« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

秋だ。マキアだ。ふかっちゃん!

080926_11390001 数日前の銀座駅構内。(もう終わっちゃったんですけど)「マキア」4周年号の広告、深津絵里さんの銀座ジャック(部分的にだけど)です。うっとり。080926_11390002 毎年この時期の○周年号はふかっちゃんの表紙で、はや4周年。 で、この隣には先日ご紹介したフランドル・グループ30周年のポスターも貼られていたのでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

「20世紀少年」、続きが楽しみ

浦沢直樹の原作マンガは読んだことが無いのですが、映画「20世紀少年」第1部、ちゃんと楽しめました。ま、こういうもんは概して、読んでないからこそ不満や落胆を感じることが無いんですけどね。三部作で約60億円もの巨費を投じた大作だけあって、VFXの出来やスケール感は見事なものですし、2時間22分のドラマをダレずに引っ張っていきます。でもややもすると絵作りやエキストラのさばきが薄っぺらになってしまう堤幸彦の悪癖が、ちらほらと出ているような気も・・・。 とは言え、この役者たちのアンサンブルや顔を見ているだけでも、けっこう楽しいし、ここは“役者を生かす”堤監督の美点が生きていると言えるでしょう。

鮮やかだったのは最後に出てくる第2章へのブリッジ的な短い場面での少女カンナのフレッシュなきらめき! スター誕生の瞬間のような鮮烈さでした。誰かと思って調べたら「平愛梨(たいらあいり)」。あー、そういえば「笑う大天使(ミカエル)」に出てたねえ。もう今度の12月で24歳だけど、もっと若く見えました。眉と目が印象的にシャープです。 いずれにしても1月31日公開の第2章、そして5月の第3章が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

今日の点取り占い84

080927_22040001 お金が足りなくて困った   6点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッパ来襲!?

080927_00090001 久々に黄金期の東スポを思わせるトンデモ記事です! 「千葉にカッパ来襲」だそうです。「市川市の民家ポストに手形」なのだそうで、読んでみると実になんてこともない。会社員Aさん宅のポストに5本指の手形がついていて、水かきがあるように見えるのでカッパがきたのでは?ってだけでした。いやー、実に東スポ精神にあふれた針小棒大ぶりです。 リードの最後の部分には「果たして本当にカッパなのか。騒動を追った。」とありますが、読んでみても何も騒動になってません。見事なクリエイティビティーです。

080927_00100002 その上中面にも「UFO設計図発見」ってのがあって、「え?」と思ったのですが、よくよく読んでみるとこれは広告特集なのでした。つまり下部にあるタカラトミーの「QFO」という室内赤外線コントロール円盤(税込4,200円)を導き出すための紙面を1ページ作ってしまったわけです。結構巧妙にできておりました。ちなみに9月27日新発売だそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

だじゃれ

大乗仏教ならだいじょうぶ。

(チョットコワレテマス。キニシナイデクダサイ。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

5連グミ

080924_20300001 支援者の方から頂戴しました。春日井製菓の「グミ100」がつながってる「5連グミ100」です。ゴレンジャーみたいなもんです。080924_20310001 アップル・マスカット・オレンジ・グレープ・パイナップルというお楽しみセットです。小ぶりなドーム型で、少し固めで、おいしいです。080924_20310002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

J終盤のあれやこれ

Jリーグも終盤を迎え、凄いことになってきております。大分が暫定首位に立ちました! 6月25日以来、Jでもナビスコカップでも負けなしで3ヶ月ってんだから・・・。すげーぞ、シャムスカ。今日も後半42分に勝ち越して、けどロスタイムに同点にされて、それでも終了間際のラスト1プレイで3-2の勝利をつかんだってんですから。劇的ですね。

2位に落ちた名古屋は、千葉の残留への執念にやられたって感じ。千葉はここにきて3連勝!すげーぞ、ミラー監督(すげーぞ、深井)。自動降格圏を脱して16位に上がりました。代わりにジュビロが17位に! JEFはこのまま上がって行きそうです。巻も頭を丸めた甲斐があったってもんです。代わりにヴェルディが落ちてくるというのが大江戸の予想。

