2019年11月15日 (金)

ミュージカル「ファントム」   #ファントム #赤坂ACTシアター #城田優

_20191115_100837768x970 赤坂ACTシアターで、ミュージカル『ファントム』を鑑賞しました。あの『オペラ座の怪人』と同じ原作(ガストン・ルルー)から作られたってことで、サブタイトルにも「もうひとつのオペラ座の怪人」とあります。

今回は15年ぶりの再演だそうで、城田優が主役(ダブルキャスト)と演出を務めています。で、観る前は「どうせ本家『オペラ座の怪人』のパチモンだろう」ぐらいの気持ちでいたのですが、いやー、なかなかどうして、楽しめました。小生は以前ニューヨークのブロードウェイで『オペラ座の怪人』を観ておりますが、あれと比べても勝ってるんじゃないでしょうか(まあ好き好きですが)。こちらの方が明るくて笑える場面も多くて、ラブロマンス的場面も多いのです。『オペラ座の怪人』は、何しろ暗くて悲痛ですから。

_20191115_1006561024x623

その点『ファントム』は、通俗の良さで引っ張っていきます。わかりやすい筋立てと、笑いとロマンスと紅涙を絞る終幕。なんだかんだ、終盤は感動します。周囲にも泣いてる人が結構いました、ってゆーか大江戸自身、涙腺に来ました。

で、思ったんですが、この話って歌舞伎になりますよね。『芝居小屋の怪人』みたいな…。色恋と親子の情愛と因果のある悲劇で。大衆受けしそうな演出も、いろいろと歌舞伎的でしたし…。 1幕目の最後で、『オペラ座』のようにシャンデリアこそ落ちて来ませんでしたが、城田優がワイアーでスーッと落下して来ました。

20分の休憩を入れて3時間ちょうど。カーテンコールでは、2回目にスタンディングオベーションになり、力強い拍手が鳴りやまず、3回目には城田優が「やったぜ!」って感じで拳を突き上げていました。まあ、商業演劇としてなかなか良く出来ていると思いましたよ。でも小生の好きな翻案は、もちろん映画『ファントム・オブ・パラダイス』ですけどね。

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

日本のキルギス戦勝利と、新ユニいいじゃん   #サッカー日本代表 #日本対キルギス #新ユニフォーム

サッカー日本代表のFIFAワールドカップ2次予選第4戦は、アウェイでの対キルギス戦。2-0で問題なく勝ちましたが、物足りなさの残る試合でもありました。とにかくデコボコの荒れたピッチで、しかも粘土質だそうで、ミスが起こりやすい状態。パスに頼る質の高いプレイが出しにくい中で、それなりに対応してそれなりに勝ったという印象です。

だって、PKとFKによる2得点で、流れの中からは1点も奪えませんでしたから。先発でチャンスを与えられた永井謙佑も伊東純也も、更には久々先発の原口元気も遠藤航も植田直通も大きなインパクトは残せませんでした。まあ、常に出ている酒井、長友も今一つのパフォーマンスだったんで、難しい試合だったんでしょうね。好セーブを連発したGK権田が今日一番のインパクトだったことは、衆目の一致するところでありましょう。こんなことなら、もっと珍しい選手を使った方が良かったのに(浅野とか室屋とか安西とか)。

まあ、とは言え4連勝のグループ首位で2次予選を折り返し、現時点で無失点でもあります。2次予選の間は、できるだけ多くの選手を試して、育てていきましょうね。

ところで、(女子は先日先にお披露目しましたが)日本の新ユニフォームがお披露目となりましたね。「日本晴れ」がテーマだという斬新なデザインのもの。ネットではずいぶん非難されておりましたが、大江戸は好きです、コレ。だって、これまでにない新しさがあるし、色がキレイ。「空のコラージュ」というフロント部分もそうですし、背中部分のライトブルーとピンク系の背番号とサイドのアディダス・ラインの色の組み合わせも気持ちが良いです。そしてその色とソックスが同じ色だってのも、これまでになく素敵です。ここのところ続いていた深い(紺寄りの)ブルーから、軽やかで明るいブルーへの変更と、ポップに攻めたスカイ・コラージュ(ここは迷彩と言わずにおきたい)。反対派の人も、だんだん目が慣れて来ると(そしてチームが強ければ)、良くなって来ますよん。

| | コメント (0)

2019年11月13日 (水)

『キューブリックに愛された男』『キューブリックに魅せられた男』:一将なりて万骨枯る   #キューブリックに愛された男 #キューブリックに魅せられた男 キューブリック

T0024325p ドキュメンタリー映画『キューブリックに愛された男』と、その姉妹作のような『キューブリックに魅せられた男』が二本立的に同時公開されております。1999年にスタンリー・キューブリックが没してから20周年を記念しての公開ということで、キューブリック・ファンとしては嬉しいのですが…。

