« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

映画「ジダン」の二重の驚愕

映画「ジダン 神が愛した男」の今日び珍しい実験性に驚きました。昨年4月23日のレアルマドリードvs.ビジャレアル戦のジダンを試合の最初から最後までほぼリアルタイムで追ったドキュメンタリー。17台のカメラでジダンだけを追い続け、顔や足の異様な超アップから、TVの画面を拡大した荒い映像まで、リアルタイムで進行しているサッカーのゲームは追わずにひたすらジダンの動きだけを追う、しかも何をやってるのかわからないほどのサイズだったり、どんな局面で、誰からボールが来て、誰にパスしているのだかほとんどわからない。ゲームの展開もほとんどわからない。これはサッカー好きなほどフラストレーションがたまりますし、映画好きでも退屈します。昔アンディー・ウォーホルが延々8時間ぐらい眠り続ける男を撮った映画ってのがあったそうですが、それに通じるものがあります。今時遅れてきた「前衛」ってことでしょうか。監督は現代美術畑の人らしいですね。

しかし観続けていると、いかにジダンといえども試合の中ではこんなに少ししかボールに触れないものなんだとか、割と平凡なプレイが多いんだとか、こいつほんとに省エネで必要最低限しか走らないなあとかに気づかされます。また、ジダンの孤独がどんどん極まっていくかのような、息苦しいまでの映像と音。まさに「長距離ランナーの孤独」ならぬ「フットボーラーの孤独」です。

そしてそして最後に、ある衝撃が待ち受けています。今、日本公開のこのタイミングで、この映画を観ることの運命的な凄さ、それはある意味この作品の「意図した前衛」を軽く凌駕しています。このエンディングで観客は、座席を外されたかのように、時間と空間が混濁した虚空に投げ出されるのです。

| | コメント (0)

2006年7月28日 (金)

今日の点取り占い16

060728_00030001 他人の物をだまって使ってはいけない   4点

|

2006年7月27日 (木)

映画検定2級合格

060727_00140001 えー、6月25日に受験した映画検定2級の結果が出ました、っていうか予定通り合格しました。70%正解で合格だそうですが、「合格」以外の情報は何も記載されておらず、そっけないもんです(「キネ旬」で答合せしたのですが、大江戸の正答率はたぶん88%)。 今回は初回のため1級の試験はなく、今回の2級合格者を対象に12月3日に行われます。もちろん狙います。写真はクレジットカードサイズの合格証であります。パチパチ。でも、これを持ってても映画館の割引があるでもなし、何の役にも立ちません。しくしく。    

| | コメント (0)

2006年7月26日 (水)

「ハチクロ」と堺雅人

映画「ハチミツとクローバー」、悪くないっすね。美大の青春群像。蒼井優の童女ぶりっこのようなしゃべり方とか伊勢谷友介の堂々の8年生ぶりとか、加瀬亮のメガネ男子ぶりとか、西田尚美の憂愁のお姉さまぶりとか。 で、堺雅人さんが無精ひげの美大教師なのですが、これがちょっと期待ほどでもなかったかな、のダンドリ芝居で残念(あえて厳しく評価いたします)。でも堺さん、大好きなんです。 三谷版「新選組!」の山南(やまなみ)総長、いつもニコニコと温厚で、思慮深いダンディーぶりで、誰も望まぬのにやむを得ず切腹へと突き進んでいくという武士の世界の不条理を描いた一連の流れを魅力的に演じきった彼・・・もう最高でしたね。 映画での彼の最高の演技は「ココニイルコト」。 真中瞳演じる東京から関西に「都落ち」した広告会社社員の同僚役で、まあこれが実に優しい男で、「いいやつ」なんです(いわば“癒し男子”ですね)。 これ観たら、キメのセリフ「ま、ええんとちゃいますかー。」と堺スマイルが忘れられなくなりますよ。

| | コメント (0)

2006年7月25日 (火)

ニャンまげにとびつこう

060725_00410001 よいこのみんなは知ってるねえ。 日光江戸村(その他の時代村も)のキャラクター(人間大)の「ニャンまげ」くんだねえ。 ネコ+ちょんまげでニャンまげとは、いやー、そのまんまだねえ。 でも、愛嬌ある顔してるよねえ。 ここにあるのは昔江戸村で買ったCDのジャケットだけど、この「ニャンまげにとびつこう」って曲は江戸村のCMソングのロング・バージョンなんだけど、歌詞がすごいよねえ。

ニャンまげにとびつこう ドンドン ニャンまげにとびつこう ドンドン   ニャンまげに、ニャンまげに・・・・・  お父さんもとびつこう ドンドン お母さんもとびつこう ドンドン・・・・  って、ずーっとこの調子だもん。 間奏部には「ニャン、 ニャン ・・・」っていうニャンまげの声も入ってるし。

CMでは江戸時代の殿様がニャンまげにとびついたりするのですが、江戸村内に出没するニャンまげくんにも多くのお客さんがとびつく光景が見られます。 ここでは「ニャンまげ=とびつく対象」という認識がスムーズに成されていますが、「ニャンまげ」で検索してブログなど覗くと、ミニスカの女の子がとびついたりもしてるけど、重そうなおじさんもとびついてます。ニャンまげくんにとって、腰痛は職業病なのでしょう。

また、江戸村の公式サイトをさっき見たら、ニャンまげの「ニャ」の字も出てませんでした。以前はいろいろ出てたのに・・・。 ひょっとして、契約切れ?移籍?出向?巡業?入院?・・・・ 心配です。

| | コメント (0)

2006年7月24日 (月)

東京シティガイド検定

「東京シティガイド検定」ってのがありまして、東京観光財団がやってまして、3年ぐらい前に初回が行われまして、大江戸も合格したのですが、その時は「初級」だけとなってまして、その後上級が出来るはずでした。ところが、他の試験やら東京都やらとの調整が難航したかなんかでその後はなしのつぶてで、でもようやく書店でガイド本を発見して調べたら、今回(11月3日が試験日)もう第4回となりまして、しかも今回からは「初級」の文字がとれるとか。でも「初級」の文字が入った私の証明書はどうなるのでしょう? →

http://www.tcvb.or.jp/jp/index-j.htm

また、平成19年からはより専門化した各分野の試験がおこなわれるそうです。 ところで今回のテキストのタイトルが「大江戸東京の歩き方」ですと! 他人とは思えぬタイトルです。 → http://www.tcvb.or.jp/jp/events/temp/tokyo_cityguide/date/arukikata.pdf

| | コメント (0)

2006年7月23日 (日)

オシム・ジャパン始動

いよいよイビチャ・オシムが日本代表監督に正式就任し、動き始めました。大江戸の尊敬するご老公です。 なにしろ就任以来の千葉のサッカーがあんなに面白く素晴らしくなったのですから。巷では「走る」ことだけが強調されてますが、それも大事ですけど「人が動いて、ボールも動く、そして第3の動きを大切にして、チャンスとあれば全員が駆け上がって、美しい連動でゴールを陥れる」--これがうまくいった時はほんとに最高の美しさです。失敗するとカウンターくらいますけど。 もちろん含蓄の深い“お言葉”にも唸らされますしね。 あの片手を上げてベンチの柱にもたれかかる姿がいよいよ代表戦でも見られるのですね。 でも8月9日のトリニダード・トバコ戦、チケット争奪戦は見事に敗れてしまいましたー。残念!って、ギター侍はどこへ行ったのでしょうね?

| | コメント (0)

2006年7月21日 (金)

美女眼鏡

060719_21480002 「ビジョメガネ」なる写真集の1と2が本屋さんにでています。といっても1は去年のうちに出ているようですが。 以前「東京徒然草」にも大江戸のメガネ好きのことを書きましたが、うーん、けっこう欲しい本っすね(買うのはちょっと・・・だけど)。 文字通りメガネをかけた美女タレントの写真集で、月刊誌『デジモノステーション』の連載企画をまとめたものだとか(やー、先見の明のある企画ですね)。 1には加藤ローサ、上野樹里、小西真奈美らが、2には夏帆、香里奈、吉岡美穂らが出ているようで・・・けっこうなことです。 最近ではフジ月9「サプリ」の伊東美咲のキャリア風メガネもなかなかですよね。 ま、メガネさえかければ全ての男子や女子が魅力アップするとは限らないのですが。 そういえば、この間ジョニー・デップが来日して、いつものメガネ姿で「メガネ男子」なる言葉を発しておったのをTVで見ました。世界にはばたくぞ、メガネ男子。