J2ではぶっちぎりの広島が昇格を決めました。はやっ!! まあ、落ちたのが「なぜ??」って戦力でしたし、落ちたときにも駒野ぐらいしか抜けないという珍しいケースでしたから。 湘南は勝てば2位だったのに、ロスタイムの1発で仙台に敗れて4位に下がりました。まあ、これからが勝負ですけど。惜しむらくは好調だったのにケガで全治2ヶ月のトゥットと、前節1発レッドのジャーンが出られなかったこと。アジエル、斉藤など怪我人が多すぎます(まあ厚くなった選手層のおかげで、なんとか持ちこたえてるんですけど)。でも平塚は1万1000人を越える今期最高の大入りだったようです。ほんと、急に観客が増えて、えらい騒ぎです。 そして明日24日はジャーンの31歳の誕生日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

ヨーグルト味チョコボール

080922_20580001 森永チョコボールの新製品「ヨーグルト」です。カルシウム入りです。 ヤバイ!マジうめえ! 大江戸の嫌いなホワイトチョコレートが全然気にならない、ヨーグルトとの相性の良さ!後を引いて、すぐに1箱食べつくしちゃいました。こりゃいいや。

080922_21070001 で、なぜかキョロちゃんがホルスタイン柄(そりゃあヨーグルトは乳製品ですけど・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

「パコと魔法の絵本」、笑えて泣けてハートフル

期待の映画「パコと魔法の絵本」、期待通りにステキで笑えて楽しく、なんか泣けるところさえあって、面白かったです。 見事に中島哲也ワールドで、極彩色でCGI全開のアメージング映像の洪水と、クレイジーなメイクの役者たちによるによる針の振り切れたハイテンション芝居。まさにオモチャ箱をひっくり返したような狂騒ぶりですが、そこにちゃんと“ハート”が込められてるあたりが『中島流』です。

リア王みたいな役所広司、見事です。阿部サダヲ、いつもながら笑えます。小池栄子、イッちゃってます。でも、土屋アンナのパンク看護婦には後半見事に泣かされました(しかも2ヶ所で)。あの妻夫木との件りにおいて、切ない愛をあのダミ声でつっぱって語るあたりは、もうあんさんの独壇場で、涙ちょちょぎれるってもんです。 でも周囲の人たちは別のスタンダードな部分で、しきりに鼻すすってましたね。意外なほど多くの人が泣いてました。 大人から子供まで誰もが楽しめる、今日び稀有な娯楽映画であります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

キャラメルのキットカット×2

080921_00420001 キットカットがマクドナルドとコラボしてるっていう「キャラメルマキアート味」です。まあ、同じ味ってだけじゃんとの疑いもありますが・・・。 コーヒー1.0%使用だそうで、多少塩キャラメル味のようにも思えますが、言われてみればキャラメルマキアートですね。コーヒーやキャラメルの香りが立ってるおかげで、ホワイトチョコがあまり気にならないのがグッドです。キャラメルのほんのりビターな味が利いています。

080921_00420002で、こちらは夏から出てた「キャラメルプリン味」の、ハロウィーン・バージョン。こちらはチョコとプリンなのですが、両者が引き立てあうことなく、なんか成功し損ねた味ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

名監督 市川準、急逝

驚きました。映画監督の市川準さんが59歳で急逝してしまいました。日本の映画監督で、たぶん一番好きな人でした。小津とか市川崑とか相米とかよりも更に好きですもん、やっぱり。調べてみると、’87年に「BU・SU」で映画監督になってからの19本の劇場公開作は全て公開時に劇場で観ておりました(’06年のWOWOW制作のテレフィーチャー「春、バーニーズで」だけは未見)。 あのドキュメンタリーのような映像。ドキュメンタリー的にナチュラルな役者の使い方、描き方。静かなタッチで、言葉少なに「空気」や「ニュアンス」をきっちり描き出して、独自の市川準ワールドを創り上げるその手腕。東京の街の魅力をこれだけきちんと描いてくれた監督も他にはいませんでした。

5本選べと言われれば、「つぐみ」、「病院で死ぬということ」、「東京兄妹」、「BU・SU」、「トニー滝谷」か・・・。でも、「あしたの私のつくり方」だって「会社物語」だって「ノーライフキング」だって「クレープ」だって「あおげば尊し」だってそれぞれ魅力的で、合わせると10本になっちゃいますね。 こうして挙げると、ほんとに小生は市川監督の作品が好きです。感覚的にすごくフィットします。 まあ、中には「たどんとちくわ」とか「竜馬の妻とその夫と愛人」とかの「あれれれ・・・」的作品もあるのですけど。

まだまだ何本もの傑作を残して欲しかった才能なのに・・・、残念でなりません。 ご冥福をお祈りしつつ、合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

甘~いシナモンメルツ

080919_13500001 本日新発売!マクドナルドの「シナモンメルツ」290円、さっそく食べました。 今や懐かしいシナボンのシナモンロールを砕いたものといった印象。つまりチキンナゲット程度の大きさにカットしたパンに、たっぷりのシナモンととろーり溶けたシュガークリームがかけてあるのです。パッケージをあけるとシナモンの香りが濃厚に漂って、ほかほか。080919_13580001 お味は・・・アメリカ的に激アマです。うわお、です。さすがに449kcalあるだけのことはあります。 まあ、シナモン好きの大江戸としては、それなりに楽しみましたけど、そうちょくちょく食べるもんでもないかなって感じでした。 ザク切りの煮リンゴで同じようにやってくれた方が、おいいしいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の点取り占い83

080919_09120001 お金が沢山あって困っています   8点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

フルーティーな新作グミ

080917_21130001 UHA味覚糖からふたつ。 まずは「ナチュラルグミ 寒天とアロエでピカラダ」、レモン&アロ080917_21120001 エです。コラーゲン900mg入りで、ビタミンC配合。アロエ入り寒天グミとコラーゲングミが2層になっていて、表面にはザラメ糖。まあ及第ですが、大江戸はあんまりレモン味のすっぱさが好きじゃないし・・・。

で、こちらは「デザートグミ ドライフルーツでピカラダ」、マンゴー&オレンジです。コラーゲン1300mgでビタミンC入り。ザク切り果実がギュッと入っておりまして、やはり表面はザラメ。マンゴーの香りがオレンジを圧倒してて、おいしいです。マンゴーを使ったお菓子って、まず失敗しませんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

はい、あなたもそう思いましたよね。

兄は新橋の人材派遣会社の経理係長。弟は神田の事務機器会社の営業担当。 二人は、そう・・・ リーマン・ブラザーズ。

(日本で3500万人ぐらいの人が思ったに違いありません)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「グーグーだって猫である」;バランス悪いけど、ゆったり気分

映画「グーグーだって猫である」、アラも多いけど、チャーミングな佳品ではありました。 欠点・・・なぜ英語のナレーション? なぜ楳図かずお大活躍? なぜ突然のスラップスティック調? なぜみんな仲良くチアダンス? そして擬人化したサバとの長くテンポの悪い、映画の流れを殺したシークェンス。 でも美点・・・まったりした日常の気分が愛おしい。 吉祥寺の街がステキ。 グーグーがカワイイ。 メガネとソバージュのコイズミの落ち着きが、とてもいい感じ。内面からも外見からも40代の美しさを出せる貴重な女優です。 森三中と上野樹里の組み合わせが妙に相性いい(&村上知子の側転が美しい)。 そして上野樹里が、他のどんな映画やTVの彼女よりも魅力的でカワイイ!いやー、犬童監督との前作「ジョゼ虎」ではヒール役だったので、監督が今度はそのお返ししてくれたんでしょうか?実に良いです。 

でも一番気になったのは、佐藤のメンチカツ! うまそー!! そのうち食べるぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

和光の時計台が・・・

080913_14130001 現在大規模改修中の銀座4丁目和光が、こんなんなっちゃってます。080913_14140001  うーん、これでロープで梱包してあったらクリストなのに・・・。

いちおう解説) クリスト=ブルガリア出身のアーティスト。妻のジャンヌ・クロードと共に、パリのポンヌフやドイツのライヒスタークなどの建造物や島をまるごと梱包した作品で有名な現代美術作家。大江戸は「アンブレラ・プロジェクト」を茨城県の田んぼでやった時(1991年)に、ちゃんと見に行きました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

ベルマーレ、ホーム5連勝!

