« バーレーン戦、一応の勝利 | トップページ | 「アクロス・ザ・ユニバース」;極彩色ミュージカル »

2008年9月 9日 (火)

意外に面白い「ハンコック」

映画「ハンコック」、意外と面白かったです。あまり期待していなかったのですが、VFX満載のスーパーアクションが猛烈なスピード感とキレの良さで見事な出来でしたし、1時間32分のコンパクトな上映時間の中でテンポ良く展開します。 まず嫌われ者のスーパーヒーローって設定が面白いし、その彼を真のヒーローにプロデュースしようとする定番の「マイ・フェア・レディ」的展開もきちんと楽しめるのです。でも、中盤以降にあっと驚く展開があって(これには予期せぬ衝撃がありましたね)、そこがこの映画にステキなアクセントをつけました。終盤には、軽い感銘すらあったりしてね。まあ基本的にはコメディーの範疇なので、結構わらえることも保証します。 それにしても、こんなハリウッド・メジャー作なのに、結構バイオレントな(直接描写ではないものの)場面もあって、そこらがこの監督(ピーター・バーグ)の持ち味なのかしらんと、不思議な気がいたしました。

|

« バーレーン戦、一応の勝利 | トップページ | 「アクロス・ザ・ユニバース」;極彩色ミュージカル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/23608058

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に面白い「ハンコック」:

« バーレーン戦、一応の勝利 | トップページ | 「アクロス・ザ・ユニバース」;極彩色ミュージカル »