« おぐしお | トップページ | わめぞ探訪記(後編) »

2008年8月14日 (木)

わめぞ探訪記(前編)

080813_12000001  大江戸は年に一度の夏休みに入ってるのですけど、恒例の東京探索を行いました。今回は副都心線で話題の「わめぞ(早稲田、目白、雑司ヶ谷エリア)」を極めるべく、新宿から池袋まで山手線の内側を歩いてみました。 まずは東新宿のコリアン・タウン。マンションの1階にお店が営業しているわけですが、お店の逆サイドの塀に看板が出てるっては珍しいですね。

080813_12220001_2 続いて戸山公園。都会の中に林があります。この中には箱根山っていう、山の手線内で一番標高の高い山があるのです。とは言っても標高44.6mで、ちょろいもんです。頂上のプレートにそう記してあります。

お次はお隣の早稲田に行くと、早大周辺の街灯がオシャレでした。080813_12410001 そして喫茶店もなかなかのレトロ風情と、異様なランプの大きさを見せているのでした。

(つづく)

080813_12400001080813_12200001 080813_12190001

|

« おぐしお | トップページ | わめぞ探訪記(後編) »

コメント

あのデカランプの店は昔から「プンンラタ」と読むやつが絶えなかった店です。
下に正解が出ちゃっているのが残念。

投稿: risi@いけばな | 2008年8月16日 (土) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/22969622

この記事へのトラックバック一覧です: わめぞ探訪記(前編):

« おぐしお | トップページ | わめぞ探訪記(後編) »