080914_18510001 平塚競技場での神奈川ダービー、湘南vs.横浜FC、行きました。1-0で勝ちました。最後までひやひやさせられましたが、貴重な勝ち点3です。これで2位の山形とは勝ち点3差に迫り、しかも湘南の方が1試合多く残している状況で、得失点差は湘南の方が上。

080914_20000001 試合前のイベントにはケロロ軍曹と軍団がやってきて、PK対決なんぞをしてました。「湘南、J1にカエルであります!」っていうシャレらしいんですけど・・・。

080914_18590001 チームが波に乗ってるからか、驚きの混みようで、25分前に着いたのに既に7ゲート(サポ席付近)は満員札止め。しょうがないから、メインに移って、4ゲートのアウェイ側メインに行きました(ま、ベルマーレ勢力の方がぜんぜん強かったですけど)。そこでも席が無く、最上段で立ち見してました。なかなかできない、この角度からの観戦です。080914_19000002_3  前半42分のCKでの接触プレイで、ジャーンが頭を打って負傷退場・・・心配です(今は「鉄壁のセンターバック・コンビ」の斉藤も怪我で離脱しているのに)。 ま、それでも代わりの選手がしっかりやるのが今年のベルマーレの特質。いやあ、層が厚くなったものです。

080914_20240001 あまりの混雑に、後半には久々にゴール裏が開放されたので、行ってみました。ここ高さが無くて、ほんと見にくいんだよなあ。 加藤望の得たPKをトゥッットが決めて3試合連続ゴール! 最後の15分は明らかに1点を守る戦術で、なんとかしのぎきりました。 累積警告で石原が出られなかったピンチをきっちり勝ったわけですし、次節はリフレッシュした石原が戻って来るのです。 ここ10試合負けなしで、ホーム5連勝!チームもサポーターも勢いに乗ってます! あと10試合、このまま最後まで負けなしで行きまっしょい!080914_20580001 080914_20570001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月14日 (日)

H&Mの大行列

080913_14090001 報道でご存じの通り、13日にオープンした銀座のH&M日本1号店に、あまりにも大勢過ぎるお客さんが押し寄せました。 080913_13280001 大江戸がチェックに行ったのは午後1時ぐらいだったのですが、銀座7丁目の店の前がごった返してるなあ、と思ったら、そんなもんじゃありませんでした。銀座通りをずーっと蛇行しながら、新橋方面まで太い列が伸びてました。ほんとに200m近いような列が、何度も折れ曲がっているのです。しかも、その列は8丁目の天国(てんぷら屋)の角を汐留方面に折れて、三井ガーデンホテルのあたりまで続いておりました。何千人いるんだ、いったい?080913_13300002  カンカン照りで夏の暑さがぶりかえしていたため、人々は手に手にH&Mが用意した傘を持ってUV対策。大江戸なんぞはとても並ぶ気にはなりませんでしたが、皆さん行列好きなんですねえ。080913_14080001 080913_13300001_2H&Mが用意したペットボトルの水も配られておりました。そこらへん、ぬかりなく準備してたんですねえ。感心しちゃいます。

実は夜の7時半頃にも再度チェックに行ったのですが、まだ100mほどの列が出来てて、警備の人が「1時間待ち」とか言ってました(が、30分ほどで入れるだろうと大江戸は読みました!)。もちろん並びませんでしたよ。大江戸っ子は気が短けえんだ! それにしても、これほどまでになると、よく在庫があるもんだとさえ思ってしまいます。 うーん、クリスピー・クリーム・ドーナツが沈静化してきたと思ったら、今度はこれかあ?しばらくは大変そうですね。 080910_21430001 銀座駅の階段もご覧のようになっておりました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

