« サーティワンのルック・チョコ | トップページ | 「しあわせの隠れ場所」=ウェルメイド »

2010年4月10日 (土)

銀座・山下書店の閉店

100409_123801東京メトロ丸ノ内線の銀座駅を降りた所にある山下書店が閉まってました。貼り紙を見ると3月31日をもって開店以来40年以上の歴史にピリオドを打ったようです。「東京メトロ様の事情により」となっているところに、悔しさ、無念さが表れているような気がするのは、うがち過ぎでしょうか。

100409_123901こちらカレーのからなべ屋さんも同様です。「東京メトロの都合により」となっていて、より憤りが感じられる文面です。

100409_124001そしてこちらは、はなまる寿司さん。「昭和32年の開業以来半世紀にわたり」ってのが凄いですね。もちろん当時はベルトで回ってなかったわけですが。 こちらの文面は「諸般の事情により」と、大人の対応です。 でも東京メトロさんは、何をどうするつもりなんでしょうか?

それにしても銀座・数寄屋橋地区の書店はどんどん消えていきます。古くは近藤書店、イエナ書店、松屋銀座や三越の書籍売場から、近年は東芝ビルの旭屋書店、そして昨年閉店した東京堂書店(マガジンハウスそば)まで。まあ銀座に限った話ではないのですけどね。

|

« サーティワンのルック・チョコ | トップページ | 「しあわせの隠れ場所」=ウェルメイド »

コメント

全く持って、書店がなくなるのは困りますね。
電車の中で読書するので困ります。ホームの売店では種類がもうなくて、漫画しか置いてないじゃん。困ったものです。
ところで、『 警部補 矢部謙三 』のネタがまだ掲載されていないですね~~~
感想を楽しみにしています。
貫地谷しほりさんは、少し仲間様を意識しているのでしょうか?
まぁーこれからですかね・・・

投稿: きかんぼう | 2010年4月10日 (土) 15時01分

うーん、『警部補 矢部謙三』はねえ、やっぱりイマイチなのね。結局あのキャラは脇に置いてナンボですので・・・。仲間-阿部と貫地谷-鈴木浩介では、やはり勝負にならないでしょう。まあ「ライアーゲーム」のキノコ頭の小悪党鈴木にはちょっと注目しているのですが・・・。 いずれにせよ、「ミックがお色直しで引っ込んでキースが歌ってる時のストーンズ」感は否めません。

投稿: 大江戸時夫 | 2010年4月11日 (日) 00時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/34155890

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座・山下書店の閉店:

« サーティワンのルック・チョコ | トップページ | 「しあわせの隠れ場所」=ウェルメイド »