« 和光リニューアル・オープン | トップページ | あおいちゃんの風邪薬 »

2008年11月23日 (日)

今の日本がある「トウキョウソナタ」

映画「トウキョウソナタ」は今の日本そのものを描いた、凄い傑作です。 黒沢清が方向をちょっと変えて、ホームドラマをやっているのですが、そこは黒沢ですから色々と罠が仕掛けてあります。リアルとアンリアルを同居させて、おかしさと怖さと奇妙さの中に、現代日本の抱える問題の数々を描き出します。いや、現代日本がまるまるこの映画にある、とさえ言えるでしょう。その問題提起を、黒沢(清)映画というクセのあるフィルターを通して行うことで、そして4人家族それぞれのエピソードの織り成すハーモニーとして(アルトマンの群像キャラクター映画のように)多面的に作品世界を作り上げることで、とてもユニークで充実した傑作になりました。 (以下多少ネタバレ)そして最後にドビュッシー「月の光」が家族の再生を示唆して、全てを浄化していく・・・けど何も解決していない不安も残る、というあたりも、この作品にふさわしいラストだと思います。甘いと言うよりは、むしろ黒沢が新しいステージに入ったことを示すのだと・・・。

関係ないけどあの線路際の白い家は、井の頭線の上りで神泉駅のちょっと手前の、進行方向左側に見えますね。

それにしても今年は「歩いても 歩いても」、「ぐるりのこと」、そしてこの作品と、ホームドラマの良作が目立ちますね。「純喫茶磯辺」なんかもあるし、「母べえ」もそう言えるかも知れません。

|

« 和光リニューアル・オープン | トップページ | あおいちゃんの風邪薬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/25602222

この記事へのトラックバック一覧です: 今の日本がある「トウキョウソナタ」:

» ★★★★★ 『トウキョウソナタ』 [映画の感想文日記]
2008年。FortissimoFilms/「TOKYO SONATA」製作委員会。   黒沢清監督。  黒沢清監督の新作はホラーではなく、外注によるホームドラマだった。しかし、いつものジャンル分けが困難な映画であることに変化はなく、ヒューマ... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 23時45分

« 和光リニューアル・オープン | トップページ | あおいちゃんの風邪薬 »