でも嬉しさも中ぐらいと言うか、この両作を観てると、スタンリーの「天才」が多くの人の犠牲の上に成り立っているのだということがわかって、ちょっと複雑な気持ちになります。まさに「一将成りて万骨枯る」ですね。

 

『キューブリックに愛された男』では、イタリア人の専属運転手兼雑用係のエミリオ・ダレッサンドロ(とその妻)が、あれこれとこき使われた日々を回想します。この人が映画好きじゃなかったので(キューブリック作品を全然観ていたなかった!)、映画ファン的な視点から観ると、物足りなさが残ります。でもまあ、面白い証言です。全面的献身を求めるキューブリックの只者じゃなさがわかります。それに応えたエミリオと、謎の友情めいたもの。まあ、こんな人生もあるってところですね。

T0024326p

そして『キューブリックに魅せられた男』は、もっと超パワハラ的な献身を余儀なくされた男=レオン・ヴィターリの超絶人生のドキュメンタリー。これは、ほとんど奴隷です。よく死ななかったもんです。その代わりハゲちゃって、老いさらばえました。でも、結局それを自分から求めに行っていて、今も全然後悔していないあたりに、人間の不可思議があります。昔からキューブリックの作品コントロールは徹底していて、ポスターから字幕に至るまですべて細かいチェックが入ると聞いたことがありますが、こういうことだったんですね。でも、大なり小なり世の中にはこういう人っていますよね。大スターのマネージャーとか…。逆に言えば、そういう人がいるからこそ、天才や大スターが存在していけるのだという…。「人並みはずれた献身が伝説を生む(ことが多い)」--今作った大江戸の名言です。

こっちの作品の方が、『愛された男』よりもワンランク上だと思います。 それはそうと、『シャイニング』のダニー坊やが、あんなおっさんになっちゃたのかー!という衝撃シーンと、ライアン・オニールって、こんな太目のじいさんになっちゃたのかー!という驚愕シーンがあって、観逃せないですよ。

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

「CLIMAX クライマックス」:圧巻ダンスと反麻薬キャンペーン映画   #クライマックス #ギャスパーノエ

1 映画『CLIMAX クライマックス』は相変わらず過激な問題児ギャスパー・ノエの新作。56歳になるというのに、枯れませんね全然。むしろ更にクレイジー。初めの方でエンドロールを流したり、中頃に出演者たちのクレジットを出したり、終盤にはカメラを天地ひっくり返すあたりのヤンチャぶりも、まさに悪童です。

冒頭の正面からの長回しで描いたダンス・シーンが圧巻! すっごいテクニックとすっごい運動量で、ここまでレベルの高いダンスを映画で観たことはありません。ってほど、とにかくスゴイんです。このダンス・シーンは中盤にももう一度、今度は真上からの俯瞰長回しで描かれます。それもまた凄いんですよねえ。

 

2_20191112233401 というダンス映画の側面も大きい本作ですが、本筋は実話が元になったというリアルなホラー。で、ギャスパー・ノエなんで、とっても嫌悪感あふれるテイストで描かれる地獄巡りとなております。二度は観たくないですね(ダンス・シーンは何度でも観たいぐらいですけど)。地獄巡りがほとんど1カットの長回しで屋敷内の各部屋や通路を巡っていくのも、「いつまでも終わらない」恐怖と苦痛を実感させてくれます。悪夢ですね。

 

3_20191112234501 というわけで、この作品は最高に教育的な麻薬撲滅キャンペーン映画となっております。薬物の恐ろしさをこれほどリアルに感じさせてくれる作品も、かつてなかったと思いますもん。R-18指定になっているのが残念で、若い層に観てもらいたいと語ったギャスパー・ノエ。小生も同意見です(そもそもR-18指定になったのも「なんで?」な気もしますが)。まあ、トラウマにはなっちゃいそうですけどね。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

「空の青さを知る人よ」:妙に照れくさい感じ   #空の青さを知る人よ #長井龍雪

367707_003 映画『空の青さを知る人よ』は、注目の長井龍雪監督作品ですが、うーん、イマイチです。まあ、大江戸はこの監督の『心が叫びたがってるんだ。』もあまり評価していないので、あまり合わないのかも知れませんね(『あの花』は未見なのです)。

絵は別に好きでも嫌いでもないんですが、圧倒的な魅力は感じませんでした。普通にいい。声優たちも普通にいい(吉岡里帆も悪くないし、吉沢亮の一人二役にはさすがに驚きました)。

 

