« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

大晦日の「ラプソディー・イン・ブルー」

携帯音楽プレイヤーでガーシュインの「ラプソディー・イン・ブルー」を聴きながら、大晦日の街を歩きました。我ながらナイス・チョイスです。ウディ・アレン「マンハッタン」の冒頭&ラストを引き合いに出すまでもなく、冬のピンと張り詰めた都会の空気と街並に素晴らしくマッチする曲です。東京にだって結構マッチします。特に大晦日の寂寥や高揚やスペシャル感にはね。そういえば、数年前のテレビ東京の「大晦日 ジルベスター・コンサート」(恒例の、0時00分00秒からの逆算で演奏を始め、ジャストのタイミングで曲が終わってニュー・イヤーになるってやつ)でこの曲をやって、見事にキマッた時は鳥肌もんでした。 小生のレナード・バーンスタイン指揮版は16分49秒、街を歩きながら聴いていると、ひと時の聖なる儀式のような感覚もありました。 ま、その後で、“今年一番良く聴いた曲”ってことで、新垣結衣「MAKE MY DAY」も聴いたんですけどね。 こうして2008年も幕を閉じます。

それでは皆さんにハッピーな2009年が訪れますように!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

「ジュリー祭り」をTVで

先日NHKで45分番組として、12月3日に行われた沢田研二還暦コンサート「ジュリー祭り」のファイナルat東京ドームの模様を伝えておりました。大江戸も行きたかったんですけど、なんせ水曜日の午後3時開演というサラリーマン殺しの時間設定ゆえあきらめました。しくしく。 6月に御年六十歳となったジュリーですが、近年は巨体に金髪という「泰葉からののしられそうな外見」で、見るたびに世の無常をはかなんでしまいます。でも、声はあんまり変わらないんですよねえ、人間って。あの、艶のあるステキな声は昔のままです。 

まあ、ジュリーも頑張って80曲!歌いまくったわけですし、ジャンプしたり走ったりもありましたけど、なにしろ「シャイン・ア・ライト」で64歳のミック・ジャガーを見た後では、「うーむ・・・」ですねえ。 しかし沢田自身がMCで語ったように「60にもなって、3万人の前で歌えるというのは幸せ者」だと言えますし、日本では前人未到の領域でしょう。まあ体型に関して言えば、エルヴィス・プレスリーの例もあることですし・・・(エルヴィス・コステロやビリー・ジョエルだって、かなり太りましたもんねえ)。 1月にBS2で90分バージョンを放送するようですので、そっちも必見です(BS-hiの方は見逃してしまいました)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カバヤのピュアラルグミ×2

081230_00460001 カバヤ食品のピュアラルグミ・シリーズの「フルリエ 福岡あまおう」です。生果汁換算で商品量の10%にあたる果汁を使用しているそうです。『あ』かくて、『ま』るくて、『お』おきくて、『う』まい、の「あまおう」です。うーん、でもやはりイチゴの難しさが出ちゃってますねえ。なんか魅力を生かしきれずに、ちょっとチープな罠にはまってる気がする味です。

081230_00460002 こちらもカバヤのピュアラルグミ「王林りんご」です。こちらは外側にシュガー・コーティングを施したタイプ。「外はさっくり、中はぷにゅぷにゅ」というキャッチフレーズ通りです。でも、こちらも決め手に欠ける味と香りなんです。 うーむ、何かが足りないんだよなあ、カバヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

白戸家のお父さん@渋谷

081228_19320001 渋谷のヤマダ電気LABIに、あのソフトバンクのお父さんが・・・。かなりリアルな上に、お正月仕様でいらっしゃいました。081228_19330001 そして、ちゃんと名札も・・・(「白戸家」で「ホワイトけ」と読むのは、もう有名ですね)。 「おじいちゃんと銀行」=「祖父とバンク」ってのも前に言いましたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Supermarket Fantasy」のハッピーなヴィジュアル

081228_00480001 Mr.Childrenの新アルバム「Supermarket Fantasy」、ビジュアル(by森本千絵)がサイコーですね。スイートで、カラフルで、飛翔感とハッピーなスピード感に溢れてて。081228_00480002このスピード感たっぷりに流れるレインボー・カラーが、この「幸福な奇跡」「日常の中のマジカル・モーメント」って感じが、今の世の中での人々の求めているものに見事合致していると思います。 そしてその世界観は『GIFT』の歌詞の「一番きれいな色ってなんだろう?一番光ってるものって何だろう?」とか、「『エソラ』」の「メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ 輝きを撒き散らしては僕らに夢を見せる」につながっているのですね。081228_00490001  

