« コンフェデ杯始まったものの | トップページ | おいしい新作グミ »

2009年6月16日 (火)

上出来の映画「ハゲタカ」

映画「ハゲタカ」を観ました。NHKドラマの評判は聞いていたものの、未見だったのです。でも問題なく楽しめます。そして経済に弱い大江戸でも楽しめます。上出来のエンターテインメントです。例えばオリヴァー・ストーンの「ウォール街」に肩を並べるくらいの経済エンターテインメントです。ウェルメイドな脚本、テンポとキレのいい演出。そして役者たちの良さ。大森南朋の貫禄にちょっと驚きますし、玉山鉄二の水も滴るシャープな二枚目っぷりもさすがです。柴田恭兵の渋さや志賀廣太郎さんの番頭っぷりも好きです。 そして柴田恭兵の「企業も人と同じです。夢や希望が無ければ、生き続けていけないんじゃないでしょうか。」「こんな時代だから、夢や希望を語るリーダーが必要なんです。」的な台詞・・・こういう青臭いの、けっこう好きなんです、大江戸は。てへっ。

|

« コンフェデ杯始まったものの | トップページ | おいしい新作グミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/30141271

この記事へのトラックバック一覧です: 上出来の映画「ハゲタカ」:

« コンフェデ杯始まったものの | トップページ | おいしい新作グミ »