« 和光の時計台が・・・ | トップページ | はい、あなたもそう思いましたよね。 »

2008年9月16日 (火)

「グーグーだって猫である」;バランス悪いけど、ゆったり気分

映画「グーグーだって猫である」、アラも多いけど、チャーミングな佳品ではありました。 欠点・・・なぜ英語のナレーション? なぜ楳図かずお大活躍? なぜ突然のスラップスティック調? なぜみんな仲良くチアダンス? そして擬人化したサバとの長くテンポの悪い、映画の流れを殺したシークェンス。 でも美点・・・まったりした日常の気分が愛おしい。 吉祥寺の街がステキ。 グーグーがカワイイ。 メガネとソバージュのコイズミの落ち着きが、とてもいい感じ。内面からも外見からも40代の美しさを出せる貴重な女優です。 森三中と上野樹里の組み合わせが妙に相性いい(&村上知子の側転が美しい)。 そして上野樹里が、他のどんな映画やTVの彼女よりも魅力的でカワイイ!いやー、犬童監督との前作「ジョゼ虎」ではヒール役だったので、監督が今度はそのお返ししてくれたんでしょうか?実に良いです。 

でも一番気になったのは、佐藤のメンチカツ! うまそー!! そのうち食べるぞー!

|

« 和光の時計台が・・・ | トップページ | はい、あなたもそう思いましたよね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/23792570

この記事へのトラックバック一覧です: 「グーグーだって猫である」;バランス悪いけど、ゆったり気分:

» メンチカツの由来 [ぱるずSHOW]
あまりにもポピュラーな存在であるため、いまさらメンチカツを見て、「このメンチカツ... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 17時15分

» 映画:グーグーだって猫である 観てきました。 [よしなしごと]
 グーグーだって猫であるを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 06時28分

« 和光の時計台が・・・ | トップページ | はい、あなたもそう思いましたよね。 »