それにしても「エソラ」、いいっすね。アップテンポで、ブラスが素敵で、歌うと気持ち良さそう。 この初回限定版には5曲のMVのDVDがついているのですが、そこでも「エソラ」のポップでカラフルなスイート&ハッピー・ワンダーランドは絶好調。ジャケットのヴィジュアルにも使われている女の子が彼氏にジャンプして抱きついてキスしてて、周囲にお菓子やらなんやらが舞ってるところなんて、もうサイコーです!(なぜかラーメンズの片桐仁も出てるし) 「GIFT」のハートフルで、クリアな高速度撮影の幸福感や、「花の匂い」のモノクロ調アニメーションの放つ静かで強度のあるメッセージ性と、さすがミスチルの映像は金かかってるし、クォリティーが高いです。081214_17370001

ただ、前作「HOME」の時同様、全作が良いかと言うとそれはちょっと・・・。むしろシングル曲を中心に良いものも半分ほどある、といった印象です。 それにしてもヴィジュアルは見事で、店頭でも目立ってましたねえ。081214_17310001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

街で見かけた有名人

今年街で見かけた有名人---

吹越満(俳優) @下北沢

伊藤銀次(ミュージシャン) @渋谷

ゲルト・エンゲルス(浦和レッズ元監督) @渋谷

糸井重里(コピーライター) @銀座

行定勲(映画監督) @銀座

和田誠(イラストレイター、映画監督) @代々木上原

なぜか男ばっか・・・。しかも渋い。 皆さんはどうですか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

今日の点取り占い91

081225_23280001_2 ラグビーの選手になれる   10点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの物語をプレゼント

WEBサイトの「OZ mall」さんと百貨店の松屋さんのご厚意により、小生のクリスマス・ショート・ストーリーが、本日12月25日一日限りアップしております。短いチャンスを逃さず、すぐにご覧あれ。 ↓

http://www.ozmall.co.jp/event/matsuya0811/25.asp

なお、こちらには一昨年のショート・ストーリーもあります。 ↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_f5a5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

「流星の絆」も「篤姫」も終わりましたね

遅ればせながら、先週でTBS「流星の絆」終わりましたね。ま、どうしてもミステリー解決の部分があるから、1-2話頃のぶっとびギャグパワーは薄くなって行きましたが、中島美嘉(マユナシ!)の扱いなんかは最後まで「さすがクドカン!」でした。 それにしても、三浦友和がいい役者になってました。昔からさんざん「二枚目だけど大根」と言われ続けて、最近高評価だった映画「転々」とかの芝居もそんなには評価してない大江戸ですが、本作では抜群にいい味でしたし、存在感自体がハッキリうまかったです。 あと、ニノがうまいのは前からわかってましたが、戸田恵梨香がこんなに良いとは・・・。初めて彼女の良さがわかりました。

ま、いずれにせよ「篤姫」の宮﨑あおいの、各年代の適切な演じ分け(12歳から49歳でしたっけ?)が、今年のドラマの演技では最高賞です。その演技プラン、その表現力、その内面からの輝き・・・感動しました。 あおいちゃん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

仲里依紗が「神の雫」に!

来年1月13日スタートの日テレ「神の雫」。言わずと知れたワイン漫画のドラマ化ですが、なななんと!重要な役(紫野原みやび)で仲里依紗が出演します。亀梨和也(神崎雫)、田辺誠一(遠峰一青)に次ぐ重要な役、大丈夫でしょうか?なんせ原作のイメージとはだいぶ違いますもんねえ、ビジュアル的にも、性格的にも。ま、でも健闘をお祈りします。 ちなみに大江戸は、現在19巻まで出ている原作マンガを全て持っております。 本作は韓国でも大ウケして、ワインブームが巻き起こるは、来年秋からペ・ヨンジュン主演でドラマ化が予定されてるはで、盛り上がってるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光都東京ライトピア

081219_18010001_2 今年も始まりました。丸の内-日比谷-有楽町界隈の年末恒例「光都東京 ライトピア」。左の写真は丸の内仲通りの街路樹のイルミネーション。まあ以前ここでやったたミレナリオに較べれば地味なもんですけど、悪くないです。 081219_18030001 東京国際フォーラムのあたりではイルミネーションぴかぴかのベロタクシーが。 081219_18070001_2 そしてご覧のような花と光のインスタレーションが。 081219_18080001 樹々にもご覧のような光のカヴァーがついておりました。 全体的に地味めではありますが、そうは言っても素敵です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

圧巻!「シャイン・ア・ライト」

ザ・ローリング・ストーンズ×マーティン・スコセッシの映画「シャイン・ア・ライト」は超ぶっとびライヴ・ドキュメンタリーの傑作です! ストーンズのライヴ映画といえば、ハル・アシュビーの傑作「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」(’81年のアメリカ・ツアーの記録)が今も燦然と輝いていますが、今回は’06年NYのビーコン・シアター、ってことは四半世紀後ですよ。あの頃だって、「40にもなって、こんなパワフルなバリバリのスーパースターだなんてスゴすぎる!!」と思ってたのに・・・。今回の撮影時で、メンバーは59-65歳ですよ。驚きあきれます、いや尊敬・感動します。しかも四半世紀前とほとんど変わらないエネルギッシュなライヴを見せてくれます。みんな多少シワが増えたものの、体型も動きもあまり変わりません。チャーリーなんかハゲ頭が直っちゃいました。でも、何と言ってもミック!!!奇跡です!神か宇宙人かというぐらいの若さ!あの細さ、腹のスマートさ、20代の頃と変わらぬ動き!ロックンロールの奇跡です。でもその裏の、水面下の尋常ならざる努力と節制を思うと、頭が下がります。 一方、ますます悪鬼のようなキースは、さすがに年齢を感じさせますし、ギター・プレイも四半世紀前の方が絶対カッコイイけど、何でもいいんですよ、キースだから。ソロで歌う場面で羽織ったコートの襟には「パイレール・オブ・カリビアン」バッジがしっかりとついてました。

スコセッシという超一流にまかせたのも、さすがストーンズ。しかもスコセッシは自作にも頻繁に楽曲を使ってきたストーンズ好き。ハル・アシュビーがスタジアム・ツアーの大きな空間を見事に描いたのに対抗して、2800席のクラシカルな劇場を地元NYで選んだスコセッシ。本作ではストーンズとの至近距離がウリになってます。 「レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー」で、ハル・アシュビーが1カットだけ出てたのに較べて、開巻しばらくとエンディングに出まくってるスコセッシ。過去にザ・バンドやボブ・ディランの映画を手がけ、「ウッドストック」(監督:マイケル・ウォドレー)の編集をやっていたスコセッシならではの見事なキャメラと、無理やフラストレーションの無いカットつなぎ。さすがです。

この手の映画は音量が命ですけど、新宿の武蔵野館さん、頑張ってました。期待以上に大きないい音でした。 それにしても12月5日公開のこの映画、最初から「宣伝規模の割には劇場数と規模が小さいなあ」と思ってましたが、もうレイトショー公開じゃないのはここ新宿ぐらいです。あとは“本丸”の六本木を含め、みんな夜の回ばっかり。 でも今日の武蔵野館は満席の盛況。いったいどうなってるの? 本来はテアトルタイムズスクエアみたいな大スクリーンで観たい映画であります。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年12月20日 (土)

早くもイチゴ菓子の季節

081218_20380001 コンビニにイチゴのお菓子が並ぶのは、ここ数年1月の風物詩でした。ところが、今年は前倒しで既に百花繚乱。 本来イチゴっていうのは4月末から5月が旬だって事実は忘れ去られておりますね。

まずはロッテの「キュビオ いちごグミ」。いちご果汁5%とコラーゲン1800mg入りです。キューブ型のグミの中にイチゴジェルが入ってて、表面にすっぱいパウダーが。すっぱいのが苦手な大江戸ですが、これはまあガマンできます。割と良いです。

081218_20370001 それから明治の「結晶グミ KAON いちご」。欧州産いちご使用だそうです(欧州ったってどこやねん?)。コラーゲンは1600mg。 KAONのシリーズ中、初めておいしいですね。濃い目のイチゴ色もきれいです。噛んでる途中から、ちょっと薬剤のようなクセのある香りがするので、好みが分かれるかも・・・。大江戸はオッケーです。

081218_20380002 そしてキットカットの「あじわい苺」です。『香り高いセンガセンガナ種の甘酸っぱい苺味』だそうです(センガセンガナって、なんでんがな?)。淡いピンクに着色したホワイトチョコ、ウェハースの間にもイチゴクリーム。まあ、悪くはないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

ガンバったね、ガンバ!

