« バナナチョコチップパイうまし | トップページ | 日韓戦の落胆 »

2010年5月23日 (日)

「川の底からこんにちは」:満島ひかりが凄すぎる

映画『川の底からこんにちは』が評判通り面白いです。ユニークなコメディーです。PFF出身の石井裕也監督による脚本、特にダイアローグがなんともじわりとおかしいです。それを生かすオフビートな演出も、まずは成功しています(とはいえ、少しだけ間(ま)が長すぎるってのも全体的にありました)。

満島ひかりが、これまた評判通りにスゴイです。無気力の極みでだらんとしているところから圧倒的な“演説”まで、目が離せません。彼女で「もたせちゃっている」映画だと言っても過言ではありませんし、それによって作品の価値が減ずるわけでもありません。とにかく口跡が独特で、そのリアルな「話し言葉」性と、「え?」とか「いや」とか「や」とかの間投詞に含まれるニュアンスの豊かさとそのバリエーション。他のどんな役者とも似ていない革命的な演技ではないでしょうか。『愛のむきだし』とか『クヒオ大佐』とか『カケラ』とか、これまでの彼女にはここまでの技や爆発力はなかったのですが・・・。 この演技の革新性を例えるとしたら・・・、マーロン・ブランドが登場した時って、こんな感じだったのかなあと思いますね。

しじみオバチャンたちの顔、バツイチ彼氏のダメダメぶりなども本作の「見るべきポイント」です。小生の好きな志賀廣太郎さんもたっぷり芝居してますしね。

それにしてもこの映画の世界では、アルコールといったら「キリン淡麗」の350ml缶しかないかのようでした(あ、居酒屋シーンで別のもんもあったか・・・)。そんなに飲むんなら500mlにしろよ。あとガラスのコップで飲んだ方がおいしいよ。

|

« バナナチョコチップパイうまし | トップページ | 日韓戦の落胆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/34841053

この記事へのトラックバック一覧です: 「川の底からこんにちは」:満島ひかりが凄すぎる:

» 川の底からこんにちは [LOVE Cinemas 調布]
第19回PFFスカラシップ作品。日本の新鋭映画監督・石井裕也の商業映画デビュー作だ。仕事も人生も「しょうがない」の一言で努力もせずに諦める、そんなヒロインが病気で倒父に代わって家業を継ぎ、悪戦苦闘を重ねながらも苦境に立ち向かう様子を描くヒューマンコメディだ。主演は『カケラ』の主演など今最も旬の満島ひかり。共演に岩松了、志賀廣太郎といったベテランも出演する。... [続きを読む]

受信: 2010年5月23日 (日) 23時46分

« バナナチョコチップパイうまし | トップページ | 日韓戦の落胆 »