« ザ・ビートルズのベストテン | トップページ | ああ勘違い! »

2009年9月13日 (日)

「BALLAD 名もなき恋のうた」

映画「BALLAD バラッド 名もなき恋のうた」は、「クレヨンしんちゃん」は抜きにして、良くも悪くも山崎貴監督(「ALWAYS 三丁目の夕日」)らしい作品でした。リアルなCGをさりげなく使って、抒情的で、子供や家族がらみの部分が甘くて弱くて。 この合戦シーンがやりたかったのだろうと思わせる、弓や槍を多用した長回しの戦闘シーンは、確かにリアル。でも、最後まで「血」とは無縁の世界にしてしまったのは、実写版としては選択ミス。命がけの感覚が出ないし、草なぎと大沢たかおの甘ちゃんな結末も、嘘っぽくて困りました。 

それでも随所で泣けたり、感銘を受けたりしたのは、ひとえに主役二人のおかげ。新垣<ガッキー>結衣は、演技というよりは素材の良さ。特に中盤まで眉根にしわを寄せる厳しい表情が多かっただけに、終盤に出てくるいつもの笑顔がステキでした(戦国の姫にしては、髪の毛にちょっと茶色が混ざってましたが・・・)。 そしてナギ助は「これが草なぎくん?」ってぐらい武士に成りきった好演で、鬼の形相や男らしい猛々しさが(そして一瞬垣間見せる純情が)それはそれは見事でした。まさに新生面を開拓したと言えましょう。 いちばん良かったのは、TOYOTAに乗った廉姫と馬で追う又兵衛の、何かを予感させるかのように離れて行く距離感の切なさかなあ。

おお、そうか!草なぎの「なぎ」は「弓・前・刀」ですもんねえ。この映画にピッタリの名前でありました。 ちなみに本作は、新垣結衣、夏川結衣の「ゆいゆいコンビ」の共演作ともなっとります。

|

« ザ・ビートルズのベストテン | トップページ | ああ勘違い! »

コメント

TVで「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を録画して見ました。やっぱり「バラッド」よりも上です。見事です。泣けます。大人向きです。見事なホンです。名作です。

投稿: 大江戸時夫 | 2009年9月21日 (月) 01時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/31363206

この記事へのトラックバック一覧です: 「BALLAD 名もなき恋のうた」:

» BALLAD名もなき恋のうた [にき☆ろぐ]
こちら映画公開まで色々ありましたがやっと見ましたよ私は先に原案である「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」を見てますなので今回の感想についても原案と比べる部分もあるかと思いますまず映画として驚いたのは結構原案に忠実な展開だったことまぁもちろ...... [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 01時22分

» 映画:BALLAD 名もなき恋のうた [よしなしごと]
 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦の実写版リメイク作品であるBALLAD 名もなき恋のうたをようやく観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 12時31分

« ザ・ビートルズのベストテン | トップページ | ああ勘違い! »