いやあ、なんかスゴイ試合でした。クラブ・ワールドカップ準決勝のガンバ大阪vs.マンチェスターユナイテッドの結果は3-5でしたが、あまり見たことのない展開と言いましょうか・・・。 前半はガンバもいい形を作り、なかなかに食いついていたのですが、マンUに勝負強く決められて0-2のビハインド。まあ、ある意味順当な展開でした。 しかし後半29分、ルーニーが交代で入ったドサクサに、ロングボール1本で抜け出した山崎の見事なゴール! ここで「よし!行ける」となった空気に冷水を浴びせるかのようにその直後にルーニーのゴールで1-3。そこから4-5分で3点連取で1-5となった時には、その力の差に愕然としましたね、正直なところ。DFが対応できてませんでした。

でもその後、後半40分に遠藤が(誰もが待ち望んでいた)PK!左隅にきっちり決めました。実況の人は「コロコロPK」って言ってましたけど、いつものコロコロじゃありませんでした。普通のスピードで丁寧にコーナーに流し込んだ感じでした。なんかドキドキしちゃいましたよ、この場面。 そしてロスタイムには橋本の見事な見事な強烈シュート!! マンU相手の3-5は、立派なもんだと思いますよ(それで満足しちゃいけないけど)。特に遠藤は相変わらずレベル高くテクニシャンぶりを発揮し、大活躍でした。これで二川がいたらなあ・・・とも言いたくなる結果でした(播戸、ルーカスは前の試合同様、はずしまくってたもんなあ)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

今日の点取り占い90

081217_23300001 電話をかけておこってやる   2点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

邪馬台国ついに90円!!

081216_15000001 11月13日に「まぼろしの邪馬台国」が250円!と紹介した新宿の金券ショップで、とうとう90円になっておりました! 正規当日料金の1/20で、ついに昨年の「サウスバウンド」の90円と並びました!! ただただスゴイことです。100円マックよりも安いし。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走もキットカットとうまい棒

081215_21100001 じゃーん、キットカットの「クッキープラス」です。いつもの期間限定商品よりも細長い箱(細長い中身)です。ウェハースの上にチョコレートタルト、それを濃厚リッチなチョコでくるんであります。うーん、高級感漂ってて、おいしいです。成功作。

081215_21100002 で、こっちは「Merry クリスマスだよ うまい棒」。リーパク・ドラえもんのサンタも「特別」って言ってます。081215_21120001 何が特別って、普通のより小さいです。で、ちくわ状のパフにチョコがコーティングしてあって、まあこれはこれでおいしいです、うまい棒としては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柳橋

081215_13520001 両国橋のそばには小ぢんまりとした柳橋が、神田川にかかっています。081215_13530001 なるほど橋の袂には、確かに柳の木が・・・。で、橋の下には屋形船が(粋ですね)。081215_13540002_2  また柳橋と言えば「芸者」ってことで、欄干に「かんざし」の装飾がついていたのには驚きました。081215_13550001_2 081215_13550002  懐かしくも素敵な古き東京の景色が今も息づいておりました。                   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両国橋

081215_13440001 東日本橋駅から程近い「両国橋」です。もとは武蔵の国と下総の国の両国を結ぶ橋って意味だそうです。この橋の袂の丸いやつは何なんでしょう?鳩もお気に入りのようです。081215_13440002 両国と言えば国技館ってわけで、橋の途中にはこんな土俵を模した丸い部分も。081215_13460001               081215_13480001      

それで手すりにはこんな装飾も。軍配を模しているわけですね。あとは隅田川花火(両国川開き花火)を模した、こんなのもありました。081215_13490001 081215_13490002その下には隅田川が滔々と流れております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東日本橋の怪

081215_13380001 東日本橋駅のそばの薬研堀(やげんぼり)不動尊です。住宅やオフィスビルの中に突然現れれる、急な医師団、いや石段の不思議感覚な建物です。

081215_14130001 で、その近くにある猛烈にレトロな2階建てです。スゴイ壁です。家の前のシュロと柳も時代を感じさせて、いい味出してます。 081215_14130002 なんか真ん中へん、トマソン状態になってますし、小さな表札にはここがお医者様であることを示す「医学博士○○○○」という文字が・・・。うーん、謎は深いぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

マミーズのアップルパイ

081213_21160001 松屋銀座の地下入口そばにあるマミーズのアップルパイ「中ホール」1,050円です。このお店は春日や谷中にもあるそうですね。なんか古典的にしっかり作ったアップルパイという印象。で、山高帽のように盛り上がってると思ったら、中身がぶ厚いです。ざく切りリンゴがぎっしりで、その間にカスタードクリームって寸法。カスタード好きの大江戸としては、ここポイント高いっすね。081213_21280001 うーん、ハッピーな味わいですね、ファミリアーで飽きの来ない感じの。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

