« トナカイの奇跡 | トップページ | ガウディーもひれ伏す謎の怪建築 »

2009年1月 7日 (水)

大宮八幡宮と周辺の味わい

090106_13420001 ジョギングがてら初詣、というのが、大江戸の1月のパターンとして存在しますが、今回は杉並区の大宮八幡宮に行きました。090106_13460001_2 なかなか立派な八幡様ですが、さすがにもう人はまばら。で、この脇に流れるのが善福寺川。090106_13530001ここらは大宮遺跡(関係ないけどベルマーレのストライカー石原直樹がJ1大宮に移籍しちゃいました。チェッ。)ってのもあったそうで、この地層に露出した木の根っこのアヴァンギャルドな趣きときたら!090106_13520001_2  090106_14000002   で、その横の和田堀公園の池にはカモたちが・・・まるで英国のカントリーサイドじゃないですか。

090106_13430001そこを出た通りにもこんな英国の郊外かボストンあたり?って感じの家が立ち並んでましたけど、残念ながらこちらは擬古体。そんなに古くはありませんでした。 でも和の古い住宅ならありましたよ。090106_13400001_2 これはスゴイ。 ここらへん、いい感じに古いものが残ってて。どうです、この「味の素」の懐かしい書体。090106_14080001    そして昭和的な材木屋さんの初荷に、おめでたい文字と絵柄が!カンナで削っちゃうから、こういうのもアリなんでしょうね。090106_13410001

|

« トナカイの奇跡 | トップページ | ガウディーもひれ伏す謎の怪建築 »

コメント

アタシの父は「味の素」を『ミノソ』と呼びます。

投稿: 明石四楼 | 2009年1月 7日 (水) 15時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/26875774

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮八幡宮と周辺の味わい:

« トナカイの奇跡 | トップページ | ガウディーもひれ伏す謎の怪建築 »