« 「渇き」:異形の愛と映像の快楽 | トップページ | ↑満点 »

2010年3月 9日 (火)

「ハート・ロッカー」オスカー受賞

アカデミー賞が発表され、作品賞・監督賞が「ハート・ロッカー」に与えられたとのこと。良かったです。「アバター」みたいな、延々と戦闘シーンばかりが繰り返される、映画的につまらない作品に行かないで良かったと思います。まあ「ハート・ロッカー」は未見なので何とも言えませんが、スティル写真を見るだけで凄そうですもん。大いに期待しております。

アメリカ大統領選では女性大統領に先んじてアフリカ系大統領が実現したわけですけど、アカデミー監督賞ではアフリカ系に先んじて女性監督(キャスリン・ビグロー)がオスカーを手にしたわけです。それに離婚した妻は、どう考えても離婚した夫(キャメロン)よりも強そうだし・・・。 めでたしめでたし。

|

« 「渇き」:異形の愛と映像の快楽 | トップページ | ↑満点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/33692150

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハート・ロッカー」オスカー受賞:

« 「渇き」:異形の愛と映像の快楽 | トップページ | ↑満点 »