2021年3月 6日 (土)

「石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか?」展<後期> #石岡瑛子 #石岡瑛子展 #ggg #コヤニスカッティ

Dsc_01182_copy_1024x665 銀座グラフィックギャラリー(ggg)で展覧会『石岡瑛子 グラフィックデザインはサバイブできるか?』の後期(~3/19)を観ました。後期は「グラフィック・アート編」ってことですが、前期・後期とも出ていた作品もありますし、1Fの展示(真っ赤な空間に石岡の言葉)は全く同じ。湾曲スクリーンに映っていた映像は一応違っていたかなあ。

(前期の記事はこちら ↓ )

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-d838ce.html

Dsc_01132_copy_768x1092 後期になってからずっと仕事が忙しくて来られず、ここ2週間ぐらい毎日「今日こそは仕事を早めに終わらせて駆けつけねば」と思いつつ、結局果たせずにおりました(gggは午後7時閉館)。しょうがないので、仕事が休みの土曜日に馳せ参じた次第(実は2週ほど前の日曜に来たら、休館だったってこともありまして)。

Horizon_0001_burst20210306154725828_cove そしたら、何ということでしょう。入口前にガードマンが立って、入場制限を行ってました! こんなggg、見たことない! しょうがないから10人ぐらいの列について、10分ぐらい待って中に入り、少し待ってから検温・消毒を行い整理券をもらいました。1Fの展示を見ながら15分ぐらい待って、番号順にB1の展示場に通してもらいました。

地下の展示場は前期と共通する作品もありましたが、コッポラと組んだ映画の仕事(ポスター)とか、丸い耳のネズミを使った「HIROSHIMA APPEALS」のポスターとかも紹介されておりました。そもそも、東京都現代美術館の石岡展も観たものですから、ここの前期にどれを観てどれを観てないんだかわからなくなりかけてます。

(都現美の石岡展はこちらの記事 ↓ )

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/12/post-64682a.html

Dsc_01162_copy_1024x801 でも嬉しかったのは映画『コヤニスカッティ』のポスターと久々にご対面したこと。これは都現美にもなかったと思います。この映画好きだったんですよー。フィリップ・グラスの音楽、サイコー! シネヴィヴァン六本木で観た後、レーザーディスクで繰り返し追体験したものです。

Dsc_01172_copy_1024x578 そして、フランシス・コッポラの『ドラキュラ』のポスター。何種類か作ってますが、中でも闇に光る血走った眼球ビジュアルの連作が圧巻です。コワ過ぎスゴ過ぎ! この映画、コッポラとしては失敗作だというか、いわば「石岡さんの勝ち」ですね。

やっぱり今度も石岡さんのパワー、迫力に圧倒された感じです。テレビ『日曜美術館』や『美の巨人たち』放映の影響もあるのでしょうが、むしろ石岡さんの凄さを受け止めた若い人たちがSNSで広げた人気のような気がしました。本物は時を超えて伝わりますからね。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

ローソンの「モアホボクリム」(笑)   #モアホボクリム #ウチカフェ #シュークリーム #小森和子 #モアベター

Dsc_01024_copy_800x707 小生のコンビに使用頻度は一にセブンイレブン、二にファミマとローソンなので、ローソン・ウチカフェのスイーツもそんなにはチェックしておりません。たまたま先日買ったのが、こちら。

Dsc_01034_copy_800x453 「モアホボクリム」(税込220円)です。ちょっと笑えちゃうネーミングですね。そのまんまやないかーい! コピーも「ほぼほぼクリームのシューショコラ」。そして「「吸えちゃう」シュークリーム」ってことです。ま、これでだいたいイメージできますよね。

 

調べてみると、この商品の前身として「ホボクリム」ってのがあったそうです。さらにクリームましましで「MORE」をつけたってわけね。そう聞いて小森和子おばちゃまの「モアベターよ。」を思い出す人は、いい年です(ちなみに「モアベター」は英語的には正しくないので、おばちゃまは「造語」だとおっしゃってました)。

