2020年4月10日 (金)

コンビニの変わりおにぎり×3   #担々麺おにぎり #かつ丼おにぎり #そばめしおにぎり

15865218914862 最近、と書こうとしたら「細菌」と変換されました。いやですね。まあ、細菌とウイルスは別物ですけれど。 気を取り直して、最近食べたコンビニおにぎり、しかも変わり種を3つご紹介(しばらく前に食べたのも含まれますが)。

15865219838223 まずはローソンで買った『担々麺 おいしい具だけを握った ここだけおにぎり』。これ、うまいっす。名前長いっす。たきこみごはん的な色の三角おにぎりの中心に具が入ってますが、まあ担担麺のひき肉部分ですよね。これが実に麻辣。ホワジャオの香りとピリ辛で、実にうまいっす。もちろん胡麻の香りも。これ大ぶりだし、ごはんにはいい感じに味がついてるし、かなり満足感の高い商品ではないでしょうか。

 

 

15865217370770_20200410234301 次にご紹介するのは、セブンイレブンの『おむすびどんぶり 特製かつ丼』。パッケージのサジェスチョンに従って、温めてから食します。おお、これは普通にかつ丼ですね。とんかつを玉ねぎとともに卵とじにしてあります。おにぎり部分は普通の白いごはん。

 15865218009611 なかなか結構です。主役を張れるタイプですね。ただ、冷たいとうまくなさそうです。取調べ室で刑事が「ほれ、かつ丼だ。」とこれを二つばかり冷たいままくれたら、ちょっと気分が萎えそうです。

 

 

 

15865221124614 そして最後にご紹介するのは、こちらもセブンイレブンの『そばめし ペヤングソースやきそば味』。パッケージも、あのペヤングの四角いパッケージのデザインに合わせております。

15865222409015 中を見れば、おお、確かにそばめしです。味はやきそばソースの味ですが、酢飯になってます。ショウガ味もします。チープなチープな感じが、いいっちゃいいところです。大江戸の好みからすれば、酢の味がしない方が良いかなあ。

 

てなわけで、おにぎり開発者の努力が感じられる商品たちでした。あくなき挑戦は、これからも続くのでしょう。

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

下北沢~世田谷代田の線路跡地   #小田急線線路跡地 #世田谷代田再開発 #ボーナストラック

15864377287336 現在の状況を受けて、当面1日おきの交代勤務になりました。なので、今日は家から1歩も出ず! 「おうちでのんびり」なんてのは大江戸の辞書にはありませんから、(病気の時以外は)初の体験です。接触率80%減どころじゃなくて、99.99%ぐらい減らせてます。

なので、これは数日前に走った時のレポートです。 小田急線の地下化に伴って、東北沢~下北沢~新代田あたりの線路跡地のスペースがいろいろと再開発されておりますね。まだ途上ではありますけど。

写真の中央奥に見えるのは、下北沢駅の南西口(栄えてない場所に新しくできた口です)。そこから世田谷代田方面に向かう最初の区画はまだ手つかずです。

 

15864377222145 でも、その反対側に目をやれば、路面駐車場の向こうにプレハブ的な、でもちょっとオシャレな建物が!

15864376981034 赤いダルマのマークに「BONUS TRACK」というロゴがついてます。これ、1棟だけじゃなくて同じような建物を揃えた長屋的商店街なんですと。飲食店ありーの、物販店ありーのです。

15864376888513 その中庭はこんなになってます。芝生と石畳、植物もこれから育ちそうです。小じゃれてますが、ちょっと住宅展示場テイストを感じないでもありません。

15864376808522  そのお隣には、こんな2階建ての建物。BONUS TRACKも2階建てでしたし、住宅街の中ってことで、景観に配慮しているのでしょうね。あ、それでこちらは保育園&幼稚園になるのだそうです。

その隣の世田谷代田駅そばのスペースはまだ工事フェンスに囲まれておりましたけど、なんと温泉旅館が誕生するそうです! ’20年9月オープン予定とのことです。

15864376710861 世田谷代田駅前には、あのカルディの「カフェ・カルディーノ」。輸入食品のカルディさんは、本社をはじめここらへんが本拠地ですからね。オシャレな黒い建物です。

