« 「犯人に告ぐ」は上出来 | トップページ | 巨大なヴィトンのトランク »

2007年11月 5日 (月)

なかなか結構「自虐の詩」

映画「自虐の詩」は思ったとおりなかなか面白うございました。パンチパーマでちゃぶ台をひっくり返す阿部寛と、冴えない薄幸女に扮する中谷美紀。監督の堤幸彦は、阿部とは「トリック」や「大帝の剣」で、中谷とは「ケイゾク」でご縁があるわけだし、こういうギミックたっぷりの変化球をやらせると生きる人だから。 でも期待値にはちょっと足りなかったかなあ。中盤以降の回想シーンなんかがちょっとスピードダウンしてしまって、やけに叙情的でねえ。 まあ4コマ漫画を長編映画にする難しさは、どうしようもなく存在したのでしょう。 中谷の少女時代を演じる岡珠希が、地味で自信と存在感なさげで、でも可愛くて、適役かつなかなかいい感じでした。 ちなみにこの映画の公式サイトには「ちゃぶ1グランプリ」っていうちゃぶ台ひっくり返しゲームがあります。やってみてください。小生は「112回転」が出ました。

http://www.jigyaku.com/index.html

|

« 「犯人に告ぐ」は上出来 | トップページ | 巨大なヴィトンのトランク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/8762352

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか結構「自虐の詩」:

« 「犯人に告ぐ」は上出来 | トップページ | 巨大なヴィトンのトランク »