2018年9月22日 (土)

「泣き虫しょったんの奇跡」:平凡に淡々と

363698_009
『泣き虫しょったんの奇跡』は、豊田利晃作品だってことが信じられないぐらいの、オーソドックスな作り。古風な娯楽映画の定石通りの、しかも少しゆるいぐらいの演出です。どうしちゃっちゃったんでしょうね? 豊田監督は9歳から17歳まで新進棋士奨励会に所属していたそうで(びっくり!)、そこらが影響しているのですかねえ? それとも、これから棋士をめざす子供たちを重要なターゲットと考えたのかしらん?

363698_005

子供時代から若者時代、そして26歳というプロ棋士昇格の年齢制限が近づく年代、そしてその後の30代まで、年代記的に素直な時系列で物語を進めていきます。ただ、いかんせん実話に基づくこの物語が、妙に通り一遍というか、コクが無いのです。映画が平凡で、跳ねていくような面白さに欠けるのです。主演が松田龍平なもんだから、淡々さに拍車がかかっておりました。

363698_002
将棋の対局場面についても、他の将棋映画よりも一段と、盤面でどんな勝負が行われているかを見せるつもりはさらさらないようでした。あえて、どんな手だとかは写さないようにしておりました。更に映画としては対局場面を力を入れて描いていくのが普通ですが、この作品ではあくまでも淡々と(まあそれがリアルなんでしょうけど)描写します。そこらが、大江戸なんぞには物足りなかったところです。

363698_001

キャストは脇役、チョイ役に至るまで、やけに豪華です。妻夫木聡や藤原竜也や染谷将太や新井浩文を、あんなチョイ役で使っていいんでしょうか?って感じ。でもここでも、世界のイッセー尾形だとか、日本の(?)小林薫だとかは、見事な味を出しているんですよねー。

(以降ネタバレあり) ラストもめでたくプロになれて終わり。もう一工夫二工夫してくれないと、感動したくてもできませんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年9月20日 (木)

「愛しのアイリーン」:濃い!

364642_001
映画『愛しのアイリーン』は、とにかく疲れるほど濃いです。大江戸が大変評価している『さんかく』や『ヒメアノ~ル』や『犬猿』の吉田恵輔監督作品ですが、ウザイ程の密度で、2時間17分を駆け抜けて行きます。

そもそもひげ面の安田顕がやけに濃いですし、フィリピーナのナッツ・シトイも肌色からして濃いわけですし、般若面を思わせる木野花さんがいつになく濃いのです。

364642_005

伊勢谷友介だっていつも通りに濃いですし、その他の面々もかなり濃いと言って良いでしょう。脇役で印象深かったのは、河井青葉さん。リアルに生々しいですね、この人いつも。 琴美役の桜まゆみさんも、ちょっと独特で面白かったです。吉田恵輔ごのみでしょう。

364642_006

原作のせいもあるのでしょうけど、吉田監督の作風って、妙なおかしみがあって笑えちゃうのです。実際かなりコミカルな作品だとは思いますが、一方では深い社会性があって、戦慄すべき内容だったりもします。とにかく良い所と悪い所が入り混じった問題作です。世間では本作を今村昌平的と評するむきもあるようですが、なるほど確かにイマヘイ的な社会問題性に溢れる「重喜劇」となっております。

364642_024
終盤も良い所悪い所入り混じって、一筋縄ではいきません。ヒューマニズムと人間の業の深さが葛藤している感じですし、通俗と非凡がせめぎ合っている感じでもあります。

(以降ネタバレあり) トータルすると、吉田恵輔の中で最上の作品とは言えないかとも思いますが、作中2カ所、「聖なる場面」がありました。岩男とアイリーンが初めて結ばれるところと、終盤にアイリーンが岩男の子供を宿しているとツルに告げる場面です。そこでは、心が震えましたねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年9月19日 (水)

