« 大江戸時夫の好きなもの20 | トップページ | コンフェデ杯始まったものの »

2009年6月14日 (日)

「ザ・スピリット」、イマイチかな

「シン・シティ」「300スリーハンドレッド」のフランク・ミラー監督最新作「ザ・スピリット」を観ました。もともと“グラフィック・ノベル”と称するスタイリッシュな劇画を描いていた人で、映画もそのスタイルをモロに踏襲しているのがミソ。このCG時代だからこそ可能になった映像世界ってわけでして、そのハイ・コントラストのモノクロ映像に挿し色の赤(「シン・シティ」では黄色もありましたね)が利いて、鮮烈な効果を上げています。カッコイイです。

ただ本作は「シン・シティ」に比べて、随分とゆるい印象。バイオレンスのゆるさってこともありますし、セクシャルな面からも、物語の緊張感やシャープさも、ちょいとガッカリな感じで・・・。ユーモアに関しても微妙。サミュエル・L・ジャクソンがらみの場面はイマイチ笑えませんねえ。主人公と女性たちとの会話なんぞは、けっこうニヤリなのですけど。

それにしてもこの主人公、怪傑ゾロかバットマン宮本かってな、「タヌキ風顔面直貼り黒マスク」が、ムムムです。ハッキリ言って、こんな奴いたら笑っちゃいます。それなのに、モテモテです。 まあ黒づくめでロングコートにソフト帽、ワンポイントの赤いタイっていう装いは、実に大江戸好みなのですが(確かに、こんな格好することもありますよ。マスクの代わりに黒ぶちメガネで)。

|

« 大江戸時夫の好きなもの20 | トップページ | コンフェデ杯始まったものの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/30111186

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・スピリット」、イマイチかな:

« 大江戸時夫の好きなもの20 | トップページ | コンフェデ杯始まったものの »