Dsc_01033_copy_800x822 それはともかく、まんまるでショコラパウダーがかかっている薄皮シュークリームを割ってみると、確かにたっぷりのクリーム。クリームと皮の間の空洞などはなく、みっちりとクリームが詰まってます。クリームは白いホイップクリームが優勢ですが、下というか脇というかにはショコラクリームが入っていて、その中にはチョコチップも埋めてあります。で、ホイップクリームはなんだかリコッタチーズみたいな味がしたのですが、原材料表示にはチーズがなかったので、まあ何かの加減なのでしょう。しつこくないけど、コクがあって良いですよ。ショコラクリームも、なかなか上質な味でした。単調にならないように、いい仕事してます。

Dsc_01052_copy_800x729 でもこれ「吸える」かなあ? 頑張れば吸えるけど…。しばらく常温で置いておけば吸えるんでしょうね、きっと。

結論としては、おいしゅうございました。「クリーム食いてえっ!」って時には、オススメです。

 

 

| | コメント (0)

2021年3月 3日 (水)

今日の点取占い311   #点取占い #点取り占い

Dsc_01122_copy_703x442 鉄棒から落ちないように気をつけなさい   6点

| | コメント (0)

2021年3月 2日 (火)

「リサとガスパールのおもいで展」@松屋銀座   #リサとガスパール #リサとガスパールのおもいで展 #松屋銀座

Dsc_01093_copy_1024x609 松屋銀座で開催中の展覧会『リサとガスパールのおもいで展』(~3/3)に行きました。この会場では何度目かのリサガス展ですが、今回は「日本デビュー20周年記念」という冠がついております。

ほとんどが小品の原画の展覧会。そこに画材だとかスケッチだとか映像だとかを組み入れています。ぬいぐるみのコーナーなんかもあって、そこは撮影OKゾーンとなっておりました。

Dsc_01073_copy_1024x1625 現在、緊急事態宣言対応で、この催事場は午後7時まで。で、入場はその30分前までなので、6時半締め切り。大江戸が着いたのは6:25だったのですが、明日までのためか、この時間帯にしては結構人が入ってました。この展覧会、会期が9日間と短くて、小生も忙しくてなかなか来られなかったらもう終了間近ということで、あわてて駆けつけました。

「1999年にフランスで生まれた」(日本紹介は2000年)ってことなので、20周年と言いながらちょっとズレがありますね。最後のコーナーで紹介されていた日本未訳の作品が2019年ってことなので、それまでが20年ってことなんですかね。

Horizon_0001_burst20210302183233155_cove ま、いずれにしてもこれまでのリサガスの回顧展であり、リサガスは時代を超えて変わらず、とってもカワイイのでした。ちなみに大江戸はリサとガスパールを何も見ずに上手に描けます。うまいもんです。ふっふっふ。

いつもながら会場を出たところの物販コーナーの魅力的な品揃えと多様なアイテムには目を奪われます。大ファンだったら散財して大変でしょうね(それでもハッピーなんでしょうけど)。ウン十万円の原画もいろいろ売ってましたし。 大江戸は小ファンなので、散財はいたしませんでした。

 

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

「カポネ」:オムツ姿と機関銃   #カポネ #映画カポネ #トムハーディ 

1_20210301231701 映画『カポネ』は、かのアル・カポネの晩年を描いた作品。晩年と言っても享年48ですけどね。相当にクセの強い作品ですし、カポネを演じるトム・ハーディがこれまたクセ強で…。そもそもこんな長い顔でカポネと言われても、調子狂っちゃいます。