「MEG ザ・モンスター」:荒唐無稽なメグたん

T0023101p
映画『MEG ザ・モンスター』のMEGって、メガロドン(大昔に絶滅した最強最大のサメ)の略。「メグたん」って感じで、かわいいですね。

とにもかくにもサメ映画&怪獣映画。古代の巨大ザメ(クジラよりもでかい)が生きていたというトンデモ設定からして、見せ物映画臭濃厚です。さらに主演がジェイソン・ステイサムってことで、見せ物臭全開です。この人、どう見てもB~C級映画の悪役(すぐ殺されちゃう方)みたいで、声やしゃべり方も風格とは程遠い感じで、小物感満点なのです。よくハリウッドで主役張ってるもんだよなあと感心しちゃいます。

そして中国資本バリバリなので、中国人俳優が重要な役割を担ってますし、中国の海水浴場とか出て来ます。その反面、マシ・オカ演じる日本人は、ビジュアル的にカッコ悪かったりします。うーむ。

Main

とにかく荒唐無稽なサメ映画(怪獣映画)なんですから、いくらツッコミ所満載でも、細かいことには目をつぶって楽しむが勝ち。物語には何も目新しさがありませんでしたが、「サメがクジラを隠れ蓑にしていた」って所だけはちょっと「ほう!」と思いました。

タイトルロールの前に、エンドマークとして「Fin」と出て来ます。フランス映画の「Fin(ファン)」とサメのひれ(fin)をかけてあるのです。そこだけは、洒落てましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2018年9月18日 (火)

「響 -HIBIKI-」:ビーンボールみたいなヤバい主人公

363105_004
映画『響 -HIBIKI-』は(原作はまったく未読ですが)予告編を見て「お!」と思い、実際に観てみたら予想以上の出来でした。「天才」をめぐる物語として、実にワクワクドキドキでした。

小生がいくらメガネっ娘好きだからと言って、このビジュアルまではちょっと・・・というような、イケてないどころか怪しい人って感じで登場する欅坂の平手友梨奈ですが、これはなかなか見ものですよ。まあ、よく言う「天才と狂人は紙一重」ってところで、異常かつ暴力的なヒロインをガチで演じ切ってます。ほとんど「ビーンボール」みたいなヤバいキャラクターです。

363105_005
原作が「マンガ大賞2017」の受賞作だそうですが、なるほど確かに面白いですもん。文芸という(時代遅れな)世界を舞台に、その光と影とを描きながら、ある種異形の「天才の物語」を、破天荒に成立させております。危険過ぎる主人公に、観る者もハラハラしながら、ラストまで一気に駆け抜ける感じです。細かく見ていけば「マンガだなあ」って所もありますけれど、そんなこと気にならないぐらいの生きの良い面白さです。それもこれも、この怪物的なキャラクターあったればこそ、なんですよねー。 

363105_002

監督は「青春映画の巨匠」みたいになってきた月川翔(なぜか哀川翔と一字違いですね)。シリアスもコミカルも手掛ける職人になってきましたね。

役者陣の中では北村有起哉や野間口徹が印象的でしたが、アヤカ・ウィルソンという懐かしい名前にも軽く驚きました。あの『パコと魔法の絵本』の少女が、こうなりましたかー。

363105_003
暗い汚れ役の小栗旬にもびっくり。『銀魂2』と二本立てにしていただきたい感じでした(柳楽優弥も両作に出ていることですし)。

そして、「小説を語るなら、読んでからにしろ。」という至極真っ当な事を伝えてもおります。「映画を語るなら、観てからにしろ。」ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2018年9月17日 (月)

「プーと大人になった僕」:風船を持ってると幸せ(なるほど)

364123_003
映画『プーと大人になった僕』の原題は、“Christopher Robin”。あのカリメロのクック・ロビンじゃなくて、あのプーさんのクリストファー・ロビンが主人公で、それがユアン・マクレガー(正しい発音としては、「マグレガー」だと思いますが)。さてどうなるか?

うーん、可もなく不可もなくぐらいの出来でした。ディズニーらしい仕上がりにはなっていましたが、大きな興奮や深い感動には至りませんでした。

364123_001

それにしも今年は世界的人気を持つな動物キャラクターものの実写化が相次いでますね。『ピーターラビット』と(続編とは言え)『パディントン2』と本作。3つともイギリスが舞台ってことも共通しております。ただ、今のCG技術ではリアルに生物(せいぶつ)寄りの表現に持って行けるのですが、本作はプーやイーヨーやピグレットらをあくまでも「ぬいぐるみ」として表現しています。そこが大変ユニークです。

364123_002
ディズニー・アニメのプーというよりは、ミルンの小説の挿絵のプーに似ています。で、プーさんの表情の一つ一つが小さくて(まあ、ぬいぐるみだから、大きな表情変化はできないわけですが)、「眉根を曇らせる」表情なんかができちゃったりして、まさに名優です。そしてプーさんの声は、日本版アニメで耳にこびりついたあの間の抜けた声ではなく、何だか知的な老人のようなしゃがれ声。だからこそ、プーの放つ言葉の一つ一つがやけに哲学的に聞こえます。「何もしないをする」とか、「風船を持っていると幸せな気持ちになる」とか・・・。こちらも「あ、そうかー。」とか「なるほど。」といちいち思ってしまいます。

364123_004
物語の結末は甘々で「めでたしめでたし」過ぎて、「んなバカな」って感じではありますが、もしかしたらそう思うのは大人の常識に毒されてしまったからかも知れませんね。プーさんに学ばねば・・・ですね。

それはそうと、もふもふの毛でハチミツまみれになっちゃうプーさんって、後が大変そうですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2018年9月16日 (日)

「この世界の片隅に」最終回&松本穂香「negative pop」

TBS日曜劇場『この世界の片隅に』が最終回を迎えました。始まる前から「なかなか映画(アニメ)版には勝てないよねえ」と思っていたのですが、まあそれはそうとして健闘したのではないでしょうか。これまた始まる前から、(アニメ版ですず役の)のんさんを主役に推す声が多く、小生も当然推していたのですが、松本穂香に決まったというニュースを読んで、「ああ、それも悪くないなあ」と思った次第。松本さんものんさんばりにぽかんとした人なので、すずさんには合っていました。そして、彼女なりのすずさん像を作り出しておりました。原作マンガの雰囲気に較べると、ちょっと美少女過ぎるきらいはありましたが、それでも「しみじみニヤニヤしとるんです」とか、終戦の後に大泣きするところとか、良かったですねえ。

岡田惠和の脚本でしたが、現代の人物からの視点を入れたあたりが賛否両論あると思います。でもそれ以外は、原作(というかアニメ版)に忠実に9話分を組み立てました。そして実写でこの時代の再現という高いハードルに挑んだスタッフですが、これまたかなりいい線で健闘したと思います。 岡田さんが『ひよっこ』の脚本家でもあったご縁なのか、松本穂香をはじめ伊藤沙莉、古館佑太郎と『ひよっこ』キャストが出演。プラス、なぜか『あまちゃん』キャストの宮本信子、塩見三省、木野花も出ておりましたね。

全体的にじんわりと良くって、戦争って辛い物なんだ、多くの悲劇を生むものなんだということと、平凡な生活のかけがえのなさを、庶民レベルの暮らしの中で描くという、原作の精神をしっかり受け継いで表現したドラマとなっておりました。それが辛い苦しい一辺倒ではなく、ユーモアたっぷりに、重くなりそうな場面も軽く描くところがこの作品の素晴らしさですよね。視聴率は振るわなかったかもしれないけど、作ることに意味があるドラマだったと思います。

_20180916_200702
ところで今日は渋谷のTSUTAYAで、松本穂香1stフォトブック『negative pop』の「お渡し会」イベントがあり、行ってまいりました。数日前に整理券を受け取っていた大江戸ですが、200番台でしたので、開始後30分ぐらいたって、順番が来ました。

_20180916_200827

ちゃんとサイン入りで(事前には「ランダムでサイン入り」となっていたのですが、彼女のインスタを見ると、頑張ってみんなサインしてくれたみたいでした)、それを手渡ししてくれます。「サイン入りがもらえて感激です」と伝えたら、「ピンクがお似合いですね」と言ってくれました(小生はピンクの麻シャツを着ていたのです)。わーい。

ほんの10秒足らずのことでしたが、とにかく、すっごくかわいくてキレイでしたよ! ナイス、松本さん!

