« 「シャッター アイランド」:宣伝のあおりとのギャップ | トップページ | ピーター・ラビットの山手線 »

2010年4月14日 (水)

ローニング・ストーンズ=ワイン

100411_200901「THE RHONING STONES」(2007)という、フランスはコート・デュ・ローヌの赤ワインです。 グルナッシュとシラーがメインなので、まずまず濃厚でスパイシーな感じが、イチゴジャム系のボディの中にぐっと来てます。

100411_201002

ローヌなのでローニング・ストーンズなのですね。そしてローヌでは畑の石がブドウに影響を与えているためストーンズなのだってことでもあります。 エティケット(ラベル)には転石の写真も。あまり転がっているようには見えませんが・・・。

味わいはまずまず。酸味と果実味とスパイス感が適度なタンニンとバランスよく共存しているミディアムボディ。 名前とは逆に、あまり「ロックな味わい」とは言えないようで・・・。

100411_201001

|

« 「シャッター アイランド」:宣伝のあおりとのギャップ | トップページ | ピーター・ラビットの山手線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/34231731

この記事へのトラックバック一覧です: ローニング・ストーンズ=ワイン:

« 「シャッター アイランド」:宣伝のあおりとのギャップ | トップページ | ピーター・ラビットの山手線 »