« 下北沢のそば屋「慶水」 | トップページ | 祝・3万アクセス突破 »

2007年6月 9日 (土)

「時効警察」2 終了

「帰って来た時効警察」、9話にして終了しました。視聴率はとても良かったのに、早かったですね。美人薄命。 ほとんどの回がメチャ面白かったです。1話や最終話を手がけたメイン・ディレクターの三木聡のテイストによる部分が大きいわけですけど、ラス前の脚本・監督を手がけたオダギリジョーが、結構実験的で意外と良かったです。 でも、この終わり方を見ると、このワクの先輩である「トリック」のように、今後のゴールデン進出→映画化という路線が結構現実味を帯びてきたような気もしたりします。わくわく。

|

« 下北沢のそば屋「慶水」 | トップページ | 祝・3万アクセス突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/6715107

この記事へのトラックバック一覧です: 「時効警察」2 終了:

» 帰ってきた時効警察〜最終回・室井滋! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
帰ってきた時効警察も最終回ですが、深夜ドラマなので9回で終りのようです。今回、スペインギターの演奏者が室井滋で、空飛ぶ楽屋泥棒殺人事件とかなり破天荒ですが、小ネタ・ミステリーともよく出来ており、有終の美を飾ったと思います。今回更に三日月しずか(麻生久美子)の元カレ登場など、霧山修一朗(オダギリジョー)との恋愛面もあったりします。(帰ってきた時効警察、最終回感想、以下に続きます) 【帰ってきた時効警察・各話感想】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終回 ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 18時36分

» さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束ですが…(帰ってきた時効警察#9最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
このドラマはフィクションであり登場人物・団体名等は全て架空のものです。 「セーラー服と機関銃」薬師丸ひろ子  星泉(長澤まさみ)  来生たかお 『帰ってきた時効警察』 インターポールに三日月しずかの元カレ・神保悟志降臨たぶん歩いてたのは羽田空港手前の新整...... [続きを読む]

受信: 2007年6月11日 (月) 15時39分

» 帰ってきた時効警察 最終話 「振り返らずに別れるか?最後にもう一度振り返って別れる・・・以下略」 [しっとう?岩田亜矢那]
副題の長さに挑戦か?! 「タイトルは50文字以内です」ってエラーがでちゃったじゃないか!! 筆者が一番疑問なのは、 「霧山くんの話もさして面白くないんですけど・・・」 どの位面白くないかと言うと 土肥ポン太より更に面白くない・・・ つまり、彼が大阪に在住していたとしたら 日常生活でさえ支障をきたす程の。 でも九門竜の話がつまらなく 霧山くんの話が面白いのは それは、つまり三日月が霧山くんの事が大好きだから! って事でしょうか? 好きな人との会話ってどんな話題でも楽しいもんね。 でも勇気を出して... [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 13時47分

« 下北沢のそば屋「慶水」 | トップページ | 祝・3万アクセス突破 »