367707_002 ダイアローグもいいんですよ。気の利いたギャグも多くて、結構笑わせてもらいました。ただ、全体的にピュアピュアに青春すぎて、観てて恥ずかしいというか照れくさいんです。アオハル好きの大江戸ですが、これは妙に照れくさくて「おいおい」って感じでした。あおいちゃん結構面倒くさいし(「のん」さんに似たキャラクターデザインですが)。一方、メガネで性格の良いあかねさんのキャラクターは大好きです。そして、そもそもタイトルがかなり照れくさい。

(以降ネタバレあり) クライマックスの事故とか青空ジャンプとかって、もしかして川村元気Pがからんでるから?? これも、あまりうまくいってるとは思えませんでしたねえ。新海さんや宮崎さんの飛翔と較べちゃうとねえ…。

 

367707_004 楽器映画としては上々。ギターもベースも丁寧にしっかり描いてますし、ベースの音が良くて、キレててサイコー。カッケーっす。

でもやはり最終的には乗り切れませんでした。相性の問題なのかもですね。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

今日の点取占い297

_20191111_001244442x289 かんじんなことをわすれている   4点

| | コメント (0)

2019年11月 8日 (金)

「バスキア展」@森アーツセンターギャラリー   #バスキア展 #バスキア

_20191108_2242111024x1045 六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで、『バスキア展 MADE IN JAPAN』を観ました。夜の6時過ぎに着いたので、前売りチケットを交換するまでに5分、52階フロアに上がってから入口前で5分少々待った程度で、かなりスムーズに入場できました(実は先週土曜の夕方に来た時、60分待ちだったのであきらめたのです)。

_20191108_2233501280x874 大江戸は昔からジャン=ミッシェル・バスキアが大好き。1997年に今はなき新宿の三越美術館でやった展覧会をはじめ、いろいろ観てます。だから、この展覧会のコピーに「日本初となる本格的な展覧会」って書いてあったのが、ちょっと遺憾であります。 

今回の展覧会はサブタイトルにある通り、「日本」という切り口で編集したもの。メイン・ビジュアルに使われているのは、あの元ZOZOの前沢友作氏が123億で購入した作品です。やはり本展中でも1,2を争うパワフルネスを持っています。

_20191108_2238281024x1204 会場には大き目なバスキア作品が並び、その多くはキャンバスむきだしです。ま、バスキアの絵に額やガラスが似合わないことは言うまでもありませんが…。

_20191108_224058768x1047 ただ、全体的には意外とパワーを感じる作品、ワイルドに圧倒してくる作品が少なかった印象。美術館のスペース内で行儀よくなってしまったのか、日本切り口の作品が多いのでおとなしくなったのか…。ちょっと残念。本当はもっと倉庫だとか廃墟だとかでやれば、良かったんじゃないでしょうかねえ。この会場、明るすぎるし。バスキアの作品から放射されるパワーは、本来こんなもんじゃないのだぞ。

どうでもいいけど、(「YEN」とか「¥」とか書いてある作品はいくつもありましたが)日本語で「トーヨーのおりがみ」なんて書いてある作品もあったりしました。

 

_20191108_223952768x1277 あとは彼がいろいろな言葉や走りがきの絵を書き止めていたノートのページだとか、生前のバスキアの映像なんかも。

入場料が当日2,100円、前売り1,900円と強気設定なのですが、その代わり入場者全員に音声ガイド端末が配られました。常日頃音声ガイドとは無縁な大江戸も、今日は聞きながら歩いておりました。音声ガイドの声は吉岡里帆。なぜ『バスキア展』に吉岡里帆?? けっこう謎です。

 

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

「スペシャルアクターズ」:素人の辛さと監督の限界   #スペシャルアクターズ #上田慎一郎

001_20191107224001 映画『スペシャルアクターズ』は、「あーあ、やっちゃった」な感じ。こんなの作ったら、『カメラを止めるな!』の名声が台無しというか、「まぐれ当たりだったのね」みたいに思われちゃうんじゃないでしょうか(まぐれでアレはできません)。上田慎一郎を含む3人で監督した『イソップの思うツボ』(今夏公開)でも、「なかなかうまくいかないもんだねえ」と上田監督の今後を憂慮したものでしたが、本作はそれよりも徹底的にダメでした。

これを観てると、逆説的に「映画にとって、役者って本当に大事だね」と思わざるを得ません。役者の顔で、演技で、オーラで、画面が引き締まって輝くんですね。

 

010 ところがこの映画に関しては、本当に役者たちの顔の魅力、声の魅力がないのです。逆に顔見てるとイヤになってしまうような…とまで言っては言い過ぎかも知れませんが、ほとんどの人が純粋に「素人」の顔なんです。まあ、監督がそういう線を狙っているのでしょうけど、観る方にしてみると学園祭の映画とか自主映画みたいでねえ…。つらいっす。

本作は松竹ブロードキャスティングオリジナル映画プロジェクト第7弾ってことですが、このシリーズってえらく低予算だから、みんな同様に役者が素人感満載なんですよねー。『滝を見にいく』しかり『東京ウィンドオーケストラ』しかり『ピンカートンに会いにいく』しかり…。

 

002_20191107231401(以降少々ネタバレあり) コンゲームの映画としては、TV『コンフィデンスマンJP』の方が全然うまくやってくれているので、やっぱり見劣りしちゃいます。工夫が無くて、まんま類型ですし。ラストには一ひねり加えましたが、最近のひねた映画ファンはこの程度じゃ驚きませんからねー。演出力ないし。

一つ分かったことは、上田監督はこのやり方では早くも限界だということ。プロのプロデューサーがこの才能を脚本家としてうまく使って、別の監督とプロの役者で作った方が良いのではないでしょうか。

 

あと、映画内に出て来る昔のヒーローもの海外ドラマ(本作用のオリジナル)のクレジットに「JON」と出て来たけど、それは「JOHN」でしょ、世界的に。誰か気づく人はいなかったのか?!

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

「108 海馬五郎の復讐と冒険」:オチをつけてくださいな   #108 #海馬五郎の復讐と冒険 #松尾スズキ

 001 映画『108 海馬五郎の復讐と冒険』は、松尾スズキ脚本・監督・主演によるR-18コメディー。ま、大人のための艶笑喜劇ってことです。松尾さんなんで相当バカバカしい話です。途中で突然ミュージカルになったり、ハダカがいっぱい出たりで、まあ何でもアリです。

でもまあ、この人の映画はデビュー作の『恋の門』('04)が一番面白かったです。今回もそれを抜くことはありませんでした。設定のバカらしさ、ダイアローグの面白さはありますが、それ以上に広がることはありませんでした。

 

002 (以降ネタバレあり) そしてラストがだらしない。この後はどうとでも想像してくださいっていう断ち切り方なんですが、ここまで尻切れにされちゃうと、いくら何でも落ち着かな過ぎます。エンドタイトルの後に何かあったりするのかと思いきや、結局何にもありませんでした。うーむ。ちゃんとオチをつけるべき展開の映画だと思うんですけどね。

 

008 舞台で有名な秋山菜津子さんを映画で見るのは初めてかも、と思ったのですが・・・調べちゃいました。そしたら、もう10本以上も出ていたんですね。印象に残っていませんでした。でも本作の役は、もう忘れないことでしょう。 

そして中山美穂が、よくこんな役やりましたね。でもまあ、オッケーです。逆上した松尾さんが彼女を狂ったように殴って、彼女がヘビのような細長い物体になってしまうシュールな場面には、ギャスパー・ノエの『アレックス』とデイヴィッド・リンチの『イレイザーヘッド』の悪夢が香りました。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

「イエスタデイ」:終盤のあの人に驚いて涙   #イエスタデイ #映画イエスタデイ #ビートルズ

367867_001 映画『イエスタデイ』は、小生のような「ビートルズほぼ全曲歌えます(歌詞が頭に入ってます)人間」にとっては、大いなる期待作だったのですが、やや物足りない感じでしょうか。

確かにウェルメイドなんです。ラブコメのツボを押さえたリチャード・カーティスの脚本を、音楽感性の高いダニー・ボイルが監督と、まあ間違いのない仕事になっています。ビートル・マニアにも、ビートルズをよく知らない人にも楽しめる作品だと思います。

 

367867_002 でもねえ、ちょっと軽すぎるというか、浅いんですよねえ。ビートルズへのオマージュや蘊蓄だって、そんなにありゃしないし。リバプールに行った主人公がファンの男子女子に追っかけられるとところが、「あ、『ハード・デイズ・ナイト』じゃん」ってぐらいのもんです。

楽曲だって、大江戸的にはもっともっとバカみたいにたくさん披露してほしかったです。変なアレンジだったりしても、とりあえずは「やっぱりいい曲だ」と思えますから。

 

367867_004 リリー・ジェイムズが相変わらず変な顔。でもそれ以上に変な顔の主人公がまったく魅力薄で、まいりました。いくら曲が良くっても、こいつでは満員のウェンブリーをもたせられないのでは…?

それはさておき、本人役で出演した江戸、いやエド・シーランの役者っぷりが意外と良かったのでありました。

(以降ネタバレあり) そんな作品ですが、終盤のあの場面には「おおお!」と泣けました。小生はポール派なので、ジョンにはさして思い入れはないのですが、それでも涙腺に来ましたねえ。『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と同種の「心やさしいパラレル・ワールド」なのでした。

 

 

| | コメント (0)

«雅叙園百段階段のいけばな展   #雅叙園 #いけばな百段階段 #百段階段