ワイン/ウイスキー/ポート

081212_23500002 昨夜、ニューワールドワインの古酒を飲む会があったのですが、仕事であれこれありまして、店に着いたのが11時半で、もうあらかた終了。でも特別に出してくれたのが「シャトー・ボイド・カントナック 95」、マルゴー村のグランクリュです。個性的です。ハチミツ、ジャム、接着剤などの香り。甘やかさの中にタンニンがしっかりあるけど、さわやかでもありました。いいですね。

081213_00400001 で、すぐ仕上げとしてのサントリー「山崎蒸溜所 オーナーズ・カスク 99」。樽買いして、シリアルナンバー入りでボトルに入れてくれるってやつです。確かにラベルの右下に『142/155』って書いてありますね。いやあ、とろーりでフルーティーで雑味がなくて、いいです。素敵な香りです。

081213_00510001 そしてシメにはポルトガルの「ダウズ・トウニー・ポート」。うーん、まろやかで甘露です。なんか祝福されてる気分でうっとりしちゃうようなポートでした。 短時間でしたが、しっかり満足できました。銀座の「饗」さん、いつもありがとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最後の入替え戦も名勝負

J1/J2入替え戦ジュビロvs.ベガルタの第2戦をTV観戦、と言っても後半19分からなのですが、いやあ凄い試合でした。普通に記録だけ見れば、ロスタイム4分のうち3分近くまで磐田が2-0でリードしていたのですから、磐田の楽勝に見えますし、実際試合内容では圧倒的にジュビロでした。でも、そこがサッカーのわからないところ、特にホーム&アウェイの不思議な醍醐味で、ロスタイムのフリーキックで仙台が1点入れて2-1としたところからのラスト1分の攻防が凄まじかったのです。つまり、第1戦は1-1のドローだったので、この試合が2-2になった場合、規定によりアウェイゴール数の多い仙台がJ1行きとなるってわけで。しかも1点取った仙台が最後の力を振り絞って猛攻を仕掛けてきたもので、ゴール前の怒涛のせめぎあいときたら!スタジアムの異様な熱気と興奮がTVからも感じられました。さすがに1分では足りず、ジュビロが逃げ切ってタイムアップ、J1残留を果たしました。でもベガルタの得点があと2-3分早かったら、ひょっとしたら・・・って可能性は十分あったと思います。笛が鳴ると、両チームの選手がピッチに倒れこみました。まさにそんな死闘でした。 特にどちらに肩入れしてもいなかったのですが、試合終了後のベガルタ・サポの涙や、それでも懸命に声援を送る姿には目頭が熱くなりました。 1週間前までは、ひょっとして湘南がこの試合に出る可能性もあったわけなので・・・。 それにしても入替え戦には名勝負が多かったですね。来年からは3チームが自動昇(降)格になるそうなので、ちょっと残念な気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョージア塩キャラメルコーヒー

130160 ジョージアの新製品「塩キャラメルコーヒー」です。小さめの160gで130円とちょいプレミアムなのですが、まあその価値はありですね、一応。キャラメル風味とそれを生かして出しゃばらない程度の塩、その基盤となるコーヒーのコクがバランス良く、甘く幸せな味わいを形成しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

湘南新監督に反町康治

おお、湘南ベルマーレの菅野監督が退任したと思ったら、なんと新監督に反町康治氏の就任が決定しました! うん、これはいい! 言っちゃあ悪いけど今年は菅野監督の「限界」が見えてしまったのも事実。采配の妙は見られず、ここ一番の勝負を常に落としていましたから。 ソリさんにとっても、北京五輪の悪評を振り払う絶好の機会でしょう。来期は行けます!ちょうどJ2まる10年の節目でもありますから。 反町さんも’94-97年にベルマーレ平塚でプレイしていたOBですし、J2新潟をJ1に上げた実績もある人ですし。 なんか希望がわいてきますね。嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

大丸のクリスマス・シャンデリア

081209_14090001 東京駅大丸の1Fにありました。キラキラで、赤くって、しましまで、ぐるぐるで、とってもキュート。081209_14090002 まあ一応クリスマス・シーズンのシャンデリアとその下の何かなんでしょうけど、別にクリスマスじゃなくても成り立ちそう。でも、このシーズンに出しとけば、何でもクリスマスに見えちゃうんですよねえ。081209_14100002 081209_14100001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

