« おそろしくまずそうなもの | トップページ | 驚異の英訳、怒涛の英語力 »

2006年4月14日 (金)

ちくわぶ礼讃(もちろんもちもち)

そうさ、おいらはチクワビスト。ちくわぶが大好きなのさ。 4月半ばにこんなネタ(いや、おでん種)とは、何を考えてるんだ? チッ、オレも焼きが回ったぜ。焼きちくわだ。 でも、ちくわは好きでも何でもないんだぜ。やっぱり、ちくわぶのあのもちもち感が好きなのさ。まあ、白玉とかすいとんとかニョッキとか讃岐うどんとか大分の団子汁とか甲府のほうとうとか、ああいう小麦粉系のもちもち仲間が好きでしてねえ。 それにしてもちくわぶはうまいのだが、関西にはちくわぶの文化が無いらしく、西の方の人は東京に来て初めてちくわぶを目にして、なんだこれはと思うそうです。 そもそもちくわぶの「ぶ」は何なのか、子供の頃は気にもかけなかったけど、大人になって考えてみれば、あれは「麩」だったんですね。ちくわの「ふ」、でもぜんぜん「お麩」っぽくはないぜ。どうなってるんだ!責任者出て来い!!((C)人生幸朗師匠)  でも、おでん以外だとまず出番がないのがもったいない。もっと出番を増やして欲しいぜ。 フランクフルトみたいにして屋台やコンビニでも売って欲しいし、ちくわぶドッグやカップちくわぶ(お湯を入れて3分!)なんかもいかがでしょうか。

|

« おそろしくまずそうなもの | トップページ | 驚異の英訳、怒涛の英語力 »

コメント

大江戸先生!
チクワビスト勝手に会員NO.2のキムタコっす。
わたくしも「ちくわ」はなくても全然いいけど「ちくわぶ」はマスト!
まあ、あんまり上品な食べ物とはいえないような気がするけど。
京懐石に輪切りのちくわぶ…はありえないか。
もちもちの麩は良くて、どうしてちくわぶじゃあダメなのさ!
ちなみに、関東地方でも、某北関東には
(たぶん)ございませんのよ。
少なくともうちのおでんには入ってなかった。
東京ではじめて食べました。でんで~ん。

投稿: キムタコ。 | 2006年4月15日 (土) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おそろしくまずそうなもの | トップページ | 驚異の英訳、怒涛の英語力 »