« ミスドのエンゼルエッグ | トップページ | ウォーホル飴 »

2009年2月26日 (木)

「少年メリケンサック」とあおいちゃん

「少年メリケンサック」にはメッチャ期待してたんだけどなー。うーん、そこそこの出来でしたねえ。まあまあ面白く、役者たちにも見どころはあるけれど、クドカンってことで期待が巨大だったためか、どうにも手放しではほめられません。これだったら小生は「真夜中の弥次さん喜多さん」の方がいいなあ。 確信犯的に下品ギャグも多いし、ラストなんかもだらしないし。

でも宮﨑あおいは最高です。見事にコメディエンヌとしての才能も発揮して、はっちゃけてます。何やらせても見事にこなしますねえ。特に序盤のメガネかけたダメダメOLの風情やら何やらがサイコーですね。考えてみれば「篤姫」にだって「NANA」にだってコメディエンヌ的演技が散りばめられていたし、そもそも「パコダテ人」はれっきとしたコメディーでしたもんね。ああ、メガネでヘンテコってことでいえば「ただ、君を愛してる」なんかともつながっているわけです。 とにかく、彼女を見る映画です。いろんな表情がある人で、そこがステキです。

|

« ミスドのエンゼルエッグ | トップページ | ウォーホル飴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/28367820

この記事へのトラックバック一覧です: 「少年メリケンサック」とあおいちゃん:

« ミスドのエンゼルエッグ | トップページ | ウォーホル飴 »