« ステキな季節 | トップページ | 歌ノチカラ »

2009年4月21日 (火)

映画「ミルク」と偏見の怖さ

ガス・ヴァン・サント監督の映画「ミルク」は、偉人でも怪人でもない、ある意味とっても“普通の”人であるハーヴィー・ミルクとその時代をニュースフィルムを交えながら追っていきます。’70年代を舞台に活躍し凶弾に倒れたたミルクの生涯は、まさに’60年代の黒人公民権運動におけるキング牧師に重なります。 この映画はゲイだとかそうじゃないとかの話ではなく、実話を描きながら人間の平等と差別の問題を普遍的にうたっています。 そういった意味でショーン・ペンが見事に“普通の”人間として演じるミルク像は、それが高潔すぎず、弱みもかかえつつ、あなたや私のそばにいる普通の誰かに見えてくるところが、この映画のキモとなっています。 それと対比されるゲイ差別主義者の愚かさや馬鹿馬鹿しい発言が、やはり人種差別と重なってきて、「こういう一歩一歩を重ねて、歴史が変わっていくんだろうなあ」と思わずにはいられませんでした。 大江戸はまったくのところストレートではありますが、やはり自由と平等を求めるミルクたちの「戦い」には、リベラリスト(?)の血が騒ぎます。

結局世の中の争いごとはすべて「無理解」「不理解」から起こるのです。得体の知れない相手、自分と姿かたちや行動の異なる相手への根拠なき不審、恐怖、嫌悪が、相手への非難、攻撃につながるのです。戦争から始まって、会社の中や社会の中でいくらでもある話です。 「嫌なやつだと思っていたが、付き合ってみると案外いい奴だ」とか、「ひどい国だと思ってたけど、人々は結構いい性格なんです」とか、「この部署はヒマでみんなろくに仕事してないと思ってたけど、いざ入ってみると忙しいしみんな熱心なんで驚いた」とか・・・。 偏見は心に巣食っているからこそ偏見なのですが、自分で心してその危険性を意識しているだけでも、違ってくると思うのです。 

|

« ステキな季節 | トップページ | 歌ノチカラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/29225333

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミルク」と偏見の怖さ:

» ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」(★★★★) [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 ガス・ヴァン・サント 出演 ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン  ゲイを主人公にした映画は、いまでは珍しくない。けれども、そうした映画のなかにあっても、この映画はとびぬけて風変わりである。明るい。それも、コメディー、笑いの明るさではなく、希望に満ちた明るさなのだ。  とても不思議である。  ハーベイ・ミルクという政治家が暗殺されたことは、周知の事実である。予告編やチラシで説明されている。そして、映画そのものも、ショーン・ペンが「私が暗殺されたらこのテープを公開してくれ」... [続きを読む]

受信: 2009年4月24日 (金) 11時07分

« ステキな季節 | トップページ | 歌ノチカラ »