たたみビズのうた

http://www.tatami.in/

ここすごいです。全国畳産業振興会のサイトですが、トップのメイン画像がいきなり「たたみビズのうた」です。クリックすると動画で流れます。お寺のお堂で、小坊主さんたちを従えて、メイド姿の女子2名が歌って踊ります。なぜメイド姿? しかもイマイチいけてないような・・・。 

そもそも「たたみビズ」とは何か?それは、い草がCO2を減少させる効果があるので、地球温暖化防止のために畳を敷かねばならないってことらしいんですけど、それだったらむしろ「クールたたみ」では?? 何だよ、「たたみビズ」って? 静岡県畳組合青年部にいたっては「畳ビズ」のベタなステッカーを作ったようですぞ。どこに貼るんだよー、そんなの?

この「たたみビズのうた」(カラオケ付)のCDは同サイト内の「畳ビズショッピング」で買えるのですが、もっと凄いものがありました! 天然い草の香りが癒し効果の「畳ネクタイ」¥5,800です。写真で見るとホントに畳が貼ってありまして、畳のへりが斜めに入ってるのがオシャレ。しかも周囲を縁取りしてあるので、まるでミラ・ショーンのタイです。 ちょっと欲しかったのですが、じっくり見てるうちにその難しさを悟り、あきらめました。 まあ、人からもらうんだったら拒みませんが・・・。 それにしても畳業界、あなどれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

東京大江戸化計画7

080904_21580001 原宿で。 

           080912_11020001 三軒茶屋で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お見事な伊勢丹のウインドウ

080909_16170001 新宿伊勢丹のショーウインドウ、“Remix Wonder”と題して、とにかくステキです。ちょっと興奮してしまいました。080909_16200001 バックの壁とガラス前面に絵の具の滲んだ滴りを大胆に配して、色の美しさと圧倒的なアート感性で、魅せます。特定のどのアーティストということではなく、サム・フランシス080909_16180002 など何人かのアーティストを思わせながらも、着地点はオリジナルになってて、しかもアートとしてもレベルが高いのが流石で、もう感動です。大きな発想プラス隅々まで行き届いた絶妙なワザの冴え。080909_16190001それでいて、肝腎の商品を脇役に追いやるようなことはありません。 食器や靴のあたりでは、影絵のような切抜きの妖精キャラまで登場させて、ますます見事です。080909_16190002 今年見たショーウインドウの中ではベストだと思います。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

KFCの立体ポスター

080909_19040002 新宿駅の地下コンコースにあったケンタッキー・フライド・チキンのポスター連貼りボード。よ、良く見ると・・・080909_19040001 すんごく立体的に盛り上がってるではありませんか。080909_19050001 うーん、プラスティックの型抜きで、役10cmは盛り上がってました。すげーです。 ちなみに去る9月9日はカーネル・サンダースのお誕生日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南ちゃんとバカボンのパパ

080910_19570001 缶コーヒー「ジョージア」のコンビニ販売バージョンに、「週刊少年サンデー×週刊少年マガジン 創刊50周年記念コインコレクション」がオマケとしてついてます。両誌の人気漫画のキャラクターがコインになってて、全15種類だそうです。小生はまず「タッチ」の浅倉南ちゃん、続いて「天才バカボン」のパパをゲットしました。080910_19590001 あとは特に欲しいもんないやー。ほんとは南ちゃんよりも「みゆき」の若松みゆき(妹の方ね)の方が好きなんだけどね(こちらは「少年ビッグコミック」への連載でした)。 080910_20050001 ちなみにコインの裏側はこんなんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初秋のキットカット

080910_20000001_3 キットカットの「ほうじ茶」ですと!イギリス人もびっくり。 ほうじ茶香料使用ってことで、確かに香ばしい香りがしますが、まあチョコウェハースの香ばしさと言われれば、そのようにも思える程度ですよね。特段の存在理由も見出せません(これなら「アールグレイ」とか作ってもらった方がいい。ありましたっけ?)。

