« 映画「休暇」の良さ | トップページ | 原研哉の「白」 »

2008年6月23日 (月)

3次予選は1位通過

W杯3次予選最終戦の日本vs.バーレーンはロスタイムの1点で日本が勝ちました。雨で日本のサッカーがしにくかったところはありますが、もう玉田がはずしまくってねえ・・・。そもそも前半6分のPKを俊輔が止められなければ、また違った展開もあったのに。そうだ、俊輔のPKはずしといい、終了間際のカッコ悪い1点といい、ジーコ時代のW杯予選のオマーン戦とそっくりです(場所も同じ埼スタだし)。 それにしてもあれは内田の得点と言うよりは、「内田のアシスト&巻の『エアゴール』!」と呼びたい感じでした。キーパー、完全に巻に行ってますもん。巻がからむと泥臭い得点が生まれる--鉄則です。

それはそうとユーロのクォーターファイナルで延長の末、オランダがロシアに1-3で敗れたのはショックでした。でも、ロシアのが良かったですもん。やっぱヒディンク凄い!当代一の名将と呼ばざるを得ないでしょう。

|

« 映画「休暇」の良さ | トップページ | 原研哉の「白」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/21825738

この記事へのトラックバック一覧です: 3次予選は1位通過:

« 映画「休暇」の良さ | トップページ | 原研哉の「白」 »