« 快晴の青梅マラソン | トップページ | 大好きな桂花ラーメン »

2009年2月17日 (火)

村上龍作品の映画化

なんでえ、あんなにあったかかったのに! そのまま春になるかと思ったのに! この寒さときたら! 大江戸は寒さがでえっきれえなんでえ。 こんな寒さのぶりっ返しなんざあ、味噌汁で顔洗って、おととい来やがれってんだ。

うーん、本当に味噌汁で顔洗ったら・・・いやな感じですね。こわいですね。コワイといえば、村上龍の「イン・ザ・ミソスープ」もコワイ話でしたね。凄惨さの中に今という時代の空気がひりひりと生きていましたね。ヘヴィー級のパンチでした。あれ、確かヴィム・ヴェンダースが映画化してるところですよね。ウィレム・デフォーが主演でしたね。どんな出来になるんでしょうね。 そういえば韓国で作ってる「半島を出よ」の映画版はまだできないんでしょうかね。頓挫してたりしそうですけど。?そっちも気にかかります。(当ブログでの関連記事はこちら ↓)

 http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_e1de.html

|

« 快晴の青梅マラソン | トップページ | 大好きな桂花ラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村上龍作品の映画化:

« 快晴の青梅マラソン | トップページ | 大好きな桂花ラーメン »