« 4年ぶりの等々力競技場 | トップページ | キットカット×「充実野菜」 »

2009年9月 1日 (火)

「女の子ものがたり」にノレなくて・・・

090830_140301秀作「いけちゃんとぼく」に次ぐ西原理恵子原作の実写映画「女の子ものがたり」を公開2日目に観ました。ポスター・ビジュアルが最高にステキだったので、深津ファンとしては期待がスパークしていたのですが、作品の出来は「そこそこ」の線を抜けられなかったなあ。 昨年の「子猫の涙」が素晴らしかった森岡利行の脚本&監督なので、その意味でも期待は大きかったのですが、関西の言葉とろくでもない生活としょうもない人々といった前作同様の骨組みがあまり生きてないのです。なんか表面的というか・・・。

ふかっちゃんも「ぐうたらでだらしない」この役柄がイマイチ合ってません。彼女は「本質的にしっかりした人が時たま見せるぐうたらさ、だらしなさ」にかけては絶品なのですが、常日頃がだらしない人を演じる今回の場合、どうも作ったような芝居になってしまうのが残念でした。 しかも他の2人と比べると小学生時代(森迫永依)、高校生時代(大後寿々花)との顔ギャップが大きくて、気になってしょうがありませんでした。大人になると、いきなり別人すぎるぞ。 なぜか彼女の服は黄色でまとめてあるんだよね。それはそれで可愛かったです。 さすがにアップなど見ると、結構オトナになったなあと感じました。

小生が男だからノレないのかなあ?女性だったら共感できるのかなあ? いや、でもやはり映画としての掘り下げ、対象との切り結び方が弱いと思うんですけどねえ。

|

« 4年ぶりの等々力競技場 | トップページ | キットカット×「充実野菜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/31187299

この記事へのトラックバック一覧です: 「女の子ものがたり」にノレなくて・・・:

» 「女の子ものがたり」大人になると弱さは見せられないのだ [soramove]
「女の子ものがたり」★★★★ 深津絵里、大後寿々花 、福士誠治 主演 森岡利行監督、113分、2009年、110分                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「創作に行き詰まった女流漫画家、 彼女は編集者の意見に沿ったマンガを書き、 明確な将来増を描けずにいた、 そして子供の頃育った町を訪れた、 それは自分の友達を確認する旅だった」 小学校からの親友の3... [続きを読む]

受信: 2009年9月 6日 (日) 19時32分

» 「女の子ものがたり」“西原ワールド”全開! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[西原理恵子] ブログ村キーワード  「毎日かあさん」アニメ化!「いけちゃんとぼく」映画化!2009年は、“サイバライヤー!”ってことで、西原理恵子センセの自叙伝的作品の映画化。「女の子ものがたり」(エイベックス・エンタテインメント)。もおね、“西原ワールド”全開です。  高原菜都美(深津 絵里)、スランプ気味の漫画家。36歳、独身。描けない日々が続き、部屋は散らかり放題、昼からビール、ソファで昼寝三昧。そんな菜都美のもとへ、新人編集者の財前(福士 誠治)が送り込まれてくる。財前は、過... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 21時37分

« 4年ぶりの等々力競技場 | トップページ | キットカット×「充実野菜」 »