*写真は下北沢のヴィレッジ・ヴァンガードにて。

| | コメント (1)

2006年7月20日 (木)

中谷さんの「松子」日記

映画060720_00510001「嫌われ松子の一生」の撮影日誌を中島哲也監督との猛烈なバトルを通して中谷美紀が書き綴ったエッセイ「嫌われ松子の一年」を読みました。いやー、面白い。原作も映画もそれぞれのベクトルで圧倒的に面白いのですが、このセキララなメイキング・ドキュメンタリー本もかなりのものです。初日から主演女優である中谷さんに「殺してやる」とか言ってる中島監督も異常だが、ついにブチ切れて現場をすっぽかして帰ってしまった中谷さんもなかなか・・・。 ラストに載っている中島監督が27歳の時に考えたという言葉がちょっといい(と中谷さんも言ってます)--『夢を叶えるには人生は短すぎる。しかし、夢を諦めるには人生は長すぎる。』

| | コメント (0)

2006年7月19日 (水)

「あわれ彼女は娼婦」を観た

シアターコクーンで三上博史、深津絵里主演、蜷川幸雄演出の「あわれ彼女は娼婦」、観ました。重いストレートのボールが打者の手元で揺れて落ちるって感じ。休憩込み3時間10分の力作です。 「オイディプス」などギリシャ劇からの系譜としての“近親相姦”というテーマを、「タイタス・アンドロニカス」など中世的残酷劇のテイストで描いています(原作のフォードはシェークスピアと同時代人)。 三上や深津でさえも、この作品を構成するピースでしかないって感じがしました。舞台装置が見事。 ふかっちゃんは『こういう翻訳劇は初めて』らしく、いつもの自由闊達な個性のきらめきは封印されていましたが、真剣味が伝わってきました(でもちょっと窮屈そうだったかな)。

060718_18440001ところで、この作品のポスターなんかのビジュアルは、アニー・リーボヴィッツの撮った「ジョンとヨーコ」(しかもジョンが殺される直前の撮影)のパクリですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

今日の点取り占い15

060717_22460001 学校の先生になれる   10点

| | コメント (0)

2006年7月16日 (日)

PUFFY10周年

NHK-BSでPUFFYのデビュー10周年ライブat雨の日比谷野音を見ました。 やー、10年ですか。 誰が今日のワールドワイドにビッグなパフィーを想像できたでありましょう? それにしても奥田民生をはじめとした強力フレンズによる楽曲の良さよ、と今更ながら思います。 小生は亜美のヘンテコリンにボケたとこと脱力感が好きだったのですが、由美もヤンキー色が抜けて、とっても良い感じになったよなあ。 インタビューで亜美が、「この人(由美)が相方で本当に良かったと思わない日は無い」と語っていたのには、なんか感動しましたねえ。 ぱひー、ぱひー。

| | コメント (2)

「無頼の女房」でナマナエ

060715_21370001 新宿のシアター・トップスで裕木奈江主演の芝居「無頼の女房」を見ました。1年間ギリシャに文化庁の演劇留学で行っていたりして、久々の“ナマナエ”でした。 小劇場の良さで、もう1.5mくらいの距離-手が届くところ-に奈江さんがいるっていう醍醐味(ちなみに醍醐味ってのはヨーグルトみたいのものの味って意味なんだってね、もともとは)。おでこにうっすら浮かんだ汗の玉まで見えますもん。 戦後の無頼派作家・坂口安吾の夫妻がモデルなんだけど、1幕2時間程度で、気持ちのいい出来でした。 適度に笑わせて、楽しませて、最後は感動一歩手前のすがすがしさというか・・・。 命の継承というテーマをあまり声高にではなく伝え、ラストの赤ちゃんを抱いて眠る奈江さんは菩薩(またはマドンナ)のようでした。 

カーテンコールの挨拶ってのはいつでも大江戸の涙腺を刺激してくれます。ほんと、ショウほど素敵な商売はないってやつで、ショービジネスこそはやりたかったなあ。 これだからビンボーな演劇人が後を絶たずにシモキタをうろうろしちゃうんだよなー(詳しくは「下北サンデーズ」で)。

| | コメント (0)

