« ヨン様と2ショット!? | トップページ | 渋谷の美形おねえさん »

2010年3月28日 (日)

「スイートリトルライズ」の美と通俗

映画『スイートリトルライズ』、スタイリッシュです。何やら美しいもの、気持ちの良いもので満たされた映像と、静けさと安らぎに満ちた時間。たとえそこに幾ばくかの不安や不穏や異常が内包されていようとも、この映像を観続けることは、あくまでもいい気持ちなのでした。ただ、一方ではややファッショナブルに通俗に流れて、矢崎仁司監督作としては、『華を摘む少女と虫を殺す少女』や『ストロベリーショートケイクス』ほどの傑作には至りませんでした。

墓地、赤と白の花びら、ガラス、リボン、腕で作る輪などの象徴性が全編を覆い、台詞の直截的な象徴性も含めて、この映画は形而下と形而上の間を漂っているかのようです。その中心が中谷美紀であることは言うまでも無く、ごく自然に浮世離れした言葉を発する彼女の美しさと浮遊感が、本作のトーンを決定づけています。けっこうジャンプカットがあるあたりも、鈴木清順的な味わいでした。 けれども最後に、「おやおや、これはデイヴィッド・リーンの『逢びき(Brief Encounter)』(1945)でしたか」ってなシーンが出てきたのにはびっくり。妙に通俗な地点に着地したような・・・。

中谷さんの主人公はテディベア作家でして、冒頭のテディベア製作過程などは非常に興味深いものでした。また「人形は目が命」なので、目の位置を決めるのに相当逡巡している場面などは、さもありなんって感じでした。 まあ目の位置に縫い針を突き刺す映像などは結構コワイものがあり、そこらへんのちょっとした毒も、本作の中での“ソラニン”的に効いていたりするのですが・・・。

|

« ヨン様と2ショット!? | トップページ | 渋谷の美形おねえさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/33976869

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイートリトルライズ」の美と通俗:

» 「スイートリトルライズ」結構、辛口…。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[スイートリトルライズ] ブログ村キーワード  女性に絶大的人気を誇る、江國香織原作の恋愛小説の映画化。「スイートリトルライズ」(ブロードメディア・スタジオ)。直訳すると『甘くて小さなウソ』ってことですが、なんのなんの結構辛口ですよ。  テディベア作家の瑠璃子(中谷美紀)と、IT企業に勤める聡(大森南朋)は結婚して3年。2人の間には子供はなく、休日にはデートしたりして、傍から見れば未だに恋人同士のような理想的な夫婦ではあるが、いつの間にか自然と体の関係はなくなっていた。或る日、瑠... [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 11時28分

» 映画「スイートリトルライズ」なんとなく物足りない贅沢な空虚 [soramove]
「スイートリトルライズ」★★★ 中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、小林十市主演 矢崎仁司 監督、117分 、 2010年3月13日公開、2009,日本,ブロードメディア・スタジオ (原題:スイートリトルライズ)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 名古屋駅周辺の映画館が3/31に4館閉館した、 そのひとつピカデリー3でその最後の日に見た映画。 「理想の夫婦と言われているふたり、 しかし... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 19時46分

« ヨン様と2ショット!? | トップページ | 渋谷の美形おねえさん »