« 謎のペインティング | トップページ | 誤変換の不意打ち »

2007年10月21日 (日)

「半島を出よ」はやはり凄かった

071021_22460001 一昨年に出版されたときに「これは面白そうだ!」と思いながら、ハードカヴァー上下巻のお値段に恐れをなして買わなかった村上龍の「半島を出よ」がしばらく前に文庫化されたので、ようやく買いました。ぶ厚くて情報量多いので、そうとう長いことかけて読み終えました(もちろんその間にはいろんなものをどっさり読んでるんだけど)。 恐るべき近未来ポリティカル・フィクションであり、リアルな情報と説得力に富んだ巨大なスケールのスーパー・エンターテインメントです。 ハードカヴァーで買ったとしても、十分値段に見合う面白さでした。現代日本への警鐘という意味でも、ぐいぐいと迫って来ます。豊富な資料に基づいた北朝鮮関係の描写の重苦しい怖さ! これを40億円ぐらいかけて、最新のCGIを駆使して映画化したら凄いだろうなあ・・・とか思ってたら、どうも日韓合作で映画化する動きがあるようでびっくり 。『タイフーン』『チング 友よ』のクァク・キョンテク監督が手がけるようです。さて、どうなるのでしょうか。 それにしても小生はずっと「半島をいでよ」だと思っていましたが、なんと「半島をでよ」だったのですね。「でよ」って、なんか語感が悪く頼りない感じだけどなあ。 

|

« 謎のペインティング | トップページ | 誤変換の不意打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/8549616

この記事へのトラックバック一覧です: 「半島を出よ」はやはり凄かった:

« 謎のペインティング | トップページ | 誤変換の不意打ち »