080910_20000002 それでこちらは「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。原材料に『マスカット果汁パウダー』も含まれております。 ホワイトチョコ系で、黄緑色に着色してあります。でも、マスカットの香りが結構ちゃんとするので、ホワイトチョコがさほど気になりません。ホワイトチョコに厳しい大江戸としては、ギリギリOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

「アクロス・ザ・ユニバース」;極彩色ミュージカル

大のビートルズ・ファンの大江戸にとって、映画「アクロス・ザ・ユニバース」はかなり楽しめる作品でした。ブロードウェイ・ミュージカルの演出家であり、映画「タイタス」や「フリーダ」の監督でもあるジュリー・テイモアが、サイケデリックな極彩色のミュージカルを作りました。ロック・ミュージカル全盛期の’70年代から遠く離れて、CGI全盛の今だから作れた世界です。ボウリング場でのカラフルな光と影、スーツ姿のビジネスマンの群舞、徴兵検査場での群舞と演出の妙味と、魅力的なミュージカル・シーンが数々。そして「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の場面では、苺からの流血という現代美術的な映像の鮮烈さが印象的でした。 登場人物が、ジュード、ルーシー、プルーデンス、マックス(ウェル)、セディ、ジョージョー、ドクター・ロバートetc.と、ビートルズの歌詞に登場する名前ばかり。そして“She came in through the bathroom window.”とか、歌詞のフレーズが台詞に使われているところもあり、思わずニヤリ。ディープなビートルマニアほど楽しめるように出来ています。とにかく凝った映像と楽曲の力で、面白く出来ていました。 でも、曲をつなげて無理やり作ってることもあって、物語はどうってことありませんし、後半の学生運動のあたりが結構かったるいのも事実です。ラストは物足りなく、残念。でもその後に続く最高に美しいサイケデリック・エンドタイトルが、かのカイル・クーパー(「セブン」「DNA」「スパイダーマン」などのアートなタイトルバックで有名)によるものなのでありました。これは必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

意外に面白い「ハンコック」

映画「ハンコック」、意外と面白かったです。あまり期待していなかったのですが、VFX満載のスーパーアクションが猛烈なスピード感とキレの良さで見事な出来でしたし、1時間32分のコンパクトな上映時間の中でテンポ良く展開します。 まず嫌われ者のスーパーヒーローって設定が面白いし、その彼を真のヒーローにプロデュースしようとする定番の「マイ・フェア・レディ」的展開もきちんと楽しめるのです。でも、中盤以降にあっと驚く展開があって(これには予期せぬ衝撃がありましたね)、そこがこの映画にステキなアクセントをつけました。終盤には、軽い感銘すらあったりしてね。まあ基本的にはコメディーの範疇なので、結構わらえることも保証します。 それにしても、こんなハリウッド・メジャー作なのに、結構バイオレントな(直接描写ではないものの)場面もあって、そこらがこの監督(ピーター・バーグ)の持ち味なのかしらんと、不思議な気がいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

バーレーン戦、一応の勝利

W杯アジア最終予選初戦、アウェイでのバーレーン戦、3-2の勝利と言いつつも、あっと驚く展開だったのは皆さんご存じの通り。86分、87分の連続失点とは! ま、気を緩めるなっていう教訓だったとポジティブに受け取っておきましょう。 良かったのは俊輔のフリーキック、遠藤のコロコロPK、憲剛のミドルシュートと、日本の誇るMF3人の持ち味が良く出た得点だったこと。 でもFWも先発の玉田と田中達也が暑い中、ほんと良く頑張って走り回ってました。二人とも「自分で行く」姿勢が強く出ていたのは、この試合の収穫です。 でもオーストラリアもカタールもやけに強そう・・・。この先も険しい道になることは確かです。でも、その試練で強いチームに成長していくことができればと思わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

むしあつっ!!

