« キットカットvs.チロルの新作 | トップページ | 浅草寺の大開帳と奥山風景 »

2008年11月15日 (土)

神田「達磨」のたいやき

081114_13270001 神田小川町近くの「神田達磨(だるま)」というたいやき屋さんです。いちおう「頭からしっぽまでアンコぎっしり」「薄皮たいやき」が売りのようですけど、ご覧のように周囲の四角いはみだし薄皮を残した珍しい形です。確かにしっぽまでアンコが入ってはいますが、その代わり周囲の皮がたっぷりあるし、そもそもアンコが薄味だし・・・、大江戸はもっときちんと甘いやつが好きですね、四谷のわかばとか根津のたいやきみたいなやつ。最近の和菓子って、「甘さ控えめ」が多すぎて、そういうのってダメです。甘いもんはキチンと甘くないと。 粒あんたいやき1個140円也、です。081114_13310001

|

« キットカットvs.チロルの新作 | トップページ | 浅草寺の大開帳と奥山風景 »

コメント

おお、これは珍しいたい焼き。
レリーフみたいですね。

投稿: risi@いけばな | 2008年11月15日 (土) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/25336546

この記事へのトラックバック一覧です: 神田「達磨」のたいやき:

« キットカットvs.チロルの新作 | トップページ | 浅草寺の大開帳と奥山風景 »