« クリストとジャンヌ=クロード展 | トップページ | 春の小川と代々木公園の桜 »

2010年4月 6日 (火)

奈江さんの「ホワイト・オン・ライス」

渋谷UPLINK Xの特別上映会で日本での劇場未公開作(’09年アメリカ映画)『ホワイト・オン・ライス』を観ました。なぜって?そう、裕木奈江さんが準主役で出演しているからなのです。デイヴィッド・リンチの『インランド・エンパイア』、クリント・イーストウッドの『硫黄島からの手紙』など“Nae”としてハリウッドで活動中の裕木さんですが、本作でも相変わらずの若さと味わいを見せてくれます。メガネ姿も披露してて、嬉しかったであります。

オープニングでは「何これ?国辱映画?」と思ったのですが、日本語が話せるというデイヴ・ボイル監督はその後、手堅いコメディーとしてまとめていきます。軽いけど、アラはあるけど、低予算だけど、まあいい気分でエンドタイトルを迎えることのできる作品でした。 それにしても奈江さんの夫役が60歳近いような冴えないオッサンだったので、びっくり(まあ、台詞でもそこらは一応説明しておりましたが・・・)。

主役の渡辺広さんが上映前に挨拶を行いましたが、奈江さんからのメッセージも紹介してくれました。ご本人も大阪の映画祭での上映時には登壇していたようなので、今日お会いできなかったのは誠に残念ながら、長年のファンとしてはこの新作をチェック出来て良かったです。ちなみに彼女のブログはこちら ↓

http://www.flickr.com/photos/naephoto/

|

« クリストとジャンヌ=クロード展 | トップページ | 春の小川と代々木公園の桜 »

コメント

大江戸時夫さん、はじめまして。
~青いそよ風が吹く街角~のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

裕木奈江さんと言えば90年代のマスコミ報道のイメージが強く
会う前は少し偏ったイメージを持っていたのですが
実際にお会いした奈江さんは
自然な笑顔で気さくな話し方で親しみやすい素敵な女性でした。(*^-^*

投稿: BC | 2010年4月15日 (木) 00時19分

BCさん、コメントありがとうございます。
ナマナエには随分会ってません(今は無きシアタートップスでの舞台「無頼の女房」以来かなあ)。 本当に何かの謀略にはまってしまった人でした。そして時代が合わなかった。’90年代前半より早くても遅くても受け容れられた人だと思います。なんせフェミニンで文科系なものが否定されて、イケイケな強い女性がもてはやされた時代でしたから。

投稿: 大江戸時夫 | 2010年4月16日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/34098469

この記事へのトラックバック一覧です: 奈江さんの「ホワイト・オン・ライス」:

» 『ホワイト・オン・ライス』White on Rice ※ネタバレ少々 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:アメリカ映画、デイヴ・ボイル監督、渡辺広、裕木奈江、高田澪、ジェームズ・カイソン・リー出演。 ≪【大阪アジアン映画祭2010】にて鑑賞、上映前にデイヴ・ボイル監督、渡辺広、裕木奈江の舞台挨拶、上映後に観客とのQ&A、サイン会≫ サイン会で裕木奈江ちゃんと会話♪(*^-^*... [続きを読む]

受信: 2010年4月 6日 (火) 01時27分

» ホワイト・オン・ライス [セガール気分で逢いましょう]
『ホワイト・オン・ライス』という映画の存在を知ったのはもう2年くらい前になる。日本語ペラペラのアメリカ人監督が「在米日本人を主人公に『男はつらいよ』をめざした」コメディと聞き、正直、最初は「大丈夫なの... [続きを読む]

受信: 2010年4月 7日 (水) 23時06分

« クリストとジャンヌ=クロード展 | トップページ | 春の小川と代々木公園の桜 »