« ちくわぶ礼讃(もちろんもちもち) | トップページ | 魅惑のJEFサッカー »

2006年4月15日 (土)

驚異の英訳、怒涛の英語力

ひえー、例の「明石四楼の東京問答」を覗いたら、英訳ソフトの話が載ってて、なんとこの「大江戸時夫の東京温度」を英訳してくれとりました。 それがまあ驚愕の翻訳状況で、書いた本人もインド人もびっくりというシロモノ。 そもそも「大江戸師匠」が「Large Edo Master」だし。 映画「好きだ、」のタイトルが「we like」ってのはねー。ニュアンス台無し。 凄かったのが「成分解析にハマる」の「ハマる」が「hammerる」になってたこと! あと「キットカット」も何で「kit cutting」なんだよ。わけがわかりませんな。  ちなみにここです。  http://d.hatena.ne.jp/akashi4th/

|

« ちくわぶ礼讃(もちろんもちもち) | トップページ | 魅惑のJEFサッカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちくわぶ礼讃(もちろんもちもち) | トップページ | 魅惑のJEFサッカー »