« タカトラの新しい箱 | トップページ | 「ジャンゴ」に満足できず »

2007年9月17日 (月)

「ヱヴァンゲリヲン」の序

070916_18570001 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」、観ましたよ。そんなに熱心なエヴァ・フリークではないのですが、’90年代の「新世紀エヴァンゲリオン」はTVシリーズも大体見たし、映画はすべて観ましたよ。やはり、あの斬新なスタイルとペダンティックな謎や哲学にけっこう惹きつけられましたし、その出来を高く評価したものでした。アニメに特段の興味があるわけでもない小生ですが、“映画”として、映像作品として、深く素晴らしいものでした。

さて今世紀のエヴァですが・・・クォリティを上げてリビルドされた今回の新作、まずは序・破・急(最終的には4連作になるようですが)の「序」から。 いやあ、シンジがうじうじ悩んでて暗いのが、もう最高ですね。これぞエヴァの世界。そして戦闘シーンの迫力。サービスカットも・・・。 作りとしても、一応初めての人にも何とか理解できるように(ディテールは別として)なっているのではないかな。98分とコンパクトな中、密度高く表現してくれました。 ラストに「つづく」が出るわけですが、早くつづきが観たいですねえ。

|

« タカトラの新しい箱 | トップページ | 「ジャンゴ」に満足できず »

コメント

エヴァ・・・・
私も劇場版・TV版 見ましたが。
ラスト(劇場版)がわかったような、わからないような
う~ん。
何か、作り手側の主張のみが前面に出ているよう気が・・・

投稿: きかんぼう | 2007年9月17日 (月) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/7974457

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヱヴァンゲリヲン」の序:

« タカトラの新しい箱 | トップページ | 「ジャンゴ」に満足できず »