« 今日の点取り占い29 | トップページ | 2006邦画トップテン »

2007年1月20日 (土)

「さくらん」への期待

かねてより蜷川実花の第1回監督作品・土屋アンナ主演の「さくらん」には期待できると思っていましたが、ここんところ予告を見るにつけ、それが確信に変わりつつあります。赤をはじめきらびやかな原色世界がいかにもフォトグラファー・ニナガワらしく、細まゆげの土屋アンナがその中で自由にロックしてる感じで。その映像のポップにはじけてるケレン味は、あたかも「嫌われ松子の一生」のようです(金魚も印象的に使われてるし)。音楽もジャズやロックがはじけてて、テーマ曲も椎名林檎だそうです。 ここで土屋アンナは“女優”としてきっちりブレイクすると思います(「下妻物語」はまだ新人としてのハンディキャップつきだったからね)。 ちなみに大江戸は蜷川父の監督作品「魔性の夏」と「青の炎」、どちらも好きです。

|

« 今日の点取り占い29 | トップページ | 2006邦画トップテン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日の点取り占い29 | トップページ | 2006邦画トップテン »