« ナビスコ杯決勝 | トップページ | なかなか結構「自虐の詩」 »

2007年11月 5日 (月)

「犯人に告ぐ」は上出来

映画「犯人に告ぐ」はよく出来たエンタテインメントでした。派手ではないけれど、密度が濃く、2時間弱をダレ場なしで駆け抜けます。ある意味直線的なストーリーを、単純なものとしなかった要因は、登場人物の絡まり方と描き方、そして(地道な張り込みをきっちり描写するような)リアルさ。これらがサスペンスを生み、物語を豊穣にしていました。ある種のTVっぽさが勝ってて、映画のスケール感が乏しいのはやや残念な気もしますが、これだけ面白ければいいでしょう。「海猿」「HERO」「ガリレオ」などTV、映画をまたいで活躍中の福田靖脚本の出来の良さも勝因です。 組織内の悪役たちが(石橋凌も片岡礼子も)効いてましたが、何と言っても小澤征悦のワルっぷりが、腹が立つほど巧くって、リップクリームの塗り方の気持ち悪さなんか、ホントいやになります。 ところで、ラストの豊川の目を見開いた驚きの表情(と驚きの効果音)が何のことだったのかよくわかりませんでした。その直後に(開巻以来出ていなかった)「犯人に告ぐ」というメインタイトルが出て、エンドタイトルロールとなるので、もしかして「しまった!今までタイトル出ていなかった!!」の驚きだったのかしらん?

|

« ナビスコ杯決勝 | トップページ | なかなか結構「自虐の詩」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/8762097

この記事へのトラックバック一覧です: 「犯人に告ぐ」は上出来:

« ナビスコ杯決勝 | トップページ | なかなか結構「自虐の詩」 »