15864376534880 そして環七を渡ってすぐの所には、東京農業大学の世田谷代田キャンパス。「東京農大オープンカレッジ」と書いてあります。

この先は、テラスハウスとか小さな公園とかが見えます。 うーん、どこまでも2階建てなのでありました。

 

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

桜のスイーツ・続編   #桜のスイーツ #さくらスイーツ #ミンティアSAKURA

15862325237181 大江戸は桜フレイバーのお菓子や飲食物が好きでして、今年も満開頃にご紹介しましたが、今日は桜のおしまい近くってことで、続編です。

(満開編はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-319112.html

 

まずはアサヒグループ食品の『ミンティア SAKURA』。淡いピンクのプラスティック・パッケージがよろしいじゃないですか。キュートじゃないですか。原材料名として「桜の花エキス粉末」が入っております。

_20200326_153238 そして、ご覧ください! 一粒一粒に桜の花がエンボスで浮き上がっております。こりゃー、おしゃれですぜ。フレイバーも桜ファンには、とってもいい感じです。

 

15862325011710 続いては、カルディのオリジナル商品『さくらあずきチョコ』。写真の左上にあるのは大豆みたいに見えますが、大豆よりも一回り大きいサイズで、桜葉パウダーをかけたホワイトチョコの中に、あずきの甘納豆が入っております。桜葉風味とあずきのハーモニーで、なんだか木村家のあんぱんを食べてる気分になりました。一つ一つが小ぶりなので、後を引く感じがあります。 ちなみにこれ、製造者は「でん六」さんでした。

 

15862325404512 カルディって、近年は3月になるとかなりの種類の桜アイテムを投入してきます。社長とか誰か有力な方が、桜ファンなのでしょうか?

で、こちらもカルディの『さくらかほるほろり』。三姉妹の名前みたいですね。さくらちゃん、かほるちゃん、ほろりちゃん?

15862325712003 正体はクッキー生地に桜風味のホワイトチョコレートを練り込んだもの。口の中でほろりと溶ける・・・かと思ったら、あんまり「ほろり」とはいかずに、多少ねちゃっとしてますね。お味の方も感心しませんでした。やっぱり、サクラならいいってもんじゃありませんよねえ。

 

そして、既に始まってますが、これからしばらくはこれまた大江戸の大好きな「桜えび」の季節なのでありまーす。

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

ウイルスシャットアウト:コロナ退治のお守り?   #ウイルスシャットアウト #ウイルス除去 

15862676792361 遂に出ましたね、東京の緊急事態宣言! 気分はちょっとだけ「戦時下」。まさに「有事」です。でもブルーになってる暇はありません。

てなわけで、今日から首にぶら下げてます。東亜産業という会社の『ウイルスシャットアウト』というウイルス除去・除菌のための商品です。近所の300円ショップで700円(+税)で買いました(特別価格ですね)。

亜塩素酸ナトリウム配合ってことで、身の回りの菌やウイルスを除去・除菌してくれるそうです。有効期限は30日。青いストラップもついていて、お守りみたいな形ですね。ま、人によっては「お守り」ととる人もいらっしゃることでしょう。

15862677094552 これ、大江戸はもともと似たような商品でクレベリンのペンタイプのやつをここ2-3年、冬場には使っていたのです。インフルエンザやノロ・タロ対策として。詰め替え用がなくなったので、先日ネットで見たら、すべて品切れ。あるいは、信じられないほどのバカ高値をふっかけて販売しておりました。しかも先週そのペンタイプをなくしてしまって、どうしようかと思っていたら、救世主のように目の前に現れたのがこれだったのです。

これで、大丈夫! と思いつつ、大江戸は過信しません。入念な手洗いと消毒、そして三密を心掛けて、タフな日々を生き抜いてまいる所存です。「天使のように大胆に 悪魔のように細心に」、冷静に事実を見て、過剰に怖がらず、でも決して甘く見ず、ですね。

 

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

ランニングと代々木公園閉鎖と桜   #一人でランニング #代々木公園閉鎖 #桜の吹き溜まり

_20200404_221154 土日に家にこもってるのって、運動不足になりがちですし、心の健康にもよろしくないですよね。なので、「一人でランニング」なら安全だし迷惑かからないしOKってことなので、走ってます。ま、疲弊するほど走ると免疫力が落ちそうなので、テキトーに走ってます。土曜なんて、ぽかぽかして気持ち良かったですよー。

