« どろろ | トップページ | 「マキア」2周年のふかっちゃん »

2006年9月26日 (火)

へヴィーな傑作、「太陽の傷」

三池崇史監督・哀川翔主演の映画「太陽の傷」をレイトショーで観ました。へヴィー級の重いストレートパンチです。重苦しく、禍々(まがまが)しく、全編に溢れる不安感と緊張感。“社会派”なんて言うと言葉が薄っぺらだけど、現代社会と少年犯罪と少年法の問題を、高倉健ばりの忍耐と怒りの爆発で娯楽映画の土俵に引き倒して着地させた、その豪腕。 犯人の少年の造形(あの変な声と喋り方!)も、さすが。 脚本、演出、撮影、役者・・・みんな素晴らしいけど、不安を醸成し、細かい所まで行き届いていた音響効果にも拍手を贈りたい。 これを観て、怒りと共感で血がたぎることがない人は、大江戸の仲間じゃないね。

|

« どろろ | トップページ | 「マキア」2周年のふかっちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どろろ | トップページ | 「マキア」2周年のふかっちゃん »