« リーパク? | トップページ | A組で良かった »

2008年6月27日 (金)

ターナー賞の歩み展

080626_21290001 ギロッポンの森美術館で「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」を見ました。火曜以外は夜の10時までやってくれているのがありがたいです。 ターナー賞24年の歩みをたどることは、ここ四半世紀の現代美術を概観することに他なりません。ギルバート&ジョージ、リチャード・ロング、アニッシュ・カプーア、アントニー・ゴームリーあたりは大江戸も知ってるのですが、近年のは正直知らないアーティストばかりでした。 そんな中、やはり最大のスター、デミアン・ハーストの“あの”「母と子、分断されて」を見ることができたのは有意義でした。単純さとインパクトとタナトス・・・やはりアートの歴史に必ず残る作品でしょう。 クマの着ぐるみを着た人が夜中のビルの誰もいないフロアをうろうろしてるだけという、最後にあった映像作品には大いに笑いました。

080626_21170001 会場を出て、同フロアの展望台から東京タワーを見ると、ああやっぱり美しいです。 How enchanting !

|

« リーパク? | トップページ | A組で良かった »

コメント

熊のぬいぐるみを着て・・・、笑えましたねえ。

投稿: risi@いけばな | 2008年7月 9日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/21912916

この記事へのトラックバック一覧です: ターナー賞の歩み展:

« リーパク? | トップページ | A組で良かった »