« 前作には負けるけど・・・「スルース」 | トップページ | ここんとこのキットカット »

2008年3月22日 (土)

ワイン会ギガントオイシス

080321_22100001 久々のワイン会、ありました。今回はニューワールド中心で・・・。 まずはフランシス・コッポラのワイナリーから「ソフィア 06年」。娘の名を冠したスパークリングです。甘口で華やかな香りで、確かに“愛娘感”に溢れてます。おいしいです。ラベルもフェミニンでおしゃれ。

次にニュージーランドの「クラウディー・ベイ テココ白 04年」、昨年も飲ませてもらった希少品。とにかくハチミツ!そしてアフターのナッツ香。いやあ、いいですねえ。

カリフォルニアの「ケンウッド白 06年」。ま、テココに較べると分が悪い。普通においしいんですけど・・・。

080321_22170002 赤はいきなり「ファットリア・ディ・バルビ ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」。さすがです。深く複雑な香りに、やわらかい酸味とタンニン。色もいいですね。

080321_22170001 そしてまたフランシス・コッッポラの「ディレクターズ・カット」と称する、洒落た名前のジンファンデルです。ワイルドさを抑えて洗練されたジンファンデルで、なめらかで上品な香りで、ステキです。映画のフィルム(ダンス・シーン)がボトルにぐるぐる巻きになったようなラベルも洒落てます。

080321_22380001 スペインの「カスティーリョ・ディ・モネスマ 00年」はスペインの典型種であるテンプラニーリョを使わず、カベルネ-メルローでボルドー風に仕上げてます。スペイン特有のあの“大地の香り”が無いのが好き嫌いの分かれ目かも知れませんが、小生は好きですねえ。果実分の強さとジャムっぽい甘さ、適度な樽香。

チリはマイポ・ヴァレーの「アルバ・デ・ドムス」。濃い、甘い、アフターもしっかり、と大江戸好みですねえ、こいつ!(と言いつつも写真を撮り忘れました)

オーストラリアの「グリーンポイント 06年」は浅くて発展性が無い感じ。酸味もあまりいい感じではなかったかな。 

カリフォルニアの「アイアン・ストーン 04年」、葡萄はカベルネフラン。軽やかで、スイートで、なんかステキ。

今回は仕事で出遅れたのですが、2時間ほどの間にしっかりと勉強させてもらいました。楽しみました。 

|

« 前作には負けるけど・・・「スルース」 | トップページ | ここんとこのキットカット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/11665003

この記事へのトラックバック一覧です: ワイン会ギガントオイシス:

» ワイン [ワイン]
ワインは近年人気が高まっているお酒です。ワインをネタにした番組や記事も目にするようになりましたし、毎 [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 10時32分

« 前作には負けるけど・・・「スルース」 | トップページ | ここんとこのキットカット »