設定としてはもうカポネがカポネじゃなくなってるというか、14歳でかかった梅毒が年月を経て脳に回っちゃってて、認知症になっていて、シモの方は大も小も垂れ流しまくるという、とんでもなさ。そんな哀れで醜悪な晩年のカポネが、トム・ハーディの怪演と言えるほどの熱演で終始出ずっぱりですから、観てるのがしんどいですね。楽しさも面白さもないですもん。そんなトリッキーな幻想世界を描く「普通じゃない」作品なのに、タイトルは堂々と王道の“CAPONE”(英語の発音としては「カポーン」)ですもんね。本作の広告コピーは「壊れているのは、世界か、俺かーーー」というものですが、いえいえ、この作品自体が壊れてますって。

(以降ネタバレあり) 何しろどこまでが夢か現(うつつ)か判然としないクライマックスでは、カポネがオムツ姿で黄金のマシンガンを乱射します。なんだこりゃー?ヘンテコだけど、見たくねー!です。『セーラー服と機関銃』のラストと同じぐらいヘンテコです。この作品、映画ファンの「需要」からは、かけ離れてますねー。普通の年なら日本での劇場公開はナシでしょう。でも今はハリウッド・メジャーの作品がほぼ公開されていない時期なので、小規模ながら劇場公開されちゃいました(調べたらアメリカでは昨年5月に、コロナの影響で配信のみで公開されたそうです)。

こういう変化球の伝記物を、夢想たっぷりに独自の世界観で創れる人といえば、ケン・ラッセル。もし彼が生きていたら、このネタでも傑作にできたかも知れない---そんなことを思ってしまいました。『バレンチノ』みたいな感じでね…。

 

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

「あのこは貴族」:現代日本の「階級」   #あのこは貴族 #岨手由貴子 #上流階級 #東京映画

1_20210228225301 映画『あのこは貴族』は、新進の岨手由貴子監督(脚本も)による完成度の高い逸品。日本映画の歴史に残っていく作品だと思います。原作の山内マリコの功績も大きいのでしょうが、とにかく脚本と演出が見事で、最初から最後まで引き込まれました。平等社会であるはずの日本の中の「階級」という目の付け所を、物語として鮮やかに昇華させています。

大江戸は庶民というか、マジョリティー的な一般家庭の出なので、社会に出るまでピンと来なかったのですが、ある程度長く生きてるとこの映画で描かれているような上流の家庭というものが日本にも確実に存在することがわかって来ますし、その片鱗に触れることもあります。そういう世界の方々って経済的には苦労がないかも知れませんが、一方では庶民が全く分からない苦労を抱えていたりする--そこらへんがこの映画でも描かれています(逆もまた真)。こういうの見ると「上流も庶民も、それぞれ別種の悩みや苦労を抱えていて、その総量はどっちも同じようなもの」かも知れないなあと思ってしまいます。

それと合わせて描かれるのが、ジェンダー的呪縛の問題。女も男も、それぞれの「らしさ」や「こうあるべき」に絡み取られて動けなくなっている、特に「家」制度を中心に存続している上流の人々にとっては。でもそういう人々が日本を動かしていることも事実。ここらをきちんと描いたことも、日本映画の中の問題意識として貴重です。

しかも二つの階級が争うでもいがみ合うでもうらやむでもなく、ゆるやかな連帯(少なくとも心情的に)へと歩み寄っていく、少しでも理解しようとしていく--この映画のそういった姿勢はとても気分の良いものでした。

大江戸は門脇麦も石橋静河も非常に苦手な女優なのですが、本作ではいつもよりも悪くなかったです。あと、門脇と水原希子が役をチェンジしたらどんなことになっただろうかと夢想したりもしました。そして、「主役の親友キャラ」が十八番になってきた山下リオ。 今回もいい味出してます(夜の東京での二人乗り自転車の場面とか)。これからもその芸風で、バイプレイヤーとして重宝されるのではないでしょうか。

ロケーションを生かした「東京映画」としても良い出来だったことを付記しておきましょう。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