QP

081209_13500001 QPです。キューピーさんじゃありません。QTはクウェンティン・タランティーノですが、QPは「クォーター・パウンダー」です。'70年代から'80年代にかけてのマクドナルドにはあったのですが、幾年月を過ぎてのリバイバルです。まあ、マクドナルドとしては、全く新しいものとして売り出してて、試験販売時の表参道と渋谷でだけマクドナルド・ブランドを秘して「クウォーター・パウンダー」だけで押していたティーザー戦略はなかなかのものでした。

うん、ちゃんとおいしいです。チーズ・クォーター・パウンダー。昔もこんな感じでしたよ、やっぱり。ただ、もっとガツンと肉食感を味わいたいなら、そこは「ダブル・クォーター・パウンダー」でしょう。1/4×2ではありますが、「ハーフ・パウンダー」にはならないんですね、これが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

インフルエンザの予防注射

いやあ、この冬の新型インフルエンザ、発生すれば日本で17-64万人が死亡すると言われているんですって。恐ろしいことです。で、大江戸は毎年のごとく予防注射を打ちました、11月のうちに。もう長年続けてます。昔は1本5,000円で2回打たないと抗体が不完全だとかで、泣く泣く1万円払って、それでも熱出して苦しんで会社休むよりもマシってことでやっておりましたが、10年ほど前から1回で良いってことになり、お値段も下がって、今は3,000円です。打たない手はありません、って別に厚生労働省や医師会の回し者じゃないんですが。 ところで厚生労働省は「パンデミック(感染大流行)発生時には4割の人が会社を欠勤する」と想定しているそうです。うーむ。 でも本当に大流行して周囲に死者がバタバタ出たりしたら、東宝映画「感染列島」なんてナマナマしすぎて公開出来なくなっちゃうんだろうなあ(1月17日公開予定)。そうならないためにも打ちましょうよ、予防注射。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 7日 (日)

怪奇!赤ちゃんテルミン

081207_19130001 あわわ、ガクガクブルブル・・・世にもけったいな「赤ちゃんテルミン」です。下北沢のヴィレッジヴァンガードにありました。あの電子楽器テルミンの姉妹品として、日本で竹内さんって方が発明したマトリョミンというのがあります。それはロシアのマトリョーシカ人形の内部がテルミン構造になっていて、人形に手を近づけたり遠のかせたりすることによって演奏するという、何とも不思議な楽器なのですが、こっちはもっともっとぶっ飛んでいます。081207_19130002なにしろ「電源を入れると目が光り・・・」とありました。スゴすぎます。で、ここからあの面妖な音が出ると・・・(実は欲しい)。 21,000円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はらドーナッツ、おいし。

081205_22580001 下北沢一番街に先月17日にオープンした「はらドーナッツ」のドーナツを食べました。そもそも神戸の老舗「原とうふ店」が母体となっているようで、そこのおからと豆乳を使った大豆系のあっさり味が特徴です。持ち帰りのみの小さな店で、奥では女子が油で揚げて製造しておりました。ほとんど学園祭のお店みたいなノリですが、このゆるいイラストの通りのまったり癒し系です。081207_14120001『安心おやつ』と書いてあるあたりもいいっすね。  お値段は120円から。種類は10種類近くあったかな。ただ、売り切れると結構早く店じまいしちゃってるようです。スタンダードな「はらドーナッツ」もシンプルですが、「サトウキビ」けっこうおいしいです。でも味が淡白なだけに、「チョコ」や「ホワイトチョコ」「季節のフルーツ」などのコーティング系の方がよりおいしいと思います。 今、都内でもお店がどんどん増えているようですよ。081205_22580002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J最終節のドラマ、今年も

今年もJ最終節の悲喜こもごものドラマがありました。 J2は結局仙台が3位で入替え戦出場。セレッソは勝ったものの一歩及ばず。香川は来期J1に行くんじゃないのかな? そして最終節まで3位になって入替え戦の可能性を残していた湘南は、福岡にアウェイで敗れ5位に終わりました。「アジエルが骨折で4ヶ月も休まなければ・・・」をはじめ多くの『たられば』がありますが、いい時は本当にいいサッカーしてました。シーズン中怪我人があまりにも多く、ラスト2試合ぐらいしかベストメンバーが組めなかったけれど、本当に愛すべきチームでした。

J1は鹿島が札幌に順当に勝って優勝を決めましたが、そういった意味では前節のロスタイムの岩政の決勝点が優勝を決めました。オリヴェイラ監督が狂喜していたのも、むべなるかなです。 川崎が2位に上がり名古屋が3位に下がりましたが、ともにACL出場権を得たのは喜ばしいことです。 それにしてもFマリノスに6-1で敗れたレッズって・・・。チーム崩壊ですね。 

そしてドラマチックだったのは降格争い!17位千葉が後半0-2になったことを知った時には「終わった」と思いましたが(来期の湘南-千葉戦が楽しみだから・・・とポジティブ方向に切り替えようとしてたぐらいです)、なんと怒涛の4点を挙げて大逆転勝利!!でも自力だけではどうしようもなかったところを15位磐田、16位ヴェルディが揃って負けたおかげで15位に上がって、残留となりました。奇跡です!ミラー監督さまさまです! まあ大江戸は9月23日時点の当ブログでこうなることを予言していましたがね(JEFは残って、代わりにヴェルディが落ちてくる、と)、ふふふ。 

それにしてもかつての双璧、鹿島と磐田にこれだけの差がついてしまうとは・・・、チーム作りとは恐ろしいものです。 そういった意味でもJEFのフロントは心を入れ替えて、ミラー監督とも良く相談して、来季に向けてはちゃんとした補強をしてください! 一方でベルマーレは来期でJ2暮らしも10年目。今年の素晴らしい選手たちをあまりいじらずに、来期こそは!(いじるなら監督を)です。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年12月 6日 (土)

師走もキットカット

081201_20180001 キットカットの新作「厳選されたマスカット・オブ・アレキサンドリア」です。おお、なんか由緒正しげですね。でも(大江戸の嫌いな)ホワイトチョコなんですよねー。マスカットの香りも「別にー。」って感じですし・・・。081202_01130001  でもこれコンビニのバラ売りタイプ(写真上)もあるんです。中身は一緒ですけど。

081205_20300001で、こちらは「林檎」えす。『震災復興を応援しよう!』と大書してあるように、岩手・宮城内陸自信の復興を応援するべくこの製品の売り上げから10円を寄付するのだそうです。味はチョコ+リンゴのハーモニーなので、なかなか結構です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走もグミ

081205_20270001 カンロの「ピュレグミ」の“いちご味”です。例のすっぱいパウダーが表面についてて、ビタミンC入り。いちご味、なかなか無いので、うれしいですね、いいですね。期間限定です。

081205_20280001 こちらは明治「果汁グミ」の“フルーツブレンド果汁”です。パッケージの絵を見ると、いちご、もも、マスカット、グレープフルーツの混合果汁です。とは言え、『コラーゲン4200mgたっぷり』の方が大きく扱われています。裏を見ると、「当社果汁グミ1袋と比較して、たっぷりコラーゲン1.5倍!」という気合の入れようです。まぁ悪くないけど、混合果汁のせいでフォーカスできない曖昧な味が、難点と言えましょうねえ。

081112_20490002 で、こっちは扇雀飴本舗の「贅沢なザクログミ」。ペルシャ産ザクロ果汁使用だそうで、コラーゲン、寒天、食物繊維入りです。センターにジェル状の寒天が入ってます。まあまあです。そんなに「贅沢」な気はしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

今日の点取り占い89

081205_00590001 心配することがある   5点

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

ソニービルの「愛の泉」

081202_21120001 年末恒例の銀座ソニービルの「愛の泉」が始まってます。41年目だそうです。今年のは池の中のツリー上部から水が流れ落ちてます。美しいです。そしてチャリティー募金箱にお金を入れながら、池に投げ込むための専用穴あきコインが、その横の箱にどっちゃり入っているという趣向です。081202_21130001 081202_21120003でも昨年の募金学は200万円ほどです。意外と少ないような気も・・・。

http://www.sonybuilding.jp/csr/ainoizumi08/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

「ラブファイト」ときいちゃんの輝き

映画「ラブファイト」、素敵でした。 原作マンガは知らないのですが、確かに「ああ、マンガだなあ」的な困ったシーン、脆弱な描写はあります。でもそれを補うだけのピュアな輝きがあるのです。それは主役の若き二人の輝きにほかなりません。北乃きいと林遣都の演技の良さに加えて、ボクシングなどの体技を自らこなしたことで、その輝きが増してます。見事なフットワークに加えて、林の走りっぷりや北乃のなわとびや回し蹴り!が、映画に説得力を与えているのです。

おまけにきいちゃんはボウリング場でパンツ丸出しで頑張りました。その後のクライマックスでの二人の“ラブファイト”が、けっこうエロティックな暗喩になっていたことも成島出監督のたくみなたくらみでしょう。 それにしてもこの子は「目」がいい。昨年の「幸福な食卓」でも小生はほめております(’07年2月13日参照)。 そして、なぜか髪の毛を上げると別人の顔になってしまいますね。

ところでこの映画、相米慎二監督のデビュー作「翔んだカップル」(’80)に驚くほど類似点が多いのです。原作のせいなのか、映画独自なのかは知りませんが、まず高校1年生男女が主人公なこと、主人公男子がボクシングをやること、主人公二人がケンカ友達風であること、彼らの家庭や親の描写は一切無いこと、主人公女子を慕う番長キャラがいること、そして主人公男子を慕う一見地味、ちょいとエキセントリックな女子がいることなど、そっくりです。さらにボウリング場でモグラ叩きゲームが出てきたことで、この監督の確信犯ぶりがわかりました。なんといっても「翔んだカップル」といえば、“モグラ叩き”の名シーンなのですから・・・。あのシーンの長回しに匹敵する長回しもありました。主人公二人と大沢たかおがからむシーソー公園の場面で、長回しならではのナマな感情の揺れ動きを痛く切なく捉えた名場面になっています。

若い恋にからむ大沢と桜井さっちんの大人の恋もバランスよく配置されて、この二人の芝居もなかなか結構です。本作で初プロデューサーの大沢たかお、いい仕事しました。 まあこの作品、自分でもほめすぎはわかっているのですが、それでも点数を甘くして愛すべき一作です。なんせストライクゾーンのかなり真ん中だもんで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

チロルチョコ×サンデー&マガジン

081128_20280002 チロルチョコと「週刊少年サンデー&マガジン50周年」のコラボです。 こちらは「あしたのジョー」、丈と力石の試合場面。中身はダブルアーモンドチョコです。アーモンドがカキンと香ばしく、かなりおいしかったですよ。

081128_20280001 で、こちらは「タッチ」。あの「上杉達也は浅倉南を愛しています。」のカットです。こんな“引き”の絵、小さくなりすぎちゃってムリでしょう、誰が見ても。それでもこの絵でやりたんだろうなあ、この担当者さんは。そこらの気持ちが、わかると言えばわかります。無茶しやがって・・・。こちらはミルクビス、つまりチョコの中心にミルククリームとビスケットがはいってて、やはり上出来の味です。 他にもいろいろな種類がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流行語が無いなんて・・・

うーん、流行語大賞が「アラフォー」に「グ~!」だなんて、停滞してるなあ。普通の年ならこんなのトップ10にも入るかどうかってとこですもん。不況のせいで、世の中のポジティブな活力が無くなってます。 先日発表されたSMBCのヒット商品番付も東西横綱が不在という異例の事態で、さらに大関だって「アウトレットモール」と「5万円パソコン」という小物ぶり。世の中が実につまらなくなってます。 もっと勢いとクリエイティビティと笑顔を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

オペラシティのクリスマスツリー

081130_18270001 はい、初台の東京オペラシティのクリスマスツリーです。081130_18270002 たしか14mだったかな。なかなかのもんです。081130_18490001 周囲が何層かの回廊風になっていて、あらゆる角度から眺められるのもいいですね。花模様なんかも浮かび上がったりして、華やかに明るくて、きれいですね。081130_18280001 うん、いいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南、ホーム最終戦完勝!

081130_15580001 081130_15550003_2 平塚競技場でのホーム最終戦、ベルマーレは岐阜に3-0で完勝!石原、アジエル、トゥットと 点を取るべき人が取って、ゼロに押さえて、気持ちよく勝てました。今期の「いい時」の湘南らしい勝ち方でした。故障者に泣かされた今シーズンも最後になってようやくベストメンバーが組めた、って感じでしたし。081130_16030001 試合後にはセレモニーも行われました。キングベルはなぜかサンタ姿でした。昇格をプレゼントしてくれるのかな。081130_16060001 仙台負けたし、いよいよ最終戦でミラクルが起きる! 

それにしても試合開始時(2時)には信じられないような暑さで、Tシャツでいいって感じだったのが、後半から冷えて来てダウンコート着てマフラーしてても寒いってのは、いったい何なんでしょう。砂漠じゃないんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »