« 雪の香り | トップページ | 銀座でワイン試飲三昧 »

2008年2月22日 (金)

傷だらけの中国戦

東アジア選手権第2戦(男子)の日本vs.中国戦、アウェイだからというよりは、北朝鮮の審判の偏ったジャッジにかなりやられましたね。でも、このチームすごく冷静。中沢や啓太をはじめ、熱くなって不利にならないようにコントロールしてるのがよくわかります(啓太の小突き合いはイエロー覚悟で計算の上ですね)。まあ、それにしても中国もアフターでガンガン削りに来てました。 そもそもがケガだらけで中国に入ったのに、1戦、2戦と戦って更にケガ人が増えて、韓国戦はどんなメンバーが組めるのか心配です。 でも、田代は意外なほど使い物になってるし、今野のセンターバックも水本よりいいじゃないですか。(キーパーに正面から跳び蹴りされた)安田も良かったし、ケイタ&ケンゴのダブルボランチも非常にうまく機能してました。 何はともあれ、川淵キャプテンも怒って「東アジア連盟に抗議する」と言ってたそうですから、あの「中東の笛」を髣髴とさせる北朝鮮の審判、なんとかしちゃってもらいたいものです。

|

« 雪の香り | トップページ | 銀座でワイン試飲三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/10673679

この記事へのトラックバック一覧です: 傷だらけの中国戦:

« 雪の香り | トップページ | 銀座でワイン試飲三昧 »