびにうまくなっています。もう、堂々たるもんです。ホントにギターのアクションなんかカッケーですもん。MCにしても、以前のドイヒー状態よりは少し進歩したのでは?(それともこちらが慣れただけ??)衣装はメタリックなキラキラ系でしたが、『ベビーフェイス』のジャケット写真同様に、自由の女神みたいな針?(光輪?)が突き出たカチューシャをつけていました。

_20190616_215649 後半は、デビュー・フルアルバムの『スーパーヒーローズ』からの曲でテンポアップ。疾走感あふれるパンクな楽曲が続き、満員の会場も熱気に溢れます。ラストは『RUN』で、大いに盛り上がりました。ここまででちょうど1時間。

そしてTシャツに着替え、髪を下ろしてのアンコールは「(曲を)用意してなかった」とのことで、会場からのリクエストに応えて『やまないガール』をもう一度演奏。その1曲だけというコンパクトなステージでしたが、でも素敵な時間でした。のん、やっぱ表現者としての才能は本物です。いつでもキラキラしてます!

のん『涙の味、苦い味』の公式MVはこちら↓

https://www.youtube.com/watch?v=HPv_MJqqoF4

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

「ウィーアーリトルゾンビーズ」:奇抜な映像を超えて心に響く  #ウィーアーリトルゾンビーズ #長久允

366367_005 映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』は、ナメてたら、いやいやどうしてマジ優れた作品でした。外見から判断して、騒々しいアマチュア的脱映画の実験かと思ったらさにあらず、周到で緻密なプロの仕事なのでした。新しい時代の映画であり、かつ普遍的な芸術にもなっているのでした。ちょっとびっくりです。デジタル・ネイティヴ世代のヌーヴェルヴァーグといったところでしょうか。

そもそも両親を(事故やら殺人やらで)喪った4人の子供たちの物語ですが、何そのシチュエーション? でも、それを記号的に乗り越えて、映画として成立させています。死の扱いとかはやけに不謹慎です。でもそれは周到な狙いですから。そこらのヤバさゆえに、時代を切り裂く作品になっていると思います。

366367_001

不謹慎といえば、この子らの言動のいちいちが不謹慎なんですけど、それは「反抗」であり、反抗こそは映画の新時代を更新し続けて来た原動力ですからね。うーん、デジタル・パンクだ。あえて時代遅れのビット数の少ないレトロゲームをモチーフにしてるあたりも、狙ってパンクです。

でも映画作品としてのクォリティはしっかりしていて、映像、色彩、衣装(writtenafterwardsの山縣良和)、音楽などみんなMVばりに凝ってます。長久允監督は電通でMVなんかも作ってたそうですからね。

366367_002だからか、同じCM出身監督の大林信彦の初期作品(『HOUSE ハウス』とか)や市川準の『ノーライフキング』を思い浮かべたりしてしまいました。ひとつひとつの映像の凝り方、クォリティが、その出自を表しているのです。しかも、奇抜な意匠だけの無機質な作品になっているのではなく、ちゃんと心に響く作品になっています。ラストのあたりは結構感動させてくれますよ。虚無からハートフルへ。

あの曲もなんだかクセになりますねー。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

のんの新アルバム「ベビーフェイス」   #のん #ベビーフェイス

_20190614_212523_convert_20190614213404 発売になったばかりの「のん」のミニアルバム『ベビーフェイス』、聴き込んでますけど、いいですよー!

5曲+ボーナストラックが1曲。うち4曲はのんの作詞作曲。残り2曲が昔のんがあこがれていたバンドGO!GO!7188のユウさん、ノマアキコさんの提供。全体的にこれまでのような疾走感は封印して、ミディアムテンポやスローなナンバーが揃いました(除・1曲目の『やまないガール』)。でもその中でのんのロック、バンドサウンドはしっかり出しています。反骨の心は隠しようもありません。

ボーナストラックの『この街は』は、毛色を変えて素朴でチャーミングなナンバー。合唱の課題曲になりそうな感じです。

歌もうまくなっていますし、ソングライティングも進歩しています。のんの「引き出し」が増えた印象。 あさって渋谷www xでのライブが愉しみです。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

「アメリカン・アニマルズ」:犯罪は割に合わない   #アメリカン・アニマルズ #バート・レイトン

367188_007 『アメリカン・アニマルズ』は、風変わりな犯罪映画。実話だそうです。しょーもない大学生たちのしょーもない計画犯罪をドラマとして描きながら、随所に実の犯人たち(服役を終えた後の姿)が事件を回想する映像が入って来ます。え?この人たち、顔出ししちゃって大丈夫なの?とか、いろんな事を思っちゃいますよね。

 

古典的な芯を持ちながらも、外見はかなり新しい、今の時代性をまとった作品です。いつの時代も若者はバカ…ということが言えるのでしょうし、その無様な顛末を『現金に体を張れ』から『レザボア・ドッグス』や『オーシャンズ』シリーズまでを引用しながら描き出します。

367188_005

アメリカン・ニュー・シネマ的感覚もあるなあと思いました。このアンチ・ヒーローズを目指しながら、全然そうなっていない連中のリアルさや情けない結末に、その青春の苦悶に、ニュー・シネマの皮肉や切なさが香ります。

一方では、非常に教育的な映画にもなっています。つまり、「犯罪は割に合わない」ってことをひしひしと実感できるような作品なのです。犯罪なんて、なかなか成功するもんじゃないんだなあとか、仮にうまく行ったとしても犠牲にするものが多過ぎるんだろうなあってことが、こんなに体感できる作品も珍しいでしょう。犯罪前後のデスパレートな精神的重圧の大きさをこのように描いてくれるなんて…。

367188_001 長編ドラマ初監督だというバート・レイトン監督は、確かに才能があると思います。ただ、その才能をもっと生かせる作品がありそうな気がしますし、そういう作品と巡り合ったら大化けするかも知れません。

 

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

女子W杯、日本ドローで発進   #女子ワールドカップ #なでしこ

FIFA女子ワールドカップの2019フランス大会、日本代表の初戦はアルゼンチン戦でしたが、うーん、0-0の引き分けに終わってしまいました。力量差もある(はずです)し、実際にポゼッションは6割超えでそれなりにチャンスも作っていたのですが、決めきれない。一方でアルゼンチンは、二重のブロックでガチガチに守って、攻撃はカウンター頼みと割り切ったことで、勝ち点1をもぎ取りました。

でも日本の調子が悪かったことも確か。経験の浅いメンバーが多かっただけに、大会の雰囲気に飲まれたりのぼせたりしたのでしょうか? パスミスだらけだし、FWには球が収まらないし、サイド攻撃は機能しないし、散々でした。鮫島だって中島だって長谷川だって、普段はあんなにミスしませんし・・・、まあそれだけアルゼンチンがスペースを消して、しっかりプレッシャーかけ続けたってことなんですよね。

菅沢にしても長谷川にしても、「そこは決めとけよ」ってシュートを外しちゃいましたからねー。それに、ボランチの上りが物足りなかったです。だからいざという時のペナルティエリア内にあと1~2枚足りない状況が頻出してしまったんです。 そして右SBの清水が、常に物足りない出来。体も弱いし、1対1で負けるし、クロスもオーバーラップも冴えなくて、・・・うーん、誰かほかにいないんですかねえ?

ボランチの阪口が故障でほとんど出られない状態なだけに、ピッチ内でリーダーシップを取って修正していく選手が必要です。宇津木瑠美ねえさんをボランチに使うといいんじゃないかなー(鮫島を右サイドにして、左SBを宇津木にする手もありますけどね)と思うんですけどね。

さあて、第2戦(vs.スコットランド)には修正できるのでしょうか?

 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

「ガルヴェストン」:監督のセンスとエル・ファニングの笑み   #ガルヴェストン #エル・ファニング #メラニー・ロラン

366493_005 映画『ガルヴェストン』は、ごひいきエル・ファニングの主演作ということのみならず、あの美しいメラニー・ロランの監督作でもあるってことで、観に行きました。昔から何度も繰り返されて来た「少女娼婦救出もの」と言えるかもしれません。『タクシードライバー』とか昨年公開の『ビューティフル・デイ』とか。娼婦じゃないけど『レオン』に似た空気もあります。

メラニー・ロラン監督の演出は、かなり荒々しくハードでもあり、でも場面によってはとっても抒情的。映像的にも実に映画的な良い絵が撮れています。終盤の長回しなんかも、なかなかのものです。センスがいいんです。

366493_002

でも最高にイケてるのは、やはりエル・ファニング。思わずパンフレットを買っちゃうぐらいステキでした(パンフレット自体、半分はエル・ファニング写真集といった趣き)。まあ演技的には、『夜に生きる』『ネオン・デーモン』あたりの方が凄かったけど、ケバいメイクの表情とほぼすっぴんの天使の表情の両方を拝めるってのは、なかなか価値がございます。 (以降少々ネタバレあり) ラストで赤いドレスの彼女が浮かべるイノセントな「笑み」は、 映画史上でも最高に魅力的な「笑み」の一つではないでしょうか。

366493_004 監督自身が「ジャンル映画」だと明言しているのですが、それこそジャンル映画の良さを持っているのが値打ち。往年の高倉健さんが主演でもいいような作品なのです。古い革袋に新しい酒を入れたような。

(以降ネタバレあり)それにしても、ベン・フォスター演じる主人公の「早とちり」が発端になっているわけであって、考えてみると結構マヌケな話だったりもします。でもそういう瑕疵を上回るだけの美点があるのです。嫌いにはなれない作品です。ラストもエピローグ的な味があって、良いではありませんか。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

日本2-0で令和初勝利   #サッカー日本代表 #エルサルバドル戦 #久保建英

キリンチャレンジカップの日本vs.エルサルバドル@ひとめぼれスタジアム宮城をTV観戦。コパ・アメリカ前のこの試合を2-0で勝てて良かったですね。令和初勝利でもあります。2得点の永井謙佑(含・令和初ゴール)、交代出場で沸かせた久保建英というFC東京の選手が大活躍FC東京からは、橋本、室屋も出場。さらに元FC東京の中島翔哉も出たので、あたかもFC東京まつりでした。さすがは首位チーム。

前半などはもっと点が取れそうな展開でしたし、後半になってからも随所に得点機を生み出した日本代表。18歳になってすぐA代表デビューとなった久保のプレイには、かなりの歓声が沸いていました。実際、二人をかわしてシュートに持ち込んだ場面は凄かったですもんねー。

まあ、この2連戦の相手は結構ゆるゆるで迫力ナシだったので、コパ本番ではどうなるのかが気になります。そして、この2連戦には招集できても、コパには連れて行くことのできない選手が(海外組も国内組も)結構いるというか、むしろコパの方が経験の浅い若手チームになってしまう、そこらもまた心配です。ただ2020オリンピックに向けて、そして2022カタールW杯に向けて若い世代にとっては貴重な経験となるはずです。森保監督はオリンピックの監督も兼ねるので、そこらのマネージメントや深謀遠慮もしっかりやってくれることと思っております。

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」:人を描く、知を描く   #ニューヨーク公共図書館 #エクス・リブリス #岩波ホール

366029_001_1 映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』は、かのフレデリック・ワイズマン御大による3時間25分のドキュメンタリー。途中で10分の休憩が入ります。キング・オブ・図書館=ニューヨーク公共図書館(NYPL)を描いております。

東京地区では岩波ホールの単館公開で、かなりヒットしている模様。小生が観た回は土曜の昼の回でしたが、満席売り切れとなっておりました。場内には、お年寄りから学生服の女子高生までいろいろ。お年寄りは岩波ホールの定番ですけど、女子高生は図書委員だったりするのでしょうか?また、図書館司書の方なんかも大勢いらしているのでしょうか?

366029_003

これ、図書館の内外を描く映画でありながら、図書館の様子だとか利用者の様子だとかは、まあ通り一遍というか、あっさりしたものです。これは予想外でした。じゃあ、何をじっくり描いているのかというと、「人」なんですね。図書館を通して、文化に迫り、その文化を実現させていく図書館関係者のあれこれを描くことで、現代が抱えた多くの問題を浮かび上がらせているのです。人種差別の問題、貧困の問題、デジタル格差の問題…。人が話をする場面、人と人が意見を交わす場面を通して、人間の「知の殿堂」たる図書館というものの存在意義がしっかりと前面に打ち出されるのです。

 366029_008

ま、でもそういう手法って、大江戸が観たかったものとはちょっと違うんですよね。人、人、人…言葉、言葉、言葉…で疲れちゃうというか、やけに会議やイベントの風景ばかりが多くて、図書館の本来活動の描写が少な過ぎませんか?って感じでした。映画としての興趣や面白味に欠けてるのです。

不意にエルヴィス・コステロが出て来た(館内イベントで)のは嬉しかったですけどね。

 

 

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

うめさきつ傘   #湘南ベルマーレ #梅崎司

_20190531_214643361x403 これ、先日のBMWスタジアムで販売されたベルマーレ・グッズ。

題して「うめさきつ傘」!! 

はい、今や湘南のサッカーには欠かせないシンボル的存在=梅崎司(うめさきつかさ)選手のお名前にひっかけた、まあダジャレ傘であります。

ただのビニ傘(ポリエチレン)なんですけど、“Rainbows Come After  The Rain”と背番号7がプリントされてます。「雨の後には虹が出る」、多くの困難を乗り越えて来た苦労人の梅崎選手らしい言葉ですね。

なんか、すぐ売り切れちゃったので、今度再発売されるみたいですよ。

| | コメント (2)

«日本代表、どうしても点が取れなかった   #トリニダードトバゴ戦 #日本代表