2022年6月25日 (土)

「ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行」:映画の映像で映画評論を行う    #ストーリーオブフィルム #111の映画旅行 #マークカズンズ

1_20220625231201 映画『ストーリー・オブ・フィルム 111の映画旅行』は、2010年から21年の世界の映画111本のフッテージを紹介しながら、「ここ10年」の映画の傾向と変化を紐解いていく映画評論のような作品。

167分ありますが、冒頭『ジョーカー』『アナと雪の女王』から始まった割には、かなりの部分がインディペンデントの地味な映画だったり、欧米以外の国の未公開作品だったりします。有名なヒット作としては『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『ブラックパンサー』『ミッドサマー』あたりが出て来ますが、そんなに多くはありません。 その他の作品はシネフィルの大江戸だから観ているような作品もあり、そもそも日本未公開なので知りもしない作品もあり、です。一般的映画ファンだと、ちょっと退屈しちゃうかも知れません。

時々過去作も引用されて、現代の作品との類似や影響が示されます。『キートンの大列車追跡』あり、小津の『東京物語』ありです。こういう作品内でのフッテージ利用って、許可は簡単に取れるものなんですかね? あるいはその料金はどうなんでしょう? これだけ多量に使っていると、そのあたりが気になります。

いずれにしても、これだけ延々と淡々とやられると、ちょっと飽きますね。第1部「映画言語の拡張」とか第2部「我々は何を探って来たのか?」という切り口で論評されても、そこらがそんなに鮮やかに浮かび上がってこないし…。 配信が力を持ってきた10年間だったという事実はわかるのですけどね。

実際の映画フッテージを見せながら映画評論をするというマーク・カズンズ監督の手法は「発明」だと思います。

 

| | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

「佐藤卓 TSDO展 in LIFE」@ggg    #佐藤卓 #佐藤卓TSDO展 #佐藤卓展 #ギンザグラフィックギャラリー #ggg

Dsc_0786_copy_990x639 ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で開催中の『佐藤卓 TSDO展 in LIFE』(~6/30)を観ました。「TSDO」ってのは、Taku Satoh Design Officeのこと。

Dsc_0799_copy_777x639 入口のガラスには「デザインの展覧会をしています。どうぞお気軽にお入りください。 佐藤卓」と日本語と英語で書いてあります。

Dsc_0788_copy_769x639 ここで卓さんが展覧会をやるのも何度目かのこと。今回は、卓さん個人というよりは「TSDO全体」としての展覧会というスタンスのようです。とはいえ、TSDO=佐藤卓みたいなもんですけどね。

 

Dsc_0790_copy_1024x639 1Fには大型のオブジェで、卓さんの代表作と言える「明治おいしい牛乳」「ロッテキシリトールガム」などの紹介。

Dsc_0789_copy_1012x639

これらを銀座奥野ビルの小ギャラリーで展示した時には、大江戸も観に行きました(当然その時の方が巨大に見えましたね)。

Dsc_0791_copy_808x639 広告以外の代表的な仕事であるNHK『にほんごであそぼ』とこの立体文字は、直接は関係なかったのかなあ?

 

Dsc_0792_copy_1024x576 で、地下の展示場に行くと、今度は小さいものをはじめ、さまざまなお仕事の記録が現物とパネルで展示されておりました。

展示台もパネルもサインも、段ボール製ですね。

Dsc_0793_copy_804x639

たとえばS&Bのスパイス小瓶。6×6=36が整然と並んでいると、小さな壮観ですね。

Dsc_0797_copy_682x639 それから、こちらは『おいしい牛乳』のみならずズラリと揃った明治牛乳の仲間たち。

Dsc_0795_copy_795x639 キシリトールガムをはじめ、ロッテのチューインガム各種。『クールミントガム』のペンギンは、右から2匹目だけ手を上げているとか、『チロリアン』の缶に描かれた5人の口の形をよく見ると「チ・ロ・リ・ア・ン」と言っているとか、秘密を明かしてもくれちゃいました(大江戸は以前にご本人から聞いたことがありましたが)。

Dsc_0798_copy_946x639 イッセイミヤケの『PLEATS PLEASE』のポスターも随分長いことやっていたんですね(15年だそうです)。初期の寿司(商品をマグロとか玉子とかに模したもの)シリーズは好きでしたねえ。最後にはタコとかクラゲとかまでやってたと知って、びっくり。

Dsc_0794_copy_883x639 そして松屋銀座のブランディング…といえば、原研哉さんが有名ですが、卓さんは近年「デザインの松屋」というスローガンを広めるために色々とやられたのですね。

 

こうして見るとわかるように、佐藤卓さんのデザインは「とっつきやすい大衆性」と「そこはかとないユーモア」が身上。だから大ざっぱに思われがちですけど、実は厳密な仕事をする人でもあります。 卓さんとTSDOの守備範囲の幅広さも含めて、興味の尽きないデザイン展でした(2階の映像はちょっとしか見る時間がありませんでした)。

 

 

| | コメント (0)

2022年6月23日 (木)

「はい、泳げません」:シリアス不要なのに…    #はい泳げません #長谷川博己 #綾瀬はるか #阿部純子

1_20220623135201 映画『はい、泳げません』は、水泳というか「泳ぐこと」がテーマのライトコメディ かと思いきや…、って作品(詳しくは後述します)。

長谷川博己と綾瀬はるかって、どちらも大河ドラマの主役経験者なんですね--『麒麟がくる』と『八重の桜』。しかも『八重の桜』では夫婦役だった二人(その上、ピロキさんは『まんぷく』で朝ドラ(安藤サクラとダブル主人公と言っていい)もやってますけどね)。

(以降ネタバレあり) で、この作品の美点は長谷川と綾瀬がまったく恋仲になったりしないこと。水の中で水着で抱き合っても、ぜんぜん恋愛につながっていかない、その気配すらないところが斬新です。爽やかです。これからの時代は、どんどんそういう作品が増えていくに違いありません。

ライトなコメディとして進行していって、途中からシリアスな場面が増えていきます。ただ残念なことに、それで作品が重たくなったりテンポがスローになったりしてるんですよねー。(ま、原作があるのでしょうがないのでしょうが)正直言って、大江戸はそういうトラウマ部分が邪魔でたまりませんでした。なんか、「ライトなコメディで終始するより、シリアスな部分が入ってた方が上等」みたいな思想があるのでしたら、そんなのは間違いです。

本作で一番良かったのは阿部純子。言葉なしに感情を伝えたり、このけなげなキャラクターに命を吹き込んでおりました。珍しくもお母さん役でしたが、ちゃんと似合っておりました。

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

ブルガリ マン ウッドエッセンス    #ブルガリマンウッドエッセンス #オードパルファム 

Dsc_0502_copy_768x772 昨夏以来大江戸が愛用しているオードパルファムがこれ。『ブルガリ マン ウッドエッセンス』です。気に入ってます。ボトルやパッケージもカッケーです。品格が漂って、センス良いです。

大江戸はもともとPoloのオードトワレをはじめ、いくつか使っておりましたが、なかなか決定打がなかったのです。お試し用のミニボトルを買ったりしてテストしてみても、なかなかこれぞという一品には出会いませんでした。

でもこいつは「これぞ」でした。オトナな感じと甘さ、都会っぽい知性と樹木の自然感を併せ持っております。 ファーストノートは上品なフローラル+お香のニュアンス。大江戸が好きなメロンっぽい香りも感じられます。 ミドルノートで適度に大人っぽいスパイスの香りがしますし、ブルガリお得意の紅茶のような香りも立ってきます。 そしてラストノートのほのかなで落ち着いたウッディ感が紅茶感と相まって、素敵すぎます。優しくて、奥深くて、いつまでも嗅いでいたいような知的な香りです。 

ブルガリ マンにもいろんな種類がありますが、大江戸の好みとしては断然こいつです。軽薄ではなく、フレッシュなだけでもなく、ワイルド過ぎたりセクシー過ぎたりすることもなく、フェミニンに寄ることもなく、だからと言って落ち着き過ぎてるわけでもなく、微かにミステリアスな感じや静かな情熱も感じられて、上品だけどただのジェントルではない感じ。いやー、好みです。

でも割と香りが消えるのが早いんですよね。特に冬場より夏場の方が早く弱まる気がして、そこだけがちょっと残念です。

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

最近食べたプリン    #プリン #資生堂パーラーのカスタードプリン #横浜浪漫ミルクプリン #トットプリン #砂プリン #充ちるカスタードクリームのパイ

Dsc_0755_2 プリンって、好きかそうでもないか、自分でも微妙なところです。

大江戸は大のカスタード好きなので、基本的には好きなんですが、中にはカスタード以外のプリンもあったりしますし、カスタードだってどストライクからワイルドピッチまでありますからねえ。結構ハズレも多いのです。

 

こちらは資生堂パーラーの『カスタードプリン』。本格的な正統派プリンです。これならおいしいと言えます。ジャージー牛乳のミルクや三温糖のカラメルといった素材の良さはさすがです。

Dsc_0756_copy_800x646 ただ割とスッキリしていて、タマゴ感も少ないんですよね。大江戸の好みから行くと、もっと濃厚でエッグ感たっぷりのやつがいいんですー。

 

Dsc_0755_copy_672x646 こちらはもっとスッキリです。『横浜浪漫 ミルクプリン』。実はこれ、お葬式当日のお返しにいただいた引き物なので、どこのメーカーかもよくわかりませんー。

Dsc_0757_copy_763x646 お味は確かにミルクプリン。色も白っぽくて、牛乳を固めた感じがいたします。そんなに悪くはありませんでしたよ。

 

Dsc_0740-1 で、こいつは変わり種。鳥取県の砂丘のそばにお店があるというトットプリンの『砂プリン』です! ちなみに「Totto PURIN」と書いてあります。“pudding”ではありません。

この砂プリン、今年4月の日経土曜版の「プラス1」で全国のプリン・ランキング第1位に輝いた逸品なのだそうです。 小ぶりの瓶に入ったこのプリン、「砂」と書かれた袋に茶色い砂状のものがはいっていて、なんとこれが乾燥タイプのカラメルなんですね。それをふりかけながら、いただきます。ジャリッとして砂みたいなんですよ、この食感が。だから砂プリン。

Dsc_0741-1 しかも瓶の底を見れば、おお! 砂鉄みたいな黒砂! 衝撃のビジュアルです。これ、実はバニラビーンズです。びっくりですね。

プリンと言いながら、カスタードに近いんです。とろとろなんです。まあ、大江戸はカスタード好きだから歓迎します。でもその一方で、大江戸が本当に好きなのは最近はやりのとろりんタイプではなくて、古典的な焼きプリンなんです。でもまあそれは、また別のお話…。

 

Dsc_0727_copy_734x646 (おまけ) カスタードつながりで、ローソン「ウチカフェ」の『充ちるカスタードクリームのパイ』。パイ生地の中にたっぷりのカスタードクリーム。ね、おいしそうでしょ。大江戸も絶対気にいると思って食べたのですが…、うーん、期待はずれでした。下の方に入ってるチョコクリームいらないし、肝心のカスタードが薄味であまりおいしくないのです。結構がっかりー。

 

| | コメント (0)

2022年6月20日 (月)

「オフィサー・アンド・スパイ」:世に冤罪の種は尽きまじ    #オフィサーアンドスパイ #ロマンポランスキー #ドレフュス事件 #エミールゾラ

1-1_20220620220101 映画『オフィサー・アンド・スパイ』は、現在米寿のロマン・ポランスキー監督作品。ユダヤ人としての魂がこもった作品ですね。スピルバーグにとっての『シンドラーのリスト』のように。

ドレフュス事件は名前ぐらいしか知らなかったので、勉強になりました。でも、この作品、始まって1/3ぐらいまではかなり退屈。とにかく台詞に頼って状況を説明するだけなので、かなり眠くなりました。でもそこを過ぎると、面白くなります。やはり(大江戸の好きな)「正義の物語」ですし、法廷モノにハズレなしですし、映画としてのクォリティは高いですもんね。

ユダヤ人がどうのこうのという差別部分よりも、冤罪を生む組織・権力の構造がしっかりと描かれていました。保身のため、組織防衛のため、面子のために、人は(組織は)冤罪を生んでしまうんですね。古今東西いつの世にもです。おそろしいことです。でも、そんな卑劣さに真っ向から闘った人がいるってことには胸が熱くなります。エミール・ゾラ、えらかったんですねえ。

忘れてましたけど、ケン・ラッセルのTVムービー(日本では劇場公開)『逆転無罪』(1991年)って、本作同様ドレフュス事件を扱ったものでしたっけ。調べてみたら本作の主人公ピカール大佐(ジャン・デュジャルダン)は、リチャード・ドレイファスが演じてたんですよねー(ドレフュスだからドレイファスにしとけ!って感じ??)。あれは妙に軽い作品で、ケン・ラッセルらしさは全然なかったんですよねー。

それにしても、フランス軍の軍服の赤いズボン(パンタローン)、素敵ですね。さすがはフランスだと感心しちゃいました。

 

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

「メタモルフォーゼの縁側」:後ろ姿の映画    #メタモルフォーゼの縁側 #芦田愛菜 #宮本信子 #岡田惠和

1_20220619224401『メタモルフォーゼの縁側』は、後ろ姿の映画。こんなに後ろ姿だらけの映画って、観たことありません。

特に主人公の芦田愛菜が徹底して後ろ姿です。いや、もちろん前向きや横向きもありますよ。でも印象的なショットがことごとく後ろ姿ですし、走る姿なんかもほとんど後ろから撮っていて、表情を見せません。最後の方では走りが横から撮られていたりしますし、暗いながらも前向きに撮ってある場面もあったりするのですが、そこに込められた意味は明解になっていないような気がします。「後ろ向き=自身の無さ、ネガティブさ」で、そこからの脱却で前を向いたとか、そういう単純な話ではないと思います。ただ、その後ろ姿が特に気にならないのです。ぼーっと見てたら、「え?そんなに後ろ姿だらけだった?」と思うかも知れません。でも考えてみれば、人はリアルには他人を正面から見ているばかりではありません。後ろから見ていることって結構多いわけです。それに後ろ姿って、表情が見えないだけに想像力の「余白」がありますもんね。

いずれにしても、心がほっこりする素敵な作品でした。やっぱり岡田惠和脚本ですね。あ、もちろん原作マンガの力もあるのでしょうけれど。「みんないい人」の作品って、岡田さんの得意とするところであり、そこが大江戸は大好きなのです。

そして言うまでもなく、芦田愛菜と宮本信子のコンビネーションが最高です。芦田さんは『星の子』で圧倒的な演技力を見せましたが、ここでも見事に「演じて」います。しっかり計算して演技しています。後ろ姿の「走り」にも、気持ちが溢れています。彼女が固まっちゃう場面、サイコーでした。

やっぱり「大好きなものがある」ってこと、「同好の士がいる」ってことは、素晴らしいですね。ラストの静かな幸福感も、得難いものでした。狩山俊輔監督、良い仕事をしましたね。

| | コメント (0)

2022年6月18日 (土)

湘南、FC東京に2-0完勝!!    #湘南ベルマーレ #ベルマーレ #湘南対FC東京 #湘南東京 #遠藤航 #勝利のダンス

Dsc00161 レモンガススタジアムで、湘南ベルマーレvs.FC東京を雨中観戦。リーグ戦のホームゲームでは今期初のナイトマッチです。そんな季節になりました。

Dsc_0784_copy_1024x616 でも、雨は終始強まったり弱まったりしながら振り続けてました。カッパとマスクとメガネで、ほとんど全部隠れてる状態でじっとしながらの観戦。涼しいから蒸れなかったのは幸いでした。

 

Dsc_0786_copy_1024x556 で、苦労の甲斐があったというべきか、FC東京に2-0の完勝! 今朝から、根拠はないけど普通に勝てる気がしてたんですよねー。

Dsc00162 前半に池田、後半に町野とノッてる二人がそれぞれ決めて、2得点。守っては、全員が泥臭く走って、体を投げだして、クリーンシートでの勝利を収めました。

Dsc00164 FC東京にはリーグ戦で7年ぶりに勝ったそうですけど、カップ戦では去年も今年も勝ってるし、そんなに相性悪い気はしないんですよね。いずれにしても、今日は湘南の良い所が攻守にわたってたくさん出ました。

前半最後の試合で上位を下して勝ち点を伸ばしました。山口監督もちょっとホッとしたのではないでしょうか。

Dsc00167 今日はベルマーレOBの遠藤航選手が来ていて、ハーフタイムに観客に挨拶をしてくれました。

Dsc00168 ワタル、風格が出ていました。さすがはブンデスリーガで2期連続デュエルキングに輝いた男です。彼に良いゲームを見てもらえて良かったです。

Dsc00172 大江戸がベルマーレの勝ち試合を生観戦したのはいつ以来だろうと調べたら、なんと!昨年6月5日のFC東京戦(ルヴァンカップ)以来でした。1年以上ぶり! そしてリーグ戦ってことでは、なんとなんと!!2020年10月31日の横浜FC戦以来とわかって、われながら驚愕! よくこんなチームを応援してるものだと、我ながら感心します。えらいなあ。

Dsc00175 というわけで、勝利のダンスを見るのも久しぶり。まだ手拍子だけです。いつから声を出せるようになるのかなあ。

さあて、良い波に乗ったので、後半戦はガンガン行きますよ!!

 

Dsc00165 (おまけ) 雨の中応援するベルマーレクイーン3人(高橋諒のバナーの下)。

 

 

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

「犬王」:室町の琵琶ロックミュージカル・アニメ    #犬王 #琵琶ロックミュージカルアニメ #湯浅政明 #アヴちゃん

1_20220617224901 映画『犬王』は、湯浅政明監督がまたも攻めたアニメーション。600年前の日本を舞台にした実験的なロック・ミュージカルです。脚本は野木亜紀子だし、音楽は大友良英だし、キャラクター原案は松本大洋だし、実に多士済済ですね。

そして主演の2人=若きポップスターの声を演じるのがアヴちゃん(女王蜂)と森山未來。「歌える」この2人が…ってところが重要なのでした。特にアヴちゃんの声は、歌ってる時(圧巻)も話してる時もスゴかったです。

湯浅監督の特徴はある程度現れていますが、あのくねくねびよーんとした感じは抑え目。今回はむしろカッコ良く音楽にフィットするダンスの動きやロックな動きを追究していったように見えました。

色調も抑制の効いたものから美しくカラフルなものまで、場面により使い分けておりました。そして音楽はさすがに大友さん。ガンガンのロックを「なぜこの時代に?」と一瞬しか思わけないほど上手にカッコ良く使っていますし、琵琶のサウンドも違和感なくロックでした。

大江戸としては、権力者とアーティストの関係および権力者の怖さがきちんと描かれていたところが印象的でした。

作品全体としてはそんなに面白かったとか気に入ったとかではないんですけど、よくぞ作りましたという意味でリスペクトを捧げたい作品なのです。

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

重り畑でつかまえて    #空き地の奇景 #重りだらけの更地 #重りか重石か

Dsc_0682_copy_800x450 家の近所で見かけた奇景。

ま、それほど大げさなものではないけれど、テニスコート一面分ぐらいの結構な広さの更地に、ビニールがめくれないため、飛ばさないための重りが乗せてあります。「重り」と言うべきか、「重石(おもし)」と言うべきか、それは問題ではありません。

 

Dsc_0681_copy_800x450問題なのは、その重りが、やけに多いこと。そして、やけに規則正しい…ように見えますが、よくよく見るとやっぱりけっこう雑。縦(横?)の列だけは合ってるってあたりが、何か農作物のようですね。

それにしてもここまでの数がないとダメなんでしょうか? まだ台風の季節にはかなり早いんですけども。素人にはわかりかねる世界であります。

 

Dsc_0683_copy_800x450 重りは黒ビニール袋に砂か土でも入れてあるのでしょうか? あるいは札束でも入っているのでしょうか? 「木の葉を隠すなら、森の中に隠せ」ってやつですね?(ちょっと違うか?)

いろいろとミステリアスな感じです。これ、暗くなってから見ると、結構こわいかもです(黒ビニールにバラバラ死体が入ってるかも知れませんし…)。キャー!

| | コメント (0)

«「トップガン マーヴェリック」:バカっぽいけど、トムは奇跡    #トップガン #トップガンマーヴェリック #トムクルーズ #ザフー