« ベルマーレ、暫定首位に! | トップページ | もう一息、「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

2009年4月12日 (日)

佳作「駅路」の見事な写真

昨日の夜やっていたフジテレビの単発ドラマ「駅路」。松本清張の短編を向田邦子が脚本にしたもので、さすがに向田カラーがちゃんと出ていました。女性の業や内側を描かせれば天下一品と言われる向田ですが、いやいやどうして、いつも男性の描き方に感心させられます。昭和の終焉とからませた意図は、いまいち「?」だったけど。

(以下ネタバレあり) 最近はプロデューサー仕事が多かった杉田成道監督の演出も端正に見事で、特に終盤の深津絵里、木村多江、役所広司それぞれの独白シーンを、それぞれに合わせたサイズで描き分けるあたり、素晴らしかったです。3人の芝居もここがクライマックスなのですが、いやー、木村多江の緊張感が鬼気迫る感じで、それと拮抗する超アップのキャメラが見事です。 ラストの役所も、これはまさに名演でしょう。

まあ思ったよりはあっさりと軽い味わいなのですが、そこに人生の哀感+アルファをしっかりと描き切りました。あのアラン・ドロンの「地下室のメロディー」のラストで、プールを埋め尽くすお札のように、「愛」の証としての写真が湖面に浮かび上がって来るシーン、そこでの「最後に愛を確認できた」深津の表情。ここがキモですね。 それと、深津と石坂浩二の関係を物語る写真、このクォリティが高くて説得力がありました。実はあの写真の出来こそがキモだったと思います。ドラマ以上に雄弁に、多くの事を語っていました。

|

« ベルマーレ、暫定首位に! | トップページ | もう一息、「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/29089689

この記事へのトラックバック一覧です: 佳作「駅路」の見事な写真:

« ベルマーレ、暫定首位に! | トップページ | もう一息、「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »