2019年1月18日 (金)

アジア杯2&3戦目の日本代表   #アジアカップ #日本代表

サッカー・アジアカップの第2戦(vs.オマーン)と第3戦(vs.ウズベキスタン)をレアルタイムのTV放送で観ましたが、初戦(vs.トルクメニスタン)も含め、想定通りといった戦いぶりです。

グループリーグは苦しみながらも3連勝できるだろうと感じていましたし、森保監督は3戦目に控え組を出場させてターンオーバーを上手に使うだろうと思った通りでした。まあ、それは多くの人が思う所だと思います。そして、控え組が良いパフォーマンスを見せて勝つだろうというのも想定通り。問題はノックアウト・ステージに入ってからの4試合(あるはず)です。

オマーン戦の判定は(中東の試合にしては珍しく)日本有利の笛となりましたが、そういうこともある!ってところです。 内容的にも悪くなかったので、日本の「判定勝ち」に特段の問題はありません。しかしながら、フィニッシュを決められない悪い癖は、この世代においてもかあ!って感じ。大迫や中島がいたらどうだったろうか?と思わずにはいられなかったです。遠藤航は素晴らしかったなあ。北川航也は消極的で、物足りなかったなあ。

ウズベキスタン戦は、なかなか骨のある相手だったので苦戦しましたが、控え組が勝ちをもぎ取ったのは評価できます。ただその一方で、レギュラー組との実力差も見えてしまいましたし、(これはしょうがないとは言え)連携の悪さからボールロストする場面が多すぎたと思います。そんな中、伊東純也の度重なるスプリントは感動的でさえありました。でもその必死のスプリントを台無しにしていたのが、北川。どうにもこうにも、この人、(少なくとも現在のパフォーマンスは)代表レベルにあるとは思えません。「敵DFを引き付ける動き」で評価されたりしてますが、いやー、それほどのもんじゃありませんでしたよ。もう、代表に呼ばなくてよろしいかと思います。

決勝トーナメントまでに大迫の臀部は回復するのでしょうか? そこが一番のカギです。そして、GKはもうシュミット・ダニエル固定で行くべきだと思ってます、大江戸的には。グループリーグを見ての小生のおすすめ先発メンバーは、「GK=シュミット・ダニエル、DF=酒井宏樹、富安、吉田、長友、MF=遠藤、柴崎(or塩谷)、原口、FW=南野、大迫、堂安」でーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

「マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!」:'60's英国文化概論   #マイ・ジェネレーション #ロンドンをぶっとばせ! #マイケル・ケイン

T0023546p
映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』は、マイケル・ケインがプロデューサーも兼ねた「ワシの若い頃は」映画。1960年代、つまり“Swingin' London”と言われた頃の「思い出の記」とでも申しましょうか、かなり目立ってます、マイケル。そして、やっぱり凄い時代だったんですねえ。

タイトルは当然ザ・フーの名曲から取ってますし、ビートルズ、ストーンズ。ザ・フーという「御三家」の映像もしっかり入ってます。ただ音楽に関してはちょこちょこっとだけで、随分と食い足りないですね。かと言ってどこに厚みを書けたのかというと、どこでもないんですね。映画も音楽もポップアートも写真もファッションもヘアメイクも・・・と、当時の文化が一通りフルコースで紹介されるのですが、その一皿一皿はかなり小盛りって印象です。

Main
まあ、今の若者たちに当時の空気を感じさせながら、「’60年代英国カルチャー概論」をざっくりとわかってもらうには、ちょうどいい教材なのかも知れません。その分、深く知ろうとする人や当時をよく知る人には、フラストレーションがたまる作品かも。

それにしても、若きマイケルも、ツィギーも、マリアンヌ・フェイスフルも、みんな何回りか回って今カッコイイしキュートですよね。マイケル以外は声の出演だけで、現在の姿を見せないという手法も、地味に奏功していると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」:衣装はグッド   #ファンタビ

363669_003
今頃ではありますが、しばらく前に観た『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』について、書かねばなりますまい。うーん、つまんなかったなあ。小生はそもそも『ハリー・ポッター』シリーズを(全作観ましたが)ほとんど面白いと思えていないので、いわんやこの作品をや、って感じです。ファンはきっと好きな世界なのでしょうけれど、そうでない人にとってはねえ・・・。あ、期待してなかったから、観るのも遅くなってしまったんだなあ。

363669_002

物語が全く頭に入って来ません。第1作では、ちょっといい感じのラブストーリーだとか、ユーモアたっぷりのヘンテコ動物だとか、それなりの面白さがあったのですが、今回はもう何がどうなってるのかよくわからなかったし、それでも大勢に影響はないって感じでもありましたから。現代の子供たちが、娯楽映画のスタンダードをこのあたりに置いてしまうとしたら、それは恐ろしいことです。娯楽映画って、本来もっと単純明快で、もっとワクワクするほど面白いものなんだよー。

363669_004

トーンとしても暗いし、この程度のVFXにはもう目が慣れて、どうってことないとしか思えないし、134分がやけに長く感じられました。

363669_005

唯一良かった(と言っては身も蓋もありませんが) のは衣装。いいなあ、凝ってるなあ…などと思って観ていましたが、エンドタイトルに衣装=コリーン・アトウッドの名前を発見して納得。『シカゴ』『ナイン』からティム・バートン作品の数々を手掛けた名手です。でもこの人、『ファンタビ』第1作も担当してたようですね。そっちの印象は特にないなあ。

ああ、それにしても、これ5部作なんですって? 次回以降観るのやめちゃうかもなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2019年1月15日 (火)

大久保-早稲田-雑司ヶ谷ランと、走ることについて  #ランニング #都内を走る #なぜ走る

2月17日の青梅マラソン(30㎞)まで、あとひと月ちょっと。おととしの東京マラソン以来久々にレースに出るので、何とか完走できる程度に調整しようと、昨日は2時間45分程都内を走りました。

_20190114_183401_convert_2019011522
自宅からまずは新宿まで3-40分かけて走りまして、その後は大久保/東新宿あたりから明治通りに入って、西早稲田から雑司ヶ谷方面へ。

都電荒川線(最近は「東京さくらトラム」とか言うんですよね)の新しい車両。おお、休日は今でも正面に国旗なんかつけて走るんですね。

_20190114_183419_convert_2019011522

雑司ヶ谷墓地のそばまで来ての折り返し。すぐそばの鬼子母神をお詣り。この界隈は、『獣になれない私たち』のロケで使われていたんですよねー。

_20190114_184048_convert_2019011522

境内にある駄菓子の上川口屋さんは、いまだ健在でした。

_20190114_183533_convert_2019011522

冬場の神田川は寒そうです。高田馬場の南の方。

_20190114_183635_convert_20190115_2

おお、早稲田松竹だあ! 学生時代は何度も訪れた名画座が、いまだに同じ平屋一戸建てで存在し続けているとは、嬉しいじゃありませんか。すごいなあ。

_20190114_183932_convert_2019011522

そして大久保公園を抜けて、少し迷いながら大久保へ。うわー、凄い人だかり。歩道がほとんど人でぎっしり。歩きにくい状況でした。若い女の子率が異様に高くって、特にブームのホットグ屋さんの前には、長蛇の列! 大久保~新大久保は近年ネパールの進出がめざましいって聞いたのですが、いやいややっぱり韓国です。だって、住宅街の狭い道にまで女の子たちがあふれてましたもん。びっくりです。

てなわけで、ゆっくりのランでしたが、調整は順調。今や、スピードだ記録だはどうでも良くて、とにかく無事完走したい気持ちだけです。なぜ走ってるんだろう?と考えると、最近はシンプルに答えが出て来ます。健康管理と体型維持のためなんですよね。やっぱり少しは走ってないと、体重や体脂肪が増えちゃいますし、筋肉を衰えさせない効果ももちろんあります。そして、体のためにも、体と密接につながっている心のためにも、適度に走るってことは良いことです。精神的にちょっと参ってる時に走ると、重苦しいモヤモヤが確実に汗と一緒に流れ出ていきますもん。 ただ、走り過ぎたり、無理をしたり、何かを目指したりするのは、かえって心にも体にも良くないので、それはもうやめています。「楽しく、ゆっくり、少しだけ」、これからもそういうスローガンで走って行こうと思っております。

じゃあなぜレースに出るのかというと、基本は出なくてもいいんですけど、1年に1回ぐらいレースで普段走らない長距離を走るようにしておかないと、それに備えた練習もしなくなるし、そうすると短い距離のゆっくりジョグばかりになって(おまけに走る頻度も少ないもんだから)、現在の体や筋力をキープできなくなるからなのです。少しはちゃんと走る(練習する)ためのモチベーションとして、なのですね。まあ、そんなもんは年に一度ぐらいってことで(十分とは言えないにせよ)手を打ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

日本インターネット映画大賞2018投票   #日本インターネット映画大賞

えー、毎年恒例の「日本インターネット映画大賞」に投票する記事です(投票規定が色々変わりました)。昨日のマイ・トップテンと基本的にはほとんどかぶってますが、定型フォーマットでブログをアップしての投票となりますゆえ、ご寛容ください。

日本インターネット映画大賞のサイトはこちら↓

http://www.movieawards.jp/

----------------------

日本映画

【日本映画作品賞】(3本以上10本まで)順位(点数記入なし)、作品数(順位を削除し点数記入なし)、自由採点(点数記入)から選ぶ
1位  「寝ても覚めても」   
2位  「日日是好日」    
3位  「万引き家族」    
4位  「君の鳥はうたえる」    
5位  「ここは退屈迎えに来て」   
6位  「犬猿」    
7位  「SUNNY サニー 強い気持ち・強い愛」    
8位  「リバーズ・エッジ」    
9位  「カメラを止めるな!」    
10位  「響 -HIBIKI-」    

【コメント】  邦画は1年ごとに豊作と不作が入れ替わる。去年は豊作でした。ベテラン、中堅、若手の監督が、それぞれ志を持って素晴らしい成果を残しました。でも、前年大活躍だった女性監督が妙に目立たなかったのは、なぜなのでしょうか?  その中で、『寝ても覚めても』のあのシーンの衝撃は、ただならぬものでした。わが目を疑う凄さがありました。人間って不思議。 反対に、何も起こらない『日日是好日』みたいな、平穏な日々の素晴らしさを美しく描いた映画も、元来大好きです。 そして、『万引き家族』における是枝の社会性と問題意識も、高く評価すべきだと思います。

【日本映画監督賞】          
   [濱口竜介(寝ても覚めても)]
【コメント】  ドキュメンタリー風の『ハッピー・アワー』とは作風を変えて、でもそれが非常に高いレベルで成功している凄さ。これからどんどん「世界のハマグチ」になっていきそうです。  

【日本映画主演男優賞】
   [岡田准一(散り椿)]
【コメント】  無精ひげと男っぽさと剣の鋭さと・・・、なんだか『用心棒』や『椿三十郎』の三船敏郎を見る思いでした。

【日本映画主演女優賞】
   [黒木華(日日是好日)]
【コメント】   主演作が続きましたが、どれも演技が違って、どれも巧い! 『来る』なんか、死に顔まで巧かったですもん。

【日本映画助演男優賞】
   [吉沢亮(リバーズ・エッジ)]
【コメント】   神秘性と無表情の下の狂気。

【日本映画助演女優賞】
   [森川葵(リバーズ・エッジ)]
【コメント】  ブリッ子キャラが 狂気に堕ちていく、そのブッ壊れ方がコワイです。

【日本映画ニューフェイスブレイク賞】
   [唐田えりか(寝ても覚めても)]
【コメント】   彼女にこの役を与えた濱口監督もすごいけれど、その期待に応えた唐田さんも只者ではありません。「虫も殺さぬ顔」が、効いてました。

【日本映画音楽賞】
  「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」
【コメント】  映画と言うよりは「コンテンツ」なのだと思いますが、他に思いつかなかったもので・・・。

外国映画

【外国映画作品賞】(3本以上10本まで)順位(点数記入なし)、作品数(順位を削除し点数記入なし)、自由採点(点数記入)から選ぶ
1位  「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」    
2位  「それから」    
3位  「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」    
4位  「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」    
5位  「サバービコン 仮面を被った街」    
6位  「グッバイ・ゴダール!」    
7位  「夜の浜辺にひとり」    
8位  「シェイプ・オブ・ウォーター」    
9位  「スリー・ビルボード」    
10位  「女と男と観覧車」

     
【コメント】   良い作品は多いのですが、ベストテン上位にふさわしい作品となると少なくて、ましてや1位にふさわしい作品がなくて困りました。でもスピルバーグがが1位だと座りが良いというか・・・。前年の『ブリッジ・オブ・スパイ』に続く秀作で、ここに来てのスピルバーグ復活は、嬉しい限りです(70代ですからね!)。 

【外国映画 ベストインパクト賞】
   [ホン・サンス]
【コメント】   今更ながらホン・サンスにハマってしまいました。あの、グダグダした酒席の会話の名人芸!男と女の微妙な心理の綾。連続公開の4作品に主演したキム・ミニも魅力的でした。 

-----------------------------------------------------------------

【大江戸時夫が選ぶベスト・エンド・クレジット賞】
   [来る]
【コメント】   黒地に白文字でスタッフ・キャスト等を小さく数十人分ずつ入れ込んだものを、数枚ダン!、ダン!とたたみ重ねて、終わり。いやー、簡潔。ハリウッドにも見習ってもらいたいと思います。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

2018洋画トップテン   #2018外国映画ベストテン

日本映画篇に引き続きまして、外国映画篇です。

1.ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(スティーヴン・スピルバーグ)  2.それから(ホン・サンス)  3.バトル・オブ・ザ・セクシーズ(ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス)   4.アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル(クレイグ・ギレスピー)  5.サバービコン 仮面を被った街(ジョージ・クルーニー)  6.グッバイ・ゴダール!(ミシェル・アザナビシウス)  7.夜の浜辺にひとり(ホン・サンス)  8.シェイプ・オブ・ウォーター(ギレルモ・デル・トロ)  9.スリー・ビルボード(マーティン・マクドナー)  10.女と男の観覧車(ウディ・アレン)  次点.正しい日|間違えた日(ホン・サンス)  

<その他の記憶すべき作品>  リメンバー・ミー  ワンダー 君は太陽  デトロイト  ファントム・スレッド  ミッション:インポッシブル フォールアウト  オーシャンズ8  シュガーラッシュ:オンライン  ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男  5時17分、パリ行き  苦い銭  モリーズ・ゲーム  ボヘミアン・ラプソディ  search サーチ  判決 ふたつの希望  華氏119  バッド・ジーニアス 危険な天才たち  ジュラシック・ワールド 炎の王国

監督賞:スティーブン・スピルバーグ(ペンタゴン・ペーパーズ)   脚本賞:リズ・ハンナ、ジョシュ・シンガー(ペンタゴン・ペーパーズ)   撮影賞:ヴィットリオ・ストラーロ(女と男の観覧車)   主演女優賞:フランシス・マクドーマンド(スリー・ビルボード)   主演男優賞:ゲイリー・オールドマン(ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男)   助演女優賞:レスリー・マンヴィル(ファントム・スレッド)   助演男優賞:イドリス・シルバ(モリーズ・ゲーム)、アラン・カミング(バトル・オブ・ザ・セクシーズ)   新人賞:該当者なし

邦画とは反対に、決め手に欠ける洋画部門。なかなか良い作品は多いのですが、ベストテン上位にふさわしい作品となると少なくて、ましてや1位にふさわしい作品がなくて困りました。でもスピルバーグがが1位だと座りが良いというか・・・。前年の『ブリッジ・オブ・スパイ』に続く秀作で、ここに来てのスピルバーグ復活は、嬉しい限りです(70代ですからね!)。 小生は、今更ホン・サンスにハマってしまいました。あの、グダグダした酒席の会話の名人芸!キム・ミニも魅力的でした。

ちなみに『キネマ旬報』ベストテンがようやく、「12/31までの公開作」という暦年対象に改めてくれたのは、良かったと思います。今までは自分の暦年テンともズレるし、よろしくないと言い続けて来たので。

