« ふかっちゃんのおたんじょうび | トップページ | 「キネ旬」ベストテンに思う »

2010年1月13日 (水)

「(500)日のサマー」は新時代のW.アレンか

映画「(500)日のサマー」、実にみずみずしくキュートな小品です。いかにも「サンダンス映画祭」発という感じの新進気鋭感に溢れています。冒頭のナレーションで「これはボーイ・ミーツ・ガールの物語だが、ラブストーリーではない。」とわざわざ断っていますが、それでもやはりラブストーリーではあります。ただ、文化系だし、ピュアだし、一方で自制をあっちこっちへと交錯させた曲者ぶりとか、一筋縄ではいかないところが、最近のアメリカ映画になかった感覚で、うーん、ステキです。 

突然のミュージカル場面(これがいーんだ!)とか、恋の喜びの表現がラヴリーですし、主役の二人(ジョセフ・ゴードン=レヴィットとズーイー・デシャネル)がナチュラルにいい味を出しています。うーん、なんかこの二人って、「アニー・ホール」におけるウディ・アレンとダイアン・キートンを現代版にアレンジしたような趣きです。そもそもこの映画自体が、多くの面でアレン作品(特に「アニー・ホール」)を彷彿とさせます。街(かたやNY,こなたLAですが)へのこだわり、既存の映画や音楽の作中での使用、現代美術館でのデート、男の神経症的で自信喪失的なボヤキと自虐、歌う場面、別れてからの再会etc. スプリット・スクリーンで「願望」と「現実」を同時に見せるあたりは、「アニー・ホール」での会話しながら、思っていることが字幕で出るのに、通じるものがあります。96分というコンパクトさもアレン作品のようですしね。

都会の文系男心理としてはちょっぴり身につまされるというか、切なくもほろ苦い展開ではありますが、エンディングの気分の良さと(落語のような)「オチ」が見事! 脚本も演出も才気煥発な佳品で、映画賞レースにいろいろノミネートされているというのも、むべなるかなであります。

|

« ふかっちゃんのおたんじょうび | トップページ | 「キネ旬」ベストテンに思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/32965341

この記事へのトラックバック一覧です: 「(500)日のサマー」は新時代のW.アレンか:

» (500)日のサマー [LOVE Cinemas 調布]
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェブは映画初演出。男性目線で描かれている作品ながら、サマーの捉え方で賛否が分かれそうな作品だ。... [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 02時04分

» ★「(500)日のサマー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。 こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年1月13日 (水) 03時45分

» 「(500)日のサマー」運命の出会いを信じますか [soramove]
「(500)日のサマー」★★★★★オススメ ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル主演 マーク・ウェブ監督、96分 、 2010年1月9日公開、2009年、アメリカ (原題:(500)DAYS OF SUMMER)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「運命の恋を信じる男トム(ジョセフ・ゴードン=レビット)と 信じない女サマー(ズーイー・デシャ... [続きを読む]

受信: 2010年1月16日 (土) 20時09分

» コーエン兄弟『ビッグ・リボウスキ』 [愛と苦悩の日記]
■コーエン兄弟の『ビッグ・リボウスキ』を観た。残念ながらこの映画について2000字強のエッセーを書く能力は僕にはない。元ヒッピー、元ベトナム復員兵、元サーファーと、米西海岸の過去の栄光をひきずった3人が主人公で、狂言まわしがカウボーイ風の男、ボーリングがモチーフという、おそらく本当の面白さは40代のアメリカ人にしか分からないであろう映画。主人公が誰かの身代わりになって不条理な事件に巻き込まれていい...... [続きを読む]

受信: 2010年1月21日 (木) 01時02分

« ふかっちゃんのおたんじょうび | トップページ | 「キネ旬」ベストテンに思う »