2021開幕戦:湘南黒星スタート   #Jリーグ開幕 #ベルマーレ #湘南ベルマーレ #湘南対鳥栖

Horizon_0001_burst20210227140158352_cove 昨日の川崎vs.横浜FM戦で幕を明けた2021シーズンのJ1リーグ。わが湘南ベルマーレは、本日サガン鳥栖との対戦でスタートです。今季から、Shonan BMWスタジアム平塚 →レモンガススタジアム平塚 にネーミングライツが変更となりました。

Dsc_01023_copy_1024x680 相変わらず「5000人を上限としての開催」で、アウェイサポーターは入れず、声出しはできません(一応鳥栖サポの人、ユニは着ないで端の方にちらほらといましたが…)。それでも、観客の入ったスタジアムでのJリーグは、格別のものです。

Horizon_0002_burst202102271406532784 試合前には今季のベルマーレクイーン3人の発表も。昨年のクイーンはほとんど活動の機会がなくて、残念でしたね。昨年の人も一人継続で入ってました。

Horizon_0002_burst202102271450534663_cop 今シーズンのベルマーレの移籍選手の目玉であるウェリントン(出戻り)および新規獲得のウェリントンジュニオールは、入国できない状況なので、今日のスタメンおよびベンチ入り選手は全員日本人。移籍組からは中村駿(山形から)と高橋諒(松本から/出戻り)が先発しました。

Dsc_01043_copy_975x674 やけに「堅い」試合でした。両チームとも無理せずに、手堅く守った印象。前半に湘南がネットを揺らしたものの、その前のハンドで得点にはならず、スコアレスで折り返します。

Dsc_01084_copy_1024x692 後半も両チームとも決定機が少ない中、VARによる80分のPKでサガンが1点を取り、そのまま試合終了。なんともしょっぱい開幕となりました。昨年の開幕戦(対浦和)もVARの出番となり、その時は湘南がPKをもらったのですが、タリクが外したという…(思えば、あそこから調子がおかしくなったような)。今年は相手に献上して、しっかり決められてしまいました。

Horizon_0002_burst202102271640282032_cop うーん、期待のダブル・ウェリントンがいないとは言え、昨年来の課題「点が取れない」に改善が見られないのが辛いところですねー。昨年同様、良いボール奪取からいい所までは行くのに、やけに戻すパスが多かったり、そもそも速攻がほとんど見られなくて…。去年の開幕戦は浦和を相手に、生きのいいサッカーを見せてくれたのに(あの日の広教は最高でしたね)、点も取れるぞって感じだったのに、…今日はモヤモヤでした。

そうそう、浮嶋監督は先発メンバーをかなり引っ張って、81分に一気に4枚代えしました(3枚代えのはずだったが、例のPKで先制されたのでもう1枚追加しました)。やっぱり遅すぎますよねー。交代で入った根本や平松が良かっただけに(ってゆーか、今日は石原直樹や山田が悪かったのに、ずーっと使い続けたので)、歯がゆかったです。それにしても一気に4人の交代とは、珍しいものを見せていただきました。

Horizon_0002_burst202102271605263142_cop 今日のスタジアムは非常に寒かったんです。記録では9.3℃ってことですが、風が強く吹いていたし、午後3-5時ぐらいの試合だったので、経過とともにどんどん冷えていくし、たまりませんでした。バッチリの防寒体制で臨んだのに、カイロも2個身に着けてたのに、前半のうちから寒くてしょうがありませんでした。これだから、大江戸は(欧州リーグに合わせて)Jリーグも秋スタートにしようという話には大反対なのです。スタジアムが冬用に作られていない日本では、無理ですって。

 

Dsc_01062_copy_1024x549 この試合の入場者プレゼントで、ベルマーレのフェイスカバー(ネックゲートル)をもらいました。ランニング用に使えるし買えば結構するので、これは嬉しいですね。それとベル12会員の特典で、今年のイヤーブックとタオルをもらいました。

さてさて38節までの今シーズン、12月までの長丁場ですが、最後には笑っていたいものであります。

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

銀座・天龍の餃子!   #銀座天龍 #天龍の餃子

Dsc_01122_copy_768x1119 唯一無二の大型餃子で有名な銀座2丁目の「天龍」に、久々に行きました。ここは数年前にもともとの店から、銀座2丁目内のご近所に引っ越したのですが、味も形も変わっておりません。