あ、フォトブックの写真(撮影:丸谷嘉長)もバリエーションに富んで、とても魅力的でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月15日 (土)

NHK BSの「イニエスタまつり」に思う

今晩のNHK BS-1でやっていたJ1中継、ヴィッセル神戸vs.ガンバ大阪は、『今夜はたっぷりイニエスタ』と題した特別企画でした(普通の中継は102のサブチャンネルでやっていました)。とにかくイニエスタを追って、すべてイニエスタだけに絞ってという企画で、イニエスタだけを追うカメラを4台追加! 早野さんと森岡隆三さんの解説も(実況も)イニエスタのことだけ。画面は2分割、3分割となり、ゲーム映像に加えて、常にイニエスタのショットを映しているという、見たことのない世界でした。

NHKは昨年も浦和-FC東京戦で、両ゴールキーパーに焦点を絞った中継をやってくれて、なかなか面白い試みだったのですが、今回は1選手に絞ったわけです。そういえば、GK篇に続いてCB(センターバック)篇とかSB(サイドバック)篇とかやってくれるのかと思ったのですが、いまだにやってませんねえ。

まあ、基本的に試合の面白さは味わえないので、たまにしか見たくはないけど、たまにならオッケーっすよね。というか、ありがたい企画です。解説者も元一流選手なわけで、その経験から、イニエスタのプレイ一つ一つの分析をかなり細かくやってくれました。技術のこと、プレイの意図、相手選手や味方選手との関係などなど・・・、確かに勉強になります。

イニエスタは「さすが!!」と感心すべきスーパー・プレイをいくつも見せてくれました。そして、後半26分にピッチを去った(まだコンディションが万全ではないため)のですが、その後もけっこうベンチにいるイニエスタの顔を映し出したりしていました。 とにかく次元が違うので、神戸の選手たちが合わせられないのです。スーパーなパスが通っても、なかなかうまくいきません。今日はポドルスキが欠場だったので、ますます一人相撲の感がありました(まあ、神戸の得点シーンだけはうまくいきましたが)。それでも嫌な顔一つ見せずに、淡々とプレイし続けるイニエスタ。人格者です。

びっくりしたのが、71分に退くまで「スプリント回数」が0だったこと! 確かに、常にふらふらとゆっくり歩いているだけみたいな印象でした。 でも、解説者たちは「イニエスタの真似をすることが、子供たちとっても有益」みたいなことを言ってましたが、それは違うんじゃないかなー。彼のプレイスタイルは、イニエスタだからできる、イニエスタだから許されるものであって、そこらの選手や、ましてや子供たちが真似たら、それはサボってる、手を抜いてるってことにしかならないんじゃないかなー。真似しようったて、できるもんじゃありませんしね。 ずば抜けて高い才能のある選手たちがいないので、最初から最後まで一所懸命走って、全員でガツガツ守備をして球際で負けないように張り合って、体を張って守り抜くというベルマーレのサッカーを見慣れているだけに、今日の神戸なんか見てると、「よくこんなんでサッカーができるなあ」と思ってしまいましたもん(まあ、わかっていたことではありますが)。 あ、ちなみにガンバが2-1で神戸に逆転勝ちしました。←サッカーは11人でやるもんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月14日 (金)

今日の点取占い285

_20180914_223132_convert_2018091422
電気を消して暴れると危険です   2点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

泉屋クッキーズからのマッターホーン

Dsc_2810
久々の泉屋クッキーです。小さい缶をいただきました。♪あいうえ泉屋かきくけクッキー・・・です。オーセンティックそのものです。調べてみたら、「日本で初めてクッキーを販売した」のが泉屋なんですってね。さすがの老舗です。このトラッドな缶と、素朴な味。今もなお定番中の定番ですね。

などと思っていたら、泉屋って西の方の人はあまり知らないみたいですね。元来は麹町のお店であります。この浮き輪マークにも深い意味があるのですね。気になった人は調べてみよう。

