« 銀座の咽喉 | トップページ | 端午の節句チロル »

2009年5月 5日 (火)

「グラン・トリノ」の高み

「チェンジリング」に次いでクリント・イーストウッドが放つ堂々たる秀作「グラン・トリノ」。両作品とも画面から放射される映画の「格」が、そんじょそこらの誰にも真似ができない地点にまで達しています。既に“Classic”です。 そしてこれが最後と囁かれる“俳優”クリント・イーストウッドが良いですねえ。あのノドの底から絞り出すかすれたうめき声みたいな発声といい、ニコリともしないガンコ親父っぷりといい、見事です。そしてウイスキーやビールの飲み方、タバコの吸い方、もちろん銃器(や工具)の持ち方が、いちいちサマになっています。ずいぶん笑わせてもくれるし。

本作はいつものイーストウッド映画の「暗さ」「陰」があまり目立ちません。確かに物語の暗部はあるのですが、全体のトーンはヒューマンな味わいに満ちています。後味も甘美なのが、ちょっと不思議です。 そして、作品の作りとしては「西部劇」ですよね、これ。頑固者の老ガンマンと、人生これからの少年、絶対的な悪者たち(“許されざる者”!)、その周辺の女性たち、正義とプライドと対決・・・。 イーストウッドにとって最後の西部劇とは「許されざる者」ではなくて、こっちと言うことができそうです。

それにしても本作といい「許されざる者」といい「アウトロー」や「ガントレット」といい、イーストウッド作品には女性が悪者にレイプされたり、顔を傷つけられたりすることが多いように思うのですが、ここらもやはり彼の暗部(まあ一番顕著な例は「タイトロープ」ですが)の表れではあります。「ミリオンダラー・ベイビー」だって、その変形ですしね。

|

« 銀座の咽喉 | トップページ | 端午の節句チロル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/29454443

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」の高み:

» グラン・トリノ 古き良き時代の男の中の男 [労組書記長社労士のブログ]
【 28 -7-】  湘南の波は今日も良くはないので、思いっきり後ろ髪引かれながら大阪に帰ってきた。 マンションのエレベーターを降りたら妻とばったり、「どうしたん?」と聞くと、先日からの神戸と寝屋川の新型インフルエンザ騒動で、娘の勤め先の保育園でマスク着用命令が出たらしく、近所ではもう売り切れで手に入らないので電車に乗って探しに行くとのこと。 なら俺の車でドラッグストアやホームセンターや大型スーパーを探しに行こうってこっとで荷物だけ降ろして出発。 しかしどこもかしこも「売り切れ!次の入荷は未定!」状... [続きを読む]

受信: 2009年5月17日 (日) 20時00分

« 銀座の咽喉 | トップページ | 端午の節句チロル »