入口の壁には大きな餃子がダーンと迫力たっぷりにお出迎え。中国語で「餃子」は水餃子のことなので、焼餃子は「鍋貼(グォティエ)」と言うのだそうですが、これは「壁貼」ですね。

頼んだのはもちろん「餃子ライス」。そういうメニューがあるわけではなく、あくまでも「餃子」と「ライス」なんですけど、昔から皆さん「餃子ライス」と注文します。大江戸もこの店とは長いつきあいですが、初期に麺類とか食べたことがある以外は常に「餃子ライス」しか注文したことがありません。まあ、たまに来るのなら当然「餃子ライス」の一択になりますもんね(ミニの餃子なんてものはないので、このジャンボ餃子が8個来たら、ほかに麵とかは食べられませんから)。

Dsc_01102_copy_600x986 そう、ここんちの餃子はとにかくデカイんです。長さ11㎝ってことです。それがダーンと8個。まいったか!すいません、まいりましたって感じです。出て来た時に「これ、ちゃんと完食できるだろうか?」と思ってしまいましたもん。

だったらライスなんか取らずに餃子だけ食べればいいじゃないかとおっしゃる向きもあるかも知れませんが、いやいや、ごはんは小ぶりな碗なので、さほど大きな負担にはなりません。ってゆーか、やはり餃子とごはんの相性、最強です。無かったら、むしろしんどいと思うんです。刻んだ香の物も、後半のサッパリ感の醸成のためには重要ですし。注文したら餃子が来る前に醤油、酢、ラー油を混ぜて準備をしておくのが、ならわしです。大江戸の場合、カラシは最初から混ぜるのではなく、4個か5個食べた後の後半戦の「味変」要員として使うのです。

Dsc_01132_copy_768x1216で餃子をつまみ上げれば、ずっしりとした肉の重み。一口かじれば、肉汁がじゅわー。豚肉のうまみがたっぷりです。皮はもっちりだけど、焦げ目の部分はカリッと。うーん、やっぱり最高です。餃子としては高めの値段に見合う価値がある名品です。だから長年変わらぬ人気を誇っているのでしょうね。ニンニクやニラを使っていないことも、ポイント高いです。仕事で人と会う、匂いを気にする仕事人、ビジネスパーソンって相当多いですから。気にせずにランチに食べられるのは、ありがたいです。

 

ちなみに餃子ライスは、一気呵成に完食しました。まだまだいけるじゃんって感じです。ま、満腹中枢がいっぱい信号を出す前に一気呵成に食べちゃわないとってのもありますけど。やっぱり、うまいっすねー。ここでしか味わえないワン&オンリー感。満足&満腹です。

 

でも、いつも不思議に思うのは、ここんちの餃子の類似品を扱う店が無いってこと。これだけのロングセラー大人気商品だったら、当然まねる店が次々と出て来そうなもんですが、ないですよねー。あるいはひっそりと存在しているのかも知れませんが、知られてませんよねー。似せることはそんなに難しくないと思うのですが、なぜかワン&オンリー。謎です。

 

 

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

和田堀給水所2021年2月の様子  #和田堀給水所 #代田橋 #歴史的建造物

Horizon_0001_burst20210223120056335_cove 京王線の代田橋駅前にある和田堀給水所。これまで当ブログでも2度取り上げて来ました(↓)。

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-8c45.html

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-09fe51.html

Dsc_01032_copy_1024x628 で、23日の天皇誕生日にその周囲を走りながら、ちょっと撮影して来ました。代田橋駅の踏切前から南西を見やると、広々と開けた土地の奥に例の給水塔がまだ生き延びております。