(邦画篇はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/2018-7e44.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2018邦画トップテン   #2018日本映画ベストテン

 大江戸時夫の年間トップテン映画 of 2018年。今年はいつもより早めに片がつきました(ま、「インターネット映画大賞」の締め切りが早いってこともあったんですけど)。 まずは邦画篇から。(  )内は監督名です。

1.寝ても覚めても(濱口竜介)    2.日日是好日(大森立嗣)  3.万引き家族(是枝裕和)  4.君の鳥はうたえる(三宅唱)  5.ここは退屈迎えに来て(廣木隆一)  6.犬猿(吉田恵輔)  7.SUNNY サニー 強い気持ち・強い愛 (大根仁)  8.リバーズ・エッジ(行定勲)  9.カメラを止めるな!(上田慎一郎)  10.響 -HIBIKI-(月川翔)  次点.孤狼の血(白石和彌)  

<その他の記憶すべき作品>  サニー/32  散り椿  生きてるだけで、愛  素敵なダイナマイトスキャンダル  ちはやふる 結び  ミスミソウ  リズと青い鳥  恋は雨上がりのように  50回目のファーストキス  検察側の罪人  愛しのアイリーン  教誨師  souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~

監督賞:濱口竜介(寝ても覚めても)   脚本賞:田中幸子、濱口竜介(寝ても覚めても)   撮影賞:近藤龍人(万引き家族)   主演女優賞:黒木華(日日是好日)  主演男優賞:岡田准一(散り椿)   助演女優賞:森川葵(リバーズ・エッジ)、山下リオ(寝ても覚めても)   助演男優賞:吉沢亮(リバーズ・エッジ)   新人賞:唐田えりか(寝ても覚めても)  

邦画は1年ごとに豊作と不作が入れ替わる。去年は豊作でした。ベテラン、中堅、若手の監督が、それぞれ志を持って素晴らしい成果を残しました。でも、前年大活躍だった女性監督が妙に目立たなかったのは、なぜなのでしょうか? 

その中で、『寝ても覚めても』のあのシーンの衝撃は、ただならぬものでした。わが目を疑う凄さがありました。人間って不思議。 反対に、何も起こらない『日日是好日』みたいな、平穏な日々の素晴らしさを美しく描いた映画も、元来大好きです。 そして、『万引き家族』における是枝の社会性と問題意識も、高く評価すべきだと思います。

次は洋画篇です!(↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/2018-f765.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2019年1月12日 (土)

「シュガーラッシュ:オンライン」:諧謔と風刺と教育と娯楽   #シュガーラッシュ:オンライン

363762_002_2
映画『シュガーラッシュ:オンライン』、面白かったー。予想より全然面白かったー。大江戸は第1作の『シュガーラッシュ』を観逃していたのですが(だって、ヴァネロペはいいとして、あのガリガリ君みたいな雑で頭悪そうな大男がねえ・・・)、問題なく楽しめましたし、色々と感心しました。

363762_003

とにかく、このインターネット空間のアニメ化が上手にできておりまして、あ、これはあの現象をこう置き換えたのね・・・っていうような工夫だらけ。かなり頭の良い脚本と映像クリエイティブです。ゲーム内のカーチェイスの場面なんて、ホントド迫力で、すっごいクォリティーでしたから。

363762_005
クライマックスでウィルス化したラルフが無数に寄り集まって巨大なラルフ怪人になったあたりの描写は、かなり凄かったです。お見事!

そして、プリンセスの部屋! この諧謔精神!いやー、笑えます。極めて当世風でもあります。広告コピーにあったように、「ディズニー、ここまでやる!?」って感じでした。

363762_006

王女たち以外にも、ストーム・トゥルーパーとかC-3POとか『スター・ウォーズ』キャラも出ていたし、とにかくパロディ精神や風刺精神や何でもあり(だけど品は落とさない)の娯楽魂には、感心しちゃいます。楽しませてもらいました。 アラン・メンケン大先生まで引っ張り出したミュージカル場面は、もうただただ感服。最高です。