Dsc_2811

てなわけで、この缶だと2個しか入っていない浮き輪みたいなクッキーって、このマークと連動していたのですね。子供の頃は気がつかなかったなあ。子供にはダントツ一番人気の浮き輪クッキーなんですけどね。 あ、それから泉屋の場合、「クッキー」じゃなくて「クッキーズ」って呼んでるんですよね。こだわるなあ。さすがです。 

Dsc_2909

そんな日々に、職場で学芸大学の老舗「マッターホーン」のクッキーを頂戴しました。だいたい同じサイズの小さな缶(やや細長いかな)なのですが、中身はこっちの方が(小ぶりなのが)ぎっしり詰まってます。

Dsc_2881_2

そして、地味な見てくれの割にうまいです。「あ、こっちの方がおいしい」って感じです。

Dsc_2906

そしてマッターホーンといえば、この女性のイラスト。缶や包装紙類についてます。そして謎の「す.」の字。これまた調べてみますと、鈴木信太郎という画伯の絵だそうですね。なんか困ったような情けない顔です。こういうのマンガで見たことあるような気がしてなりません。さくらももこさんも、時々わざと崩してこういうの描きますよね?

Dsc_2907

こういうことは続くもんで、今度は自宅にやって来ました、マッターホーンのバウムクーヘン。扇形の薄切りが2枚袋に入っているのですが、これは珍しいタイプですよ。

Dsc_2908

1センチもない薄切りですし、やけにしっとりと水分を含んでいます。そして、じんわりとおいしゅうございます。 これまた調べますと、大人気商品でお店でなかなか手に入らないのだとか。「へー、やっぱりねえ」と、うなずけるおいしさなのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

「きみの鳥はうたえる」:石橋静河が主演賞モノ

364270_001
映画『きみの鳥はうたえる』ってタイトルは、パッと見「うろたえる」みたいです(漢字使ってないから)。まあ、そんなことはどうでも良くて、本年指折りの秀作でした。『海炭市抒景』『そこのみにて光り輝く』『オーバーフェンス』と、映画化作品すべてがキネ旬ベストテンに入る高評価作となっている佐藤泰志原作による函館舞台映画の4本目。’80年代前半という原作を現代に置き換えて、でも函館という街の空気をしっかり感じさせながら、味わい深い作品に仕上がっています。大江戸的には、4本の中で一番好きかも知れません。

364270_009
とにかく、この4作品って(ということは、佐藤泰志原作がってことでしょうか)実に’70年代の日本映画の香りがするのです。あの時代のATG映画的と言ってもいいでしょう。でも日本映画って、本質的にああいう感じが最も得意なのではないかなあ、などとも思ってしまいます。でもまあ、ああいう鬱屈した作品って小生は嫌いだったりするので、CG映画やキラキラ映画の中にたまーにあるからいいのかも知れませんね。

364270_012
本作では石橋静河、柄本佑、染谷将太の3人(いずれも芸達者)がみんな素晴らしくナチュラルな演技を見せています。三人とも演技賞もののレベルです。中でも石橋は、昨年キネ旬の新人賞を獲ったばかりだというのに、ここでは主演女優賞狙えるんじゃないの?っていうような芝居です。『夜空はいつでも最高密度の青色だ』やTV『半分、青い。』の時は笑顔がほとんどない役だったのですが、この作品ではニコニコして躍動して輝いてます(笑顔って大事ですね)。もちろんそれだけじゃなくて、役者としての深みも広がりも出ています。堂々と主演してます。彼女、’70年代だったらATGに引っ張りだこだったでしょうね。さすがは原田美枝子の遺伝子です。

364270_002_2
今年34歳の三宅唱監督は、これまで大江戸のアンテナに引っかからないほど地味な公開のされ方の小規模な作品数本で注目されて来た方だそうですが、いやー、確かな演出力をお持ちです。今後が楽しみな監督です。

曖昧な、モヤモヤが残るようなラストも、これまたこの作品にふさわしいもので、何とも心に残るものとなっておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

«森保ジャパン初戦、3-0の完勝!