一方周囲を取り巻く道路は、結構な長さにわたって「付け替え工事」を行っておりまして、駅前の2方向とも歩道部分の脇が掘られて、溝となっておりました。ふむふむ、これは従来の敷地より一回り小さくなるってことなのでしょうかねえ(その分、歩道か車道が広がるという)。

Dsc_01022_copy_1024x640 北西側から給水塔を望むあたりは大きな変化なし。ただここらもフェンスが一回り内側に入っておりました。

 

Horizon_0002_burst202102231152164302_cop 裏に回って南側から見た給水塔と1号配水池の建物。フェンス越しです。こちらも変化なし。何とかこのまましれっと残ってくれたりしないもんですかね。

 

Dsc_01063_copy_1280x912_20210225230801 掲示物を見ると、これまでにはなかった敷地の平面図が出てました。これを見る限り、東側には大きな建物が建つのですが、西側の円=1号配水池はそのまま残ってるんですよねえ。でも、井の頭通りをまっすぐ伸ばしてこの中を通す計画だったと思うのですが…。どうなるのでしょうか?

Dsc_01053_copy_768x815_20210225231701 建築計画も新しくなっていました。これまでは完了予定が「平成34年3月31日」と書いてあったのですが(つまり2022年)、新しく「令和6年2月29日」となっておりました(うるう年なのね)。ということは2024年ですから、2年ほど工期が延びたってことになります。うーん、これは何を意味するのか? いろいろ考えて、塔を残す方向で調整しているとかだったらいいんですけどねー(そうだったら「道路付け替え工事」→車道の拡幅 にも合点がいきます)。

Dsc_01042_copy_1024x598 なんか世田谷区の広報pdf.とか見ても、漠然とした表現ではっきりしないし、…謎です。まあ、果報は寝て待てってことでしょうか。だったら良いのですけどね。

 

 

| | コメント (0)

2021年2月24日 (水)

「ネズラ1964」:ガメラへと続く道   #ネズラ1964 #大群獣ネズラ #ガメラ #大映

Nezura1964 『ネズラ1964』という55分・製作費350万円の映画が、池袋ヒューマックスシネマでひっそりと公開されていました。あんまりひっそりだったので、1月16日から公開されてるのに大江戸のアンテナにもひっかかって来なかったぐらいです。今回は2月19日からの再公開なのですが、危うく観逃がすところでした(まあ、結果的には観逃がしても良かった感じですが)。

大映がガメラの前に『大群獣ネズラ』という作品を作ろうとしていたって話は、聞いたことがありました。なのでこのタイトルを見ただけでピンと来たのですが、公式サイトで予告編を見たら、その自主映画感覚にちょっと不安になりました。リアルなネズミをいっぱい使ってるし…。とはいえ大映の血を引き継ぐ角川が協力しているってことは、妙なまがいものじゃないってことですよね。

で、まあだいたい思った通りの映画でした。ほば怪獣映画ではなくて、映画屋さんたちの奮闘記。ネズミ嫌いの人には我慢ならない映画でしょうね。大江戸だって、けっこう気持ち悪いと思いました。素手でつかんだりしている出演者たちの健康が心配になったりもしました。 (以降少々ネタバレあり) まあ、最後にさりげなくガメラへの道筋を示して終わるあたりは悪くないですけどね。

また、ゲストで佐野史郎さんや古谷<ケムール>敏さんといった特撮系の人が出てるのも嬉しいところ。 ちなみに、大映は太映(たいえい)、永田雅一は永野雅一などと一応仮名になっております。

あ、ちなみにこの作品、タイトルは1964ですが、ほぼ1963年の出来事が描かれております。やっぱり東京オリンピックのあった1964年の方がインパクトがあるってことなんでしょうか(洋服とか髪型とか、時代考証はけっこうゆるいですけど)?

それと、この作品はクラウド・ファンディングで製作されたらしく、エンドタイトル後には寄付者のお名前が延々と流れるのでありました。

| | コメント (0)

«「ある人質 生還までの398日」:危険地帯には行かぬように   #ある人質 #生還までの398日