« 「蟹工船」見事に失敗 | トップページ | さわやかな「ナツイチ」キャンペーン »

2009年7月15日 (水)

期待とは違った「IN」

桐野夏生の「IN」を読みました。タイトルに惹かれて、ですねえ。 だって「OUT」は、これほどまでに面白くグイグイ引きずり込んでやめられなくなる小説は初めてかも、ってほど圧倒的に面白く見事なサスペンスでしたから(それにしても平山秀幸による映画版はひどかったけど)。 で、表紙装丁が一目見て「OUT」とペアになった同様のトーン。ますます期待は高まるじゃあないですか。

でも、内容もトーンも、まったく違ったものなのでした。桐野本人を思わせる小説家とその愛人の編集者の、なんともドロドロな関係に架空の私小説世界(島尾敏雄の「死の棘」を思わせる)をオーバーラップさせて、物書きの“業(ごう)”に迫るという、まさにINサイドに向いた物語。開かれてはいかずに、内にこもっていきます。 正直、「だから何?」と思わぬでもない凡人の小生なのでした。 彼女のいつもの力量、筆力が袋小路に入っていくようで・・・。

章題が「淫」「隠」「因」「陰」「姻」などとなっているのには、ちょっとニヤリとしましたが・・・。

|

« 「蟹工船」見事に失敗 | トップページ | さわやかな「ナツイチ」キャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/30562062

この記事へのトラックバック一覧です: 期待とは違った「IN」:

« 「蟹工船」見事に失敗 | トップページ | さわやかな「ナツイチ」キャンペーン »