ヴァネロペとラルフの名バディぶりもステキですし、色々と教育的な側面があるのも結構ですね。 ただ、エンドタイトルロール途中のおまけ映像のブラックさは何なの?(まあ、篇中にもかなりダーク&ビザールなキャラクターが出ておりましたっけ。)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2019年1月11日 (金)

「家(うち)へ帰ろう」:「幸せの黄色いハンカチ」みたいで・・・   #家へ帰ろう

365666_001
この『家(うち)へ帰ろう』という映画タイトルを見ると、小生なんぞは竹内まりやの『家に帰ろう マイ・スイート・ホーム』を思い出してしまうのですが、それとはまったく関係のないアルゼンチン映画です。ガンコじいいさんが主人公です。

365666_002

とにかくこの人が頑固ジジイであり、むしろ意地悪ジジイだったりもするのです。映画だからいいけれど、実際に近くにいたら、いやだなあ。 で、このじいさんのロード・ムービーです。ブエノスアイレスからマドリッドへ、そこからヨーロッパを横断してポーランドに向かう旅です。

365666_007
マドリッドのホテルの女主人は、なんだかペネロペ・クルズがおばあちゃんになったらこうだろうなって顔をしておりました。なかなかにゴージャスです。

ユーモアもシリアスな雰囲気も両方出しながら、映画は進行していきます。そして、だんだんとナチスのホロコーストの黒い影が広がっていくのです。ただ、それは「思い出」の範疇で描かれています(じいさんは真剣なのですが)。

365666_005

宣伝ではラストがメチャメチャ泣けて、感動するみたいなことが懸かれていますが、大江戸は(それで構えてしまったためか)泣けませんでした。内容的にも、無理矢理「泣かせ」の場面を用意したみたいな感じでねえ・・・。 (以降ネタバレあり) 間近になってじいさんが尻込みするところとか、あたかも『幸せの黄色いハンカチ』のごとしですから。感覚的によーく似てましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2019年1月10日 (木)

「片岡鶴太郎展 顔-faces-」@松屋銀座

_20190109_233617_2
松屋銀座で『片岡鶴太郎展 顔-faces-』(~1/14)を観ました。この会場で、2014年に開催された鶴太郎展で、そのクォリティに衝撃を受けた大江戸ですが(↓)、

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-24e2.html

今回も見事な作品、見事な展覧会でした。

_20190109_190747

あの頃とは違って、展覧会場内の撮影もOKになってました。前回展以降の作品を中心に、代表作もきっちり展示。見応えのある展覧会でありました。

_20190109_190941

タブロー、屏風、掛け軸などが中心ですが、前回の時にはまだ習作段階だった油絵も、今回はものにしておりました。静物もさることながら、東京の風景を描いた油絵などは、何とも言えぬ郷愁が漂っておりましたね。

Dsc_3333
会場内各所にはオリジナル映像やインタビューもあるのですが、鶴太郎が5人(+α)にものまねで扮し、おバカなギャグを披露する映像もあり、「わー、(アーティストとして名を馳せた)今でもこういうことやるんだ。」と、ちょっと驚いてしまいました。だって、岡本太郎とか安藤忠雄とか加藤一二三とかに扮して顔マネしながら、アーティストとしての自分の価値を下げちゃいそうなバカをやってるんですよー。びっくり。

_20190109_191024
今回のメイン作品である赤富士をCG技術で加工して、鯉を絡ませた映像作品とかも魅力的ですし、赤い壁の「椿の回廊」なるコーナーにも感服しました。ほんと、鶴太郎さんスゴイですわ。

Dsc_3334
会場の最後には、現場で壁面に描いたという猪の絵もありました。これ、(仮設会場なので)解体する時にはどうするのでしょうかねえ。

_20190109_190911

今回の展覧会で、小生が一番気に入ったのは、(写真はありませんが)倒れたとっくりの絵に筆文字が添えてある作品で、「徳利は転けても三分残る」ってやつ。「こけても」と読むのでしょうね。事業や仕事やその他の事で失敗しても、何か残っているものはあるはずだから、まだ大丈夫。またやり直せる、ぐらいの意味なのでしょうが、非常に味のある言葉だと感銘を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«アジア杯、日本はなんとか白星発進   #アジアカップ  #日本代表