蒸し暑いですね。9月の暑さってのは近年恒例の傾向なので、今更驚きませんが、この湿度は・・・。 東京はほとんどミストサウナ状態です。家の中で冷房の無い場所にいると、じっとしてても汗が流れ落ちます。 大江戸は数年前から意識的に水をたくさん飲むようにしてからというもの、それまではあまり汗をかかない人間だったのに、今や相当な汗っかきです。通勤時に駅まで15分ぐらい歩くのですが、ホームに立つと顔やら首周りやらがもう汗だく。電車に乗ってもしばらくは汗が垂れてきます。水もしたたるいい男です。ま、代謝が良いってことなのでしょうけど、ちょっとわずらわしいことも確か。でも生活の中でランニングをたまにしたりするってこともあり、サラッとした健康的な汗が出てるとは思います。

夏には「厚着してても汗なんか全く出ない冬」のことをすっかり忘れてますし、冬には「薄着でも歩いてるだけで汗がたれてくる夏」のことをすっかり忘れています。ま、そんなもんですよね。 それにしても、先週続いた集中豪雨といい、この高温多湿状態といい、日本は確実に熱帯モンスーン気候化しておりますねえ。困ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

またグミかよ(一人ツッコミ)

080905_20020001 不二家の「ペコポコグミ」グレープ味です。ご覧のようなペコちゃん、ポコちゃんの顔型グミで、センターに果汁ゼリーが入ってます。抜群の弾力具合で、おいしいです。 ケータイサイトからペコちゃんたちの待ち受けをゲットできる『デジタルおまけ』つきってあたりが、いかにも当世風であります。

080905_20030001 こちらはロッテの「キュビオ ブラッドオレンジグミ」。表面にはすっぱいパウダー、四角い粒の中にはすっぱいジュレ入り。そしてコラーゲン1800mg。 珍しくも、イヤなすっぱさじゃないんです。好感の持てるすっぱさですし、食感もいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 4日 (木)

今日の点取り占い82

080904_00190001 いやな時でも辛棒するものです   8点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

「デトロイト・メタル・シティ」上出来

映画「デトロイト・メタル・シティ」、笑えます、楽しめます、ウェルメイドです。原作マンガをかなり忠実に再現しているようですが、やはり実写の強みが出ています。 ギャグとしての誇張が、デタラメにはならずに、通俗の枠内での強みとして効いていますし、展開も予想した通りに進んでいくことが逆に、期待を裏切らずに娯楽映画としての王道を押さえていると言えるでしょう。テンポの良さとダレ場の無さも、最近の映画の中では出色でしょう。 その上、エキストラの演技コントロールとか、撮影、美術、衣装などの技術パートがしっかりしているので、映画に安定感があります。 こんな作品なのに、故郷の母親との件りやクライマックスのあたりでは心情にほろりと訴えてくるような所もあったりします。 もちろん楽曲も本格的に大したもんですし。

マツケンの2面性演技には笑っちゃいますが、松雪泰子は奮闘しているもののイマイチかも・・・。年はちょっと若いのですが、真木よう子がやったら凄かったかもと思いました。 で、この映画では加藤ローサちゃんがとってもカワイイ!他の映画やTVの彼女よりもぐっとキレイで魅力的に撮れています(ま、演技力は置いといて・・・)。

赤と黒のホラー調のシャドー画像を用いたタイトルバックがカッコよかったっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連日のグミ

080902_00470001 支援物資として頂戴いたいました。不二家の「アンパンマングミ」のアップルとグレープです。どちらも果汁30%入りです。歯にやさしい緑茶ポリフェノール入りです。ビタミンC 配合でもあります。味はアップルの方がいいかなあ。グレープって、時として難しいです。

080902_00480001 形はご覧のとおりアンパンマンをはじめとしたキャラクターになっております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月 1日 (月)

グミのパン屋さん、ですと

080901_00380001 明治『グミのパン屋さん』シリーズ、「もっちりメロンパングミ」です。グミがメロンパン型で、外はサックリのザラメ・コーティング、中はもっちりです。味はおいしいです。さすが明治です。パッケージは小ぶりで、子供向きの趣き。

080901_00370001 もう一つは同シリーズの「ころころドーナッツグミ」。ドーナツの輪っか型で、輪に溝模様があるのとないのと2種類あるあたり、芸が細かいです。ありそでなかったチョコ味のグミ! ま、でも、そんなにうまいもんでもありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »