« 堂々たる良心作「誰も守ってくれない」 | トップページ | 上々のテスト、フィンランド戦 »

2009年2月 4日 (水)

237分のオデッセイ「愛のむきだし」

日本映画界の異端児・園子温監督は、あの傑作「紀子の食卓」も2時間38分の大長編だったのですが(そしてその長さが実に生きていたのですが)、本作はなんと3時間57分! 「風と共に去りぬ」や「アラビアのロレンス」よりも長いってことに、まず驚きます。昔懐かしい「休憩」(10分間)入りです(実際、トイレ休憩として助かりました)。

実際この長さゆえに、主人公たちと一緒の時間を生きた、ある種のオデッセイ的体験を感じることができます。しかしながら、その描写や編集は決して大長編のものではなく、チャキチャキとスピーディー。特に前半はあまりの展開に「えーーっ!?」と面白がってるうちに、1時間50分余りが経っていました。この異常なまでの面白さは近来まれに見るほど。登場人物一人ひとりの視点から見たチャプターごとの展開も楽しく(これ「紀子の食卓」にもありましたよね)、そもそも「愛のむきだし」というメインタイトルが出るのが、映画が始まってから小一時間経ってからというのがスゴイです!あと盗撮のカメラアクションや、その訓練も凄くて笑えます。でもカッコイイっす。

それにしてもキリスト教、罪、盗撮、性欲、新興宗教、家族、女囚さそりetc.を同じ土俵で描きながら、最後には堂々と“純愛”に帰結させるその強引なまでの手腕。 役者たちも、それぞれの素材なり演技なりで健闘していますが、欲を言えば「紀子の食卓」での『つぐみ』が欲しかったです。安藤サクラが役柄的にはそうなるのですが、そして彼女は確かに悪魔的だし、はれぼったいまぶたがこわかったりしますけど、あのつぐみのハンニバル・レクター的な「静かな狂気」にはかないませんでした。 

今の時代の日本を描いた「紀子の食卓」と較べると、こちらはその要素も消化しながら、もっと愚直に純愛を描き通しております。しかし、後半多少の失速があるのと、ラストがやや拍子抜けの感があったことは否めません。でも劇中に何度も流れるラベルの「ボレロ」のメロディーのように、いつまでも続いて欲しい・・・と思わせる映画でもありました。

|

« 堂々たる良心作「誰も守ってくれない」 | トップページ | 上々のテスト、フィンランド戦 »

コメント

こんばんは!
はじめまして!
私もとても気に入りました。
いつまでも続いてほしい・・・
正に同感です。

投稿: 咲太郎 | 2009年2月 5日 (木) 00時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/27748208

この記事へのトラックバック一覧です: 237分のオデッセイ「愛のむきだし」:

» リセで二重 [リセで二重]
リセで二重に!その効果を口コミ 感想などの評価から検証していきます。リセで二重の [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 17時07分

» 愛のむきだし [象のロケット]
高校生のユウは神父である父と教会で二人暮らし。 あるショックから息子に毎日「懺悔(ざんげ)」を強要する父。 心優しいユウはわざと様々な罪を作っては全てを父に告白し、ついには女性の股間ばかりを狙う【盗撮】界のカリスマとなっていく。 ある日理想の女性と出会うが、その頃教会の周りに新興宗教団体が近付いていた…。  実話をベースに描く究極の純愛物語。 R-15... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 19時19分

» 『愛のむきだし』 ばかばかしさが…やがてたまらなく切なくなる、新感覚純愛映画237分! [ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー]
愛のむきだし 監督・原案・脚本: 園子温 出演:西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 尾上寛之 清水優 永岡佑 広澤草 玄覺悠子 中村麻美 板尾創路 渡辺真起子 渡部篤郎 他 音楽: ゆらゆら帝国 配給: ファントム・フィルム R-15 『紀子の食卓』の園子温監督が... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 00時43分

» エンタメのちゃんこ鍋~愛のむきだしを語る~ [炸熱~歌キチ、愛をうたう~]
「プライド 」を観て、満島ひかりに惚れました。 彼女見たさに、初日の昨日、舞台挨拶付の上映を鑑賞。 監督は園子温 彼の作品は「気球クラブ、その後」「エクステ」の二本しか観ていないのだが 全く異なる作風で、驚かされる。 「気球」は青春も... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 00時59分

» 愛のむきだし [ニュース集]
自分を“破壊”した演技 「愛のむきだし」主演・満島ひかり MSN産経ニュース満島ひかりが体当たりで挑んだ映画のタイトルは文字通り「愛のむきだし」(公開中)。園子温監督が長年構想を温めてきた渾身(こんしん)作は全編約4時間に及ぶ超長編だ。「この作品に出演すること..... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 16時31分

» 愛のむきだし [れいなの出来事]
自分を“破壊”した演技 「愛のむきだし」主演・満島ひかり MSN産経ニュース満島... [続きを読む]

受信: 2009年2月 6日 (金) 23時14分

« 堂々たる良心作「誰も守ってくれない」 | トップページ | 上々のテスト、フィンランド戦 »