« 秋の新製品続々 | トップページ | 「ブラック・スネーク・モーン」の美しさ »

2007年9月24日 (月)

「人が人を愛することのどうしようもなさ」はいい

映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」を観ました。石井隆の久々の名美シリーズです。そして、不調が続いていた石井隆の復活でもあります。夜と雨。闇の黒と血、ルージュの赤。やるせなさと狂おしさと愛。まさに石井ワールドで、その中を喜多嶋舞が凄まじい覚悟で演じる“名美”。彼女は「GONIN2」(素晴らしい出来なのに、妙に評価が低かった)でも一番輝いていましたね。

映画中映画を利用した複雑な入れ子構造が、現実と夢幻の垣根を曖昧にし、映画全体が夢とも現とも、正気とも狂気ともわからない作りになっているところが面白さでもあり、そのトリッキーな構造の妙ゆえに弱くなってしまった点でもあります。 ラスト近くの「サンセット大通り」の如きシーンでの、リップスティックと唇のあからさまなメタファーは、それでも哀しく美しい愛のクライマックスとして成立していました。 最上の石井作品かと言われれば、少し物足りなくもあるけれど、いずれにせよ最近はこういう暗さをはらんだ大人の日本映画がなくなっているので、懐かしくも新鮮でありました。

|

« 秋の新製品続々 | トップページ | 「ブラック・スネーク・モーン」の美しさ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/8079337

この記事へのトラックバック一覧です: 「人が人を愛することのどうしようもなさ」はいい:

» 喜多嶋舞さんが自身の妊娠を公表しました []
喜多嶋舞さんが妊娠 [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 10時28分

« 秋の新製品続々 | トップページ | 「ブラック・スネーク・モーン」の美しさ »