« 五輪女子サッカー始まりました | トップページ | 良いです、「百万円と苦虫女」 »

2008年8月 9日 (土)

北京五輪開会式高得点

北京オリンピックの開会式、まだ選手入場行進の途中ですけど、オープニング1時間余にわたる数々のパフォーマンスの演出が素晴らしかったです。演出がチャン・イーモウと聞いて納得。古くは「紅いコーリャン」や「紅夢」から近作の「HERO」「LOVERS」に至る華麗でドリーミーな演出力が生かされてました。歴史と現代技術の融合、中国ならではの人海戦術による驚きの動き、お手の物の花火、あくまでも「中国の歴史」をフィーチャーしながらのグローバルでアーティスティックな表現。近年のオリンピックで定番となった『空中を使った表現』も含め、お見事でした。今までのオリンピックの開会式演出の中で最高の出来と言ってよいと思います(ま、行進の後がどうなるか?とか、聖火の入場と点火は?とかもこれからの“お楽しみ”なのですが・・・)。

ところで入場行進のトラックの周りにぐるりと配置されたおねーさんたちにも驚かされちゃいます。昭和40年代の小川ローサ「オー!モーレツ」のような衣装で、かなりいいかげんな振り付けの踊りを延々とゆるゆると踊り続けています。ほとんどドリフの「えんやーこーらや、どっこいじゃんじゃんこーらや」程度の、時として盆踊りのような振り付けで、しかもけっこうばらつきが出てて、「とりあえず人はいっぱいいて人件費安いから、ここらに置いとくかー」的な、アバウトなノリが感じられて微笑ましいですね。

|

« 五輪女子サッカー始まりました | トップページ | 良いです、「百万円と苦虫女」 »

コメント

で、その後の聖火点灯のクライマックス、凄かったです。ランナーは宙空に浮かび、高い所に巻き物が広がり、そこに過去の五輪の聖火の光景が写し出され、ランナーはワイヤーワークで宙を走る。聖火台も巻き物の軸の形。そして、大量すぎるほど大量で大気に悪そうな花火の嵐!圧巻でした。

投稿: 大江戸時夫 | 2008年8月10日 (日) 00時01分

長すぎる気がしました。

投稿: きかんぼう | 2008年8月10日 (日) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/22870628

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪開会式高得点:

« 五輪女子サッカー始まりました | トップページ | 良いです、「百万円と苦虫女」 »