« 2006邦画トップテン | トップページ | 2万アクセス突破 »

2007年1月22日 (月)

2006洋画トップテン

2006年マイ外国映画トップテンです。   ( )内は監督名。

1.プルーフ・オブ・マイ・ライフ(ジョン・マッデン)   2.リトル・ミス・サンシャイン(ジョナサン・デイトン、ヴァレレー・ファリス)   3.スタンドアップ(ニキ・カーロ)   4.プライドと偏見(ジョー・ライト)   5.グエムル 漢江<ハンガン>の怪物(ポン・ジュノ)   6.僕のニューヨークライフ(ウディ・アレン)   7.ヒストリー・オブ・バイオレンス(デイヴイッド・クローネンバーグ)   8.アンジェラ(リュック・ベッソン)   9.マンダレイ(ラース・フォン・トリアー)   10.マッチポイント(ウディ・アレン)   次点.うつせみ(キム・ギドク)

<その他の記憶すべき作品>   太陽   弓   明日へのチケット   プラダを着た悪魔   プロデューサーズ   ジャーヘッド   美しき運命の傷痕   ユナイテッド93   グッドナイト&グッドラック   硫黄島からの手紙   愛されるために、ここにいる   Vフォー・ヴェンデッタ   カーズ   007カジノ・ロワイヤル

監督賞:ジョン・マッデン(プルーフ・オブ・マイ・ライフ)   脚本賞:レベッカ・ミラー(プルーフ~)   主演女優賞:クリスティーナ・リッチ(僕のニューヨークライフ)   主演男優賞:イッセー尾形(太陽)   助演女優賞:ティルダ・スウィントン(ナルニア国物語)   助演男優賞:ドナルド・サザーランド(プライドと偏見)、アラン・アーキン(リトル・ミス・サンシャイン)

1位にふさわしい作品が最後まで出ませんでした。「プルーフ~」は3位ぐらいに置いておくと座りがいい作品なのですが・・・(そうは言っても、見事な脚本、見事な演出、見事な演技、見事な音楽、しかも瑞々しさと風格を両立させている)。 ただテン圏外も含めて粒ぞろいではありました。 そんな中、2作が入ったウディ・アレンの復活は嬉しい限りです。

   

|

« 2006邦画トップテン | トップページ | 2万アクセス突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2006邦画トップテン | トップページ | 2万アクセス突破 »