2006年7月15日 (土)

本年上期のフェイバリット映画

今年1-6月公開作の中で、大江戸お気に入りの邦画&洋画を10本づつ(まあ順不同だけど好きなもの順に近いね)。

<邦画>  好きだ、  嫌われ松子の一生  博士の愛した数式  間宮兄弟  かもめ食堂  ルート225  ヨコハマメリー  あおげば尊し  やわらかい生活  県庁の星

<洋画>  プルーフ・オブ・マイ・ライフ  スタンドアップ  プライドと偏見  僕のニューヨークライフ  ヒストリー・オブ・バイオレンス  アンジェラ  うつせみ  マンダレイ  プロデューサーズ  ジャーヘッド

| | コメント (0)

2006年7月13日 (木)

「下北サンデーズ」発進

「下北サンデーズ」第1回、予想以上に面白かったね。 原作:石田衣良、脚本:河原雅彦、演出:堤幸彦ときては面白くならないはずが無い! しかも小生なじみの下北沢が舞台(いや、下北沢の舞台が舞台か)だし、ビンボー小劇団の赤貧奮闘記だし、へんな奴らがたんまり出てくるし(江口寿史のキャラみたいなラーメン屋の連中とか!) こりゃ今後が楽しみだ。最後はけっこう感動させてくれるに違いねえ!  それにしても古田新太! ドラマでも映画でも、最近なんにでも出てるぞ!! 一頃の多過ぎ、いや大杉漣以上では? 役者界のみのもんたか!?

p.s. しばらくトラックバックの受付をお休みすることにしました。業者のスパムTBが毎日200件以上も入って、くやしいけどやむを得ずです。 そのうち復活の際にはお知らせします(いたちごっこかも、だけどね)

| | コメント (1)

2006年7月12日 (水)

キットカット・夕張メロン

060711_22240001 キットカットの北海道限定バージョン「夕張メロン」です。 オレンジ色ではあるものの基本がホワイトチョコ系の味なので減点。 メロンの香りも、特にどうってことはないっす(夕張市農協提供の夕張メロン果汁パウダーを使っているようですが)。  この時期、常温だと銀紙にやわらかくからみついて大変だし、食感もまずい。冷やしてプリーズ。

| | コメント (0)

2006年7月11日 (火)

「ダンドリ」はやっぱローサでしょ

フジテレビの新ドラマ「ダンドリ Dance Drill」を見たけど、うーむ榮倉奈々ねえ? なんで彼女が主役なの?「セブンティーン」のモデルだったそうですが・・・。 にこっと笑うと宮崎あおいに似てるけど、普通にしてると実にフツーで華がない。 一方ビリング2番目の加藤ローサちゃんは相変わらずかーいーし、華やかだ。目の寄り具合とタレ目具合がチン(犬)みたいだし、あごのラインのシャープさ、小顔のコンパクトな造作、口がアヒルっぽいのもキュート・・・巫女の衣装が似合ってました。 まあ、フジの1年前の「がんばっていきまっしょい」も女子高生の脱力系スポ根ドラマとして同じ匂いがあるけど、あれも主役の鈴木杏よりも相武紗季の方が魅力的でしたなあ(ま、杏ちゃんも好きなんですけど。誕生日、大江戸と同じだし)。

で、大江戸的には今クール最大の期待作は相武紗季主演のテレ朝「レガッタ」だな。 同じくテレ朝「下北サンデーズ」も気になるけど、上戸彩がうるさそうでねえ・・・。

| | コメント (2)

まつりは終わりぬ

あーあ、ワールドカップ終わっちゃった。 次まで4年、長いなあ。 4強が揃ってからの4試合は大江戸が思ったとおりの結果で、イタリアが優勝しました。朝3時からPK戦終わって6時ですから、眠いっす。 というわけで、なぜか大江戸の手元にあるデルピエロのサインボール(アレッサンドロと書いてある)です。明石氏にはあげませんよ。Photo_17

1990年のイタリア大会ではドイツが優勝し、イタリアが3位だったので、「ああ、その逆になるな。」と思ったとおりになったのです。 でも決勝見ててやっぱりレベルの高さに愕然としてしまった。 これでJリーグ見ると、トラップやパスの精度の差に、スピードやボディバランスの差に、また愕然としてしまうのはいつものことなのですが(特にJ2)、でも応援しましょうよJリーグ! Jの強化が代表の強化につながっていくのは、まぎれもない事実ですから。 Jを見ない人にはガットゥーゾが噛みつくよ(ジダンが頭突きするよ)!

| | コメント (0)

2006年7月 8日 (土)

吉原治良の円

060707_13100001 国立近代美術館で「吉原治良展」を見ました。 ’5-60年代の『具体』のリーダーとして知られる彼ですが、大江戸もこれだけの作品を一気に見たのは初めて。 近来珍しい“抽象画”の大規模展ですね。 今回の展覧会は序・破・急のような構成で、「急」の部分で“円”シリーズをはじめとする大型の純粋抽象画がこれでもかと連打される様は壮観です。 図録では決してわからない、あの厚塗りのマチエールを目の前にするとやはり圧倒されます。そして広告ビジュアルにも使われた『黒地に赤い円』の力強さ、見飽きぬ魅力。まさに広告コピーの通り「誰にでも描けそうで彼にしか描けない円。」、一生かけて到達した境地なのです。060707_21180001  

| | コメント (0)

ウェーヴ通りの謎

060707_21500001 ウェーヴ通り、知ってますか? 小生もついこないだまで知りませんでした。これがなんとなんと井ノ頭線渋谷駅のすぐ脇(東急プラザ側)にありまして、先日発見して「うーむ」と思ったのでした。 だってだって、これってadidasのパクリ(業界的には「リーパク」)? そもそもなんで「ウェーヴ」と「ウ」に点々? なんで「波」? この微妙な手書き風字体は何のつもり? 謎が謎を呼びます。060707_21510001_2    しかもこのadidasもどきが不規則に明滅して(とても意図的とは思えぬほど微妙な不規則感があるのですが)、「え、それってひょっとしてウェーヴ(あのスタジアムで発生する)を模したってわけ?」とおそるおそる心のうちで問いかけねばなりません。 渋谷に秘境を見た思いです。

| | コメント (0)

2006年7月 7日 (金)

築地ノスタルジア

060706_14070001_1  ふらふらと築地界隈の晴海通りと聖路加病院の間あたりをさまよってみた。 060706_14100001時々「おお」と言うべきレトロ物件にぶち当たるのが嬉しい。 住宅地の中に突然旅館まであったのにはびっくりだ。060706_14130001_1  最後の写真はへんてこモダンな建築で、1階両脇の堂々たるローマ様式の柱も凄いけど、2階に「誰がのぞくんだ?」って感じの鏡が窓のごとくついているというトマソン的光景に打たれることしきりです。060706_14150001

| | コメント (0)

2006年7月 6日 (木)

念願かなう

ふふ、深津絵里、三上博史主演・蜷川幸雄演出で6日からシアターコクーンで始まる「あわれ彼女は娼婦」のチケット、ついに入手しました。 発売日の朝、すぐ完売しちゃって、その後街の金券屋やインターネットで見ても、高くて3万円とか、安くても7,500円の席が12,500円とかだったので、少し待っていたのですが、銀座の金券屋で7,500円のまま1枚売っていて(委託)、ちょうどナイスな日取りだったので、即ゲット。 いやー、嬉しい! ふかっちゃんの芝居は昨年の「走れメルス ~少女の唇からはダイナマイト!」(やはりコクーン)以来です。 それにしても一昨年の「カメレオンズ・リップ」はケラリーノ・サンドロビッチ、「メルス」は野田秀樹、そして今度の蜷川と、常に演劇界トップとの仕事が続く深津さんです(最近ではインテルの広告ビジュアルもさわやかでいいっす)。

| | コメント (0)

2006年7月 5日 (水)

レトロな未来派 in 高輪

060703_16090001 さてさて明治学院大学のすぐそばに、懐かしい風情の建物がもうひとつ。060703_16130001 実はこれ、東京消防庁・高輪消防署の二本松出張所でして、確かに1階には消防車が停車しておりました。060703_16120001 レトロ建築の割には火の見やぐらの尖塔部分が妙に未来的です。宇宙人と交信できるかも知れません。 060703_16120002すぐ脇にはこんな懐かしげな小道がありまして、いやー高輪おそるべしって感じですね。

だって、すぐそばにはこんな家も並んでたりしますもん。昔がそのまんまに生きている建物はこの他にも散見されました。 港区って、けっこうこういう「時の止まった場所」が多いんですよね。

060703_16070002  

| | コメント (0)

2006年7月 4日 (火)

ヒデの引退

中田英寿が現役引退を表明した。 ま、予想は出来たけど、一つの時代が終わったって感じ。ブラジル戦後のピッチに倒れ続けての涙は、やはりそういうことでしたか。29歳は早すぎると感じるむきもありましょうが、ヒデの今までの発言からすると、極めてナチュラルです。 個人的にはせめて今期の残り試合だけでも、古巣ベルマーレに戻っての“余生”を過ごしてもらいたかったけど、ヒデの辞書にはそういうのって無いんだよなあ。 思えばデビュー当時はカップラーメンのCMに、当時スターだった前園と並んで登場し、サッカー・ファン以外からは「ゾノの隣のあのぼーっとした兄ちゃんは誰だろう?」との謎を提供していたものでした。 さてさて、これから何をするのでしょうか?

| | コメント (0)

可士和 at 明学

060703_16350001_1 港区白金の明治学院大学で、超売れっ子アート・ディレクター佐藤可士和の「The Power of Art Direction 佐藤可士和×明治学院大学展」をやってるというので(7/29まで・無料)、見に行きました。060703_16170001_1佐藤氏は’04年から明治学院のブランディングを手がけているのです。 060701_21170001_2   このキャンパスに入るのは初めてですが、ヨーロピアンなレトロ建築が残っていて、清潔な校内。060703_16320001 天井高のあるガラス張りのカフェテリアみたいな所でやっていて、Smap、ステップワゴン、キリンレモン、書籍装丁、CDジャケットなど氏の代表作が並んでいました。まとめて見ると、やはり旬の勢いがありますね。 隣の購買部には、佐藤氏が手がけた明治学院のMGロゴ入りグッズのコーナーが出来てました(スカーフ、ネクタイからクッキーまで!)。060703_16310001  うーん、センス良かったっす。

| | コメント (0)

2006年7月 2日 (日)

古典的ですね

060701_21170001 渋谷LOFTのクリアランスセール中吊りポスターですが、・・・ベタですね。 そんなバナナ!

| | コメント (0)

4/64

ワールドカップ全64試合のうち残すところあと6試合だけなんですよね。明日の朝にはあと4試合となっています(ちなみに今年は残すところあと半分となっております)。 つまんないなー。 かといってFIFAで取りざたされてるように2年に1回なんてのは、ありがたみがなくなるので御免蒙りたい。 今大会で日本以外に印象的だったこと、一つ目は前にも書いたアルゼンチンがセルビア・モンテネグロから奪った2点目。25本のパスを流れるようにつないでカンビアッソが決めたというゴール。岡田・横浜Fマリノス監督も「今までサッカーを見てきて、こんなゴールは見たことがなかった」という芸術的な崩し。 それからイタリアがチェコを下した試合でのインザーギのゴール。長々とドリブルで運んできてキーパーの前、キーパーは自分に来てるから明らかに右の選手にパスした方がたやすく得点できるのに、あくまでも自分でキーパーをかわしてギリギリでのシュート。まさにこれぞ「フォワードってやつは・・・」の見本(柳沢とは真逆ですね)。

おお、そしてオシムの代表監督就任がほぼ固まったようだ。ピクシーや井原の入閣も噂されているようだが、いずれも大江戸好みの人々で、まずはめでたい。 ところで川渕キャプテンも感動した「オシムの言葉」がどの書店からも消えて入手困難状態のようだ。大江戸は昨年12月に出てすぐ買いました。ふふふ。

わがベルマーレはようやく連敗から抜け出しました。8連敗の後、札幌に2-1で勝利! やれやれ、ですね。

| | コメント (0)

2006年7月 1日 (土)

これこれ、ウソはいけません

060629_13520001 いくら歌舞伎座の裏手の店だからって・・・。

| | コメント (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »