« 映画「ハルフウェイ」への期待 | トップページ | またもキットカットですけど »

2009年2月12日 (木)

オーストラリアと“美しい試合”?

FIFAワールドカップ最終予選・日本-オーストラリア戦を録画で観戦。スコアレスドローでした(イタリア人なら“美しい試合”と、ほめてくれるでしょうか?)。 ま、最低限の結果は出した(最悪ではなかった)のですが、ホームだし、1位通過のためには何としても勝ち点3が欲しかった試合でした。やはり1週間前のフィンランドに較べると、しっかり歯応えはありましたし、最終ラインの壁が山脈のごとく立ちふさがっていました。ああなると、確かにサイドから単純にクロスを放り込んでも無意味なので、中に切り込んで行くかニアへのクロスで機敏なFWを生かすという今日の戦い方が正解なのでしょうねえ。でも相変わらず思い切りが悪いというか、シュートを打たずにパスしちゃう悪癖が今日も目立ちました。なので結果論としては、調子の良い岡崎を先発させるか、もっと早く使って欲しかったなあ。でもFWでは玉田がとても良かったんですよ、結果こそ出なかったけど。俊輔と松井は相手のトレス(3)・ボランチに消されちゃいました。 守りでは中沢と闘莉王がすごく集中していて、立派でした。キーパー都築も無失点で一安心。 ま、後半のいい時間帯の攻撃もネットを揺らせず悔しかったですけど、要するに6月のアウェイでオーストラリアを下せばいいってことですもんね。勝ちましょう!(その前にあのマチャラ=バーレーンを撃破しましょう!) 関係ないけど、バズ・ラーマン監督の映画「オーストラリア」、2月28日公開です。

|

« 映画「ハルフウェイ」への期待 | トップページ | またもキットカットですけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/28001281

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアと“美しい試合”?:

« 映画「ハルフウェイ」への期待 | トップページ | またもキットカットですけど »