« 今さらですが・・・竹内まりやの「Expressions」 | トップページ | 中央区観光検定の受験番号 »

2009年1月14日 (水)

「神の雫」など新ドラマの季節

今クールの新ドラマが次々とスタートしてますが、先週始まったフジ「トライアングル」は関西テレビ50周年記念だけあって、キャストの豪華さで圧倒します。江口洋介、広末涼子、稲垣吾郎、相武紗季、堺雅人、谷原章介、佐々木蔵之助、小日向文世、大杉漣、風吹ジュン、北大路欣也って、ほとんど主役クラスの人がこれだけ並ぶと、どんだけ出るんだよーって感じです。 まずはパリ・ロケを含む第1話で深い謎を提示して、第2話ではそれを発展させてる段階です。髪を短めにした江口洋介って、なだぎ武にけっこう似てます。 でもドラマの匂いとしては、イマイチ一級品の香りがしてないんだよなあ、今のところ。

そして火曜夜10時でもろカブリするのが日テレの「神の雫」。昨年12月23日の当ブログでもお伝えしましたね。大江戸はこちらをナマで見て、「トライアングル」を録画で見ました。 うーん、難しさいっぱいの企画ですからねえ。まだ連載中で、単行本第18巻でまだ“十二使徒”のうち第5までしか進んでいないですし。ワインに興味ない人にも見てもらわないといけないし。 さっそく原作とは変えて、使徒を第6までとしていましたし、とにかくめまぐるしく詰め込んでました。それにしても今回はキモとなるデキャンタージュの、本来一筋の糸のようになるべきワインの流れが、あまり美しく見えませんでした。そこはキモでしょう。亀梨くんがそこまでマスターする時間が無いのなら、むしろCGを使うべきだったと思います。 それにしてもみやびちゃんとはあまりにもイメージが違う仲里衣紗!彼女はまだ19だから、ワイン飲むシーンも多いこの作品へのキャスティングってのは、ちょいと問題アリなのでは?(原作からすると、相武紗季あたりならハマる気がします。まあ彼女は「トライアングル」の方に出ちゃってますが・・・) そして竹中直人をああいう風にしか使わないのは、日本のTVの貧困であるぞ。あれじゃあ「のだめ」と一緒じゃん。 

でも、本当に期待できるのはやはり“山田太一最後の作品”とのふれこみの「ありふれた奇跡」でしょう。仲間由紀恵と加瀬亮です。第1話から、静かに丁寧に、確かなクォリティーを感じさせてくれました。今後に期待大です。

たぶん見ないだろうけど、ちょっと気になるのは松山ケンイチ主演の「銭ゲバ」。いったいどうして今時この企画が出てきたのか?(原作は40年ぐらい前の「少年サンデー」連載マンガ) そもそも「ゲバ」って、「ゲバルト」(暴力的闘争)から来ている学生運動用語ですもん。不思議です。

|

« 今さらですが・・・竹内まりやの「Expressions」 | トップページ | 中央区観光検定の受験番号 »

コメント

僕は、トライアングル派ですね。
ジャニーズ系が両方出ているけど、稲垣のほうがマシだし。
神の雫は、原作が良すぎてドラマはちょっとね。
大体、漫画が最終回を迎えないのにドラマが先に終わると言うのはこの手のドラマ上しょうがないけど、中途半端な感じがするからね~~
「ありふれた奇跡」・・・仲間さんに意識が行き過ぎてて加瀬さんの記憶がない。陣内はなんかいいですね。

投稿: きかんぼう | 2009年1月14日 (水) 12時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/27105213

この記事へのトラックバック一覧です: 「神の雫」など新ドラマの季節:

« 今さらですが・・・竹内まりやの「Expressions」 | トップページ | 中央区観光検定の受験番号 »