« ようやくミエルのドーナツ | トップページ | 「ガンジス河でバタフライ」イマイチ »

2007年10月 6日 (土)

郵便局のひどいカラーリング

071005_13550002 郵政民営化のスタートで、10月1日から各地の郵便局が妙なことになっております。4つの会社(+持ち株会社)に分かれたわけですが、郵便局=オレンジ、郵便事業=赤、ゆうちょ=緑、かんぽ=青にしたもんだから、以前のグリーンで統一されていた郵便局に比べて、色がどうしようもなくハレーションをおこしているのです。ま、かんぽの青は外からは見えないのですが、看板のオレンジ、〒マークとポストの赤、ゆうちょの看板の緑と、相性の悪い色同士が主張し合ってて、これはもう見るに耐えないお恥ずかしい状況になっているのです。 まあ、“JP”の同型ロゴでアライアンスとしての統一を示しながら、業種の違いを色で見せるというのは、考え方としてはわかりますけど、これはムリってもんですよ。それとも目が慣れていくのでしょうか?

|

« ようやくミエルのドーナツ | トップページ | 「ガンジス河でバタフライ」イマイチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/8260351

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局のひどいカラーリング:

» 10月1日始まります。 [郵政民営化の疑問]
ついに、小泉首相念願の郵政民営化が10月1日始まります。郵政の民営化で変わること、変わらないこと、いっぱいあると思います。当サイトを参考に郵政民営化について、お届けさせていただきます。まずは、概略から。郵政公社解散↓↓↓↓↓↓日本郵政株式会社郵便局株式会社郵便事業株式会社株式会社かんぽ生命保険株式会社ゆうちょ銀行以上の会社に分社化されます。郵政民営化の疑問... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 03時21分

« ようやくミエルのドーナツ | トップページ | 「ガンジス河でバタフライ」イマイチ »