15860061957400 でも久々に代々木公園に行ってみたら、いわゆる代々木公園として知られるスペースは全て「立入制限」となっておりました。3月27日よりってことで、うーむ、今年の園内の桜はあまり人目に触れることがなかったのですね。

そうなると気になったのが、この公園の西側の木々の間に住んでいるブルーテントの方々はどうなっているのか?ってこと。出入りができないとなると、(水やトイレはあるけれど)食料の調達はどうなっちゃうのでしょうか? サリンジャーの『キャッチャー・イン・ザ・ライ』でホールデンが、「冬になってセントラルパークの池に氷が張ると、鴨たちはどこへ行くんだろう?」と気にするようなもんですね。

_20200404_192725 ブルーテントがあるのは外から見えたのですが、中に人がいるのかいないのかどうなってるのかはわかりませんもんね。

 

 

 

 

15860064665982 てなわけで気を取り直して、家の近所の桜を見れば、まだまだ見ごろでキレイなもんです。こんな世界でも花は咲く。

15860648746280 そして、道の端に花びらが吹き溜まる時期になってきました。大江戸は咲き誇る花よりもむしろ、この風情の方が好きだったりするんですよねえ。素敵じゃありませんか。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

忌野清志郎トリビュート ナニワ・サリバン・ショー2020   #忌野清志郎 #キヨシロー #ナニワサリバンショー #のん #仲井戸麗市 #中條卓

昨夜NHK-BSプレミアムで放映された『忌野清志郎トリビュート! ナニワ・サリバン・ショー2020』を見ました。この1月にエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館をこう呼んでるんですね)で開催されたライブ。ナニワ・サリバン・ショーとは2001年に清志郎が始めたライブイベントで、タイトルは大阪でやるからってんで「エド・サリバン・ショー」をもじったというタダのだじゃれ。ここらのテキトーさが、いかにも清志郎&このメンバーって感じですね。このメンバーってのは、トータス松本、奥田民生、斉藤和義、YO-KING、寺岡呼人、浜崎貴司らで、まあその後の「カーリング・シトーンズ」につながっていくわけですね。あ、宮藤官九郎や間寛平や仲井戸麗市もいます。

で、今回は14年ぶり、そして清志郎がこの世を去ってから初めて行われるということで、メンバーにもリリー・フランキー、渡辺大知、のん らが加わっております。そしてみんながRCサクセションおよび忌野清志郎の曲を歌うトリビュート・ライブなのですが、RCや清志郎ファンの大江戸としては、よく知った曲が多く、体が弾むってもんです。

小生がお目当てののんは、まずトータス松本とのデュエットで『I LIKE YOU』。彼女のソロ・バージョンよりもアップテンポになっていました。 その後にソロで『プン・プン・プン(オコリンボ・リンボ)』。先日MTVで観た『NON KAIWA FES Vol.2』でも歌ってた曲ですね。 終盤には、アーティスト総出演の中で『ドカドカうるさいR&Rバンド』『雨上がりの夜空に』でもギターを弾きながら、ヴォーカルを数小節分担当しておりました。トータスさんはじめ、見事なヴォーカリスト揃いの中ではどうしても不安定な未熟さが目立ってしまいましたが、良い経験になったことでしょう。 昨年2月にクラブチッタ川崎でのんとチャボ(仲井戸麗市)がライブを行い、大江戸も参加しましたが、そのご縁でまた呼んでもらったのでしょうね。のんはキヨシローやRCが大好きですし。何よりも、サイコーに楽しそうにやっておりました。

チャボはMCで「(サックスの)梅津和時がいちばんのんちゃんに会いたがっていた」って事を言っておりました。いや、それにしてもドクトル梅津さん、相当なお年でしょうけれど(調べたら70歳でした!)、見事な肺活量で最高のサキソフォーンを聴かせてくれました。衰え知らずです。 そして、チャボやっぱり若いっす! 1950年生まれってことで、今年70歳になる!というのに、昔とほとんど変わりません。40代ぐらいにしか見えませんもん。スゴすぎます!  あと、インパクトが強烈だったのが、ベーシストの中條卓さん(シアター・ブルック)。GGトップみたいなすっごく長い白髪のヤギヒゲで、スタイリッシュなスーツ姿にメガネと帽子。終始こわばったような顔で、どんだけ年寄りかと思ったら、こちらは55歳でした。うーん、ミステリアスでカッコイイ人です。

キヨシローの大好きなオーティス・レディングの曲をトータス松本が歌ったり、ジェーームズ・ブラウンのマント・パフォーマンスもどきがあったりして、いやー、楽しいっす。 ステージの四方を取り巻いた客席とも一体化して盛り上がり、インタビューを含めて2時間に収めたバージョンではありましたが、大いに楽しめました。 そしてもし清志郎が今生きていたら、この新型コロナ禍の世の中にどういうメッセージを発したろうかとも思いました。 ああ、こういう楽しさをみんなでまた(ナマで)共有できる日が、一日も早く戻って来てくれますように!!

 

 

 

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

映画館が大変だあー   #映画館 #シネコン #映画館が大変 #映画館原理主義者

15859214069542_20200403225801 今日の日経夕刊の映画スケジュール(広告)。

なんだかわかりませんね。一部を拡大すると…

 

_20200403_225552 はい、あすあさっての土日は休館です。先週に引き続き休館です。春休みの稼ぎ時なのに休館です。

 

みんなそうです。ここに出ていないけど、TOHOシネマズだってピカデリーだって、あそこもあちらもあの館でさえも休館です。逆にここに出ていて、あすあさっても通常営業のシネスイッチ銀座、ギンレイホール、K'S CINEMAすげーな!って感じです。

映画自体も公開延期が次々と出て(そりゃそうですよね。今公開しても後悔するだけですもん←だじゃれ)、上映しててもまったくガラガラの状態ですもん。でも、大江戸がまだ行ってた頃も、映画館はソーシャル・ディスタンスがしっかり取れていて(館によっては、座席を一つおきにしています。それ以前にガラガラの所も多いので)、換気も強化して薄ら寒いほどで、みんなマスクしてるし会話もないし、電車内やスーパーマーケットよりもよっぽど安全だと思いましたけどね。映画館、日銭が入らなくて(小さい館、独立系の劇場ほど)ピンチだと思います。

15859239236050 TOHOシネマズ日本橋が緊急対応で、『ローマの休日』『ジョーズ』『E.T.』『ゴッドファーザー』などのテッパン旧作上映(+近過去の人気作上映)で乗り越えようとしてるタイムテーブルをネットで知って、驚きました(「午前十時の映画祭」何週分だよ!とネットでツッコまれておりました)。

 

ああ、いつになったらもとに戻るんでしょうかねえ。映画のあるあたりまえの日常のありがたさ、かけがえのなさを痛感する今日この頃。特に、テレビやPCのモニターじゃ納得いかない(もちろんタブレットやスマホじゃダメダメ)「映画館原理主義者」であるところの大江戸には、辛いところです。

 

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

伊藤銀次の『MAGIC TIME』   #伊藤銀次 #MAGICTIME 

15858348457800 先日、新アルバム『RAINBOW CHASER』を紹介した伊藤銀次ですが、彼が2017年秋に出していた(ことを最近知りました)アルバム『MAGIC TIME』を買いました。

(『RAINBOW CHASER』の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-197a6b.html

『RAINBOW CHASER』はミニアルバムぐらいの分量だったのですが、こちらは13曲入りとぎっしり。ほとんどは銀次自身の曲ですが、中に杉真理、売野雅勇、太田裕美らが詞を担当した曲もあったりします。で、相変わらずの銀次ワールドで、甘く軽快なポップ・チューン揃いです。ソロ・デビュー曲『BABY BLUE』を愛する者にとっては、『2017年のBABY BLUE』なんて曲は、こたえられませんね。わお!

しかしながら、1曲1曲の完成度、密度は『RAINBOW CHASER』の方がぐっと上。こっちは曲数が多いだけに、イマイチなのも混ざってますし。まあ、久々の「試運転」的なアルバムだったのかもですね。音の厚みということでは、ちょっと物足りないのです。

ジャケ写は、ジャクソン・ポロックのドリップ・ペインティング的な柄のGINJIギターなのでした。

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

ウイルス映画のこと   #ウイルス映画 #ブルースウィリス #復活の日 #カサンドラクロス #アウトブレイク #コンテイジョン

こんな時期だけに、ウイルスを題材にした映画の事を思ったりもします。『ダイ・ハード』とか『シックス・センス』のことじゃありませんよ。あの方はよく「ブルース・ウイルス」と誤記されておりますが、もちろん「ブルース・ウィリス」(Bruce Willis)です(と一応ボケておきます)。

例えば『復活の日』(1980)。言わずと知れた小松左京原作のSF。深作欣二監督が角川映画の大作として作りました。その海外タイトルは“Virus”=ウイルス です。主人公の草刈正雄がボロボロになって、杖をつきながら夕日の前でこっちを見るカットが有名ですね。あの草刈は、今にして思うと『なつぞら』の泰樹じいさんみたいです。調べなおしたら、あのウイルスは最初「イタリア風邪」ってことになっていたそうで…。うーむ。

例えば『カサンドラ・クロス』(1976)。2月に横浜港停泊中の客船ばかりがクロースアップされていた頃には、上下白の防護服とマスクで作業する人たちを見て、この映画を連想しました。乗り物の中に隔離された状態での、乗客たちの不安とか…。

そして『アウトブレイク』(1995)。“Outbreak”とは爆発的な感染のことなので、まあオーバーシュートみたいなもんですね。この作品、勉強になります。当時出始めのCGを使って、クシャミによって細菌が伝播していく様子が、よーく実感できます。ま、後半は普通のハリウッド流アクション映画になっちゃうんですよね(後半だけじゃないけど)。

あとスティーヴン・ソダーバーグ監督の『コンテイジョン』(2011)ってのがあるのですが、大江戸は見逃しております。予告(↓)を見ると、まさに今の状況っぽいので、今度の休みにでも見てみようかしらん。

https://youtu.be/fd8L-LC-QEM

 

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

「ノンストップフットボールの真実 第5&6章」:激動の日々

15854699907900 このような状況なので、TV番組を録画しておいて見てなかったのをどんどん消化しているのですが、2月に届いてまだ見ていなかった湘南ベルマーレのイヤーBlu-ray『ノンストップフットボールの真実 第6章 ー2019回帰-』を見ました。いろいろあった昨シーズンのあれこれを、試合やロッカールームやインタビューを通して描く114分です。

なにしろ、3つのとんでもなく大きな「事件」があったのが昨シーズン。1つ目は、浦和レッズ戦での幻の誤審ゴールからの魂の大逆転事件。2つ目は、曺貴裁監督のパワハラ疑惑からの退団事件。そして3つ目は、それ以降の成績急下降からのギリギリ残留事件(?)。いやー、ドラマチックです。 

特典DVD(こっちはDVDでして、較べるとやっぱり画質が悪いですね)として、例の浦和戦がフルマッチ入っております。いやー、何度見ても熱く感動します! こっちは116分と、本編よりも長いという…(笑)。

(こちらが、その浦和レッズ戦の本ブログの記事↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-8013fe.html

 

で、大江戸は結構この手のものを「積ん読」状態にしておくことが多くって、その前の2018シーズンのディスク『ノンストップフットボールの真実 第5章 -2018覚悟-』もこの2月に見たばっかりでした。2シーズン前の映像なので、「懐かしい」と言う言葉がフィットします。ここに写っているロッカールームでの激しい言い合いの熱さがかなり話題になったものですが、思えばこういう激しさ、厳しさがパワハラに結びつく部分も多かったのでしょうかねえ。ともあれ、クラブ創設50周年のシーズンでしたし、何と言ってもルヴァンカップ優勝で「湘南ベルマーレ」(ベルマーレ平塚ではなく)としては初のタイトルを獲得しましたから。

というわけで、こっちは本編+特典1「ルヴァンカップ決勝当日のドキュメンタリー」+特典2「2018シーズン全ゴール集」で合計181分。アナウンス等なしの現場音だけでフルマッチ入っているルヴァン決勝が、やはり感動的です。

(こちらが2018ルヴァンカップで優勝した時の記事↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-a09b.html

 

で、2020シーズンもこの未曽有の状況で、とんでもないことになっております。3シーズン連続のドラマチック!!! GET3!!!

| | コメント (0)

«佐野元春スーパー・ベスト「THE LEGEND」   #佐野元春 #佐野元春LEGEND #佐野元春スーパーベスト