« 今日の点取り占い69 | トップページ | リッチなグミインチョコレート »

2008年4月20日 (日)

「パラノイドパーク」の静かな重さ

ガス・ヴァン・サント監督の「パラノイドパーク」を観ましたが、うーん、ライトウェイトなのにヘヴィーなパンチ。 高校生の少年たちと重大な事件を淡々と描くってことでは同監督の「エレファント」と共通しますが、小生は断然こちらの方を支持します。 言葉にしてしまうとチープだけど、日常をあっという間に非日常に変えてしまう事件の重みと、その受け止め難い非現実感。それでも普通に続いていく日常と、もう戻れないという絶望感、それすらも他人事のような夢幻感と、心の中の罪と罰。巻き戻せない時間と取り戻せない世界への、どうしようもない悔恨。 淡々と日常の描写を積み重ねていく中に、じんわりと、しかも重くのしかかってくる不安・・・しかし、それが美しく描かれることで、また一つ高い次元に昇華されています。これはリアルかつ詩的なホラーです。 あたかも文学、でもまぎれもなく映画です。深いです。 万人向けではないけれど、お見事です。

|

« 今日の点取り占い69 | トップページ | リッチなグミインチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/20426273

この記事へのトラックバック一覧です: 「パラノイドパーク」の静かな重さ:

» 【劇場映画】 パラノイドパーク [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 16歳の少年アレックスは始めたばかりのスケボーに夢中。その日も、スケボー少年の聖地・パラノイドパークに向かった。しかし頭をよぎるのは家族の事や彼女のジェニファーの事ばかり。不良グループに声をかけられたアレックスは、スリルを味わうために貨物列車の飛び乗りに参加する。その時、ふとした偶然から鉄道警備員を死なせてしまう。不安に駆られながらも、何事もなかったかのように日常生活を送るアレックスだったが…。(goo映画より) 説明するのが難しい映画。 主人公のアレックスの混乱を表すかの... [続きを読む]

受信: 2008年5月 8日 (木) 20時40分

« 今日の点取り占い69 